「原則自己負担」福祉用具レンタルから始まってどこまで広がる原則だろう

福祉用具レンタルの原則自己負担方針 本紙報道に反響続々
2016年8月19日 07時01分
福祉の充実に使うと言っていたお金はどこへ−。
要介護度の軽い人たちについて、福祉用具レンタルを原則自己負担化するとの財務省案。
利用者から悲鳴が上がっていると三日の本紙朝刊暮らし面が伝えたところ、読者らから反響が相次いだ。
安倍政権が掲げる「一億総活躍」に反し弱者いじめそのものでは、というのだ。 (編集委員・白鳥龍也)
記事では、車いすや段差解消用のリフトを月五千五百円(一割)の負担で利用する高齢男性の例を紹介した。
東京都八王子市の七十代女性からは本紙読者部に
「レンタル代が十倍になったら(年額)六十万円を超える。老後が心配」と、電話で意見が寄せられた。
本紙編集局の各部が設けるツイッターなど交流サイトには記事の転載をした参加者が
「自己負担できない人はどうする」といった書き込みをした。「高齢者の甘え」とする声もあったが
「(政府は)弱い者いじめばかり」「(弱者切り捨ての)この状態なのに『一億総活躍社会』を推し進めるって」
と批判が多かった。
「通院や外出、日常生活に著しい支障が出る。状態が悪化し寝たきりとかになってしまいそう」
など政策効果を疑問視する声も。
「軽度者」への用具貸与のため政府が介護保険から給付しているのはことし二月分で九十五億円。
介護保険全体の1・4%にすぎない。
事業者団体の日本福祉用具供給協会が、利用者約五百人に行った調査では、
用具利用以前は半数以上が転倒を経験していたが、利用後は九割以上で転倒の不安が軽減したという。
一方、用具が使えなくなったら、種類によっては25%の人が「訪問介護を依頼する」と回答。
これを基に、国全体で訪問介護の費用がどのくらい増えるか試算したところ、
低くとも年間千三百七十億円のコスト増になり、介護人材も新たに十万人以上必要になるとはじいた。
脳出血で左半身まひとなったが、車いすと介護タクシーで片道一時間の通院や買い物もこなす盛岡市の内村タヱさん(68)=要介護2=は
「車いすは体の一部。全額負担になったら家さこもって暗くなってなくちゃいけないんだべなと思ってる。
現場をちゃんと見て決めて」と訴える。
◆介護軽度者を見直し
政府が二〇一五年六月に閣議決定した「骨太の方針」は福祉用具のレンタルを含む軽度者向けサービスの見直しを明記。
政府は訪問介護の生活援助やバリアフリー化の住宅改修費の見直しも検討している。財務省は介護保険の給付から外し、
一部還付も念頭に置いた原則自己負担を主張。厚生労働省社会保障審議会介護保険部会は年内の結論を目指し議論を進めている。
本紙は三日暮らし面で「対象の高齢者から悲鳴が上がっている」との記事を掲載。
車いす生活の七十六歳の女性が「用具がなければ(家事や外出などが)全部できなくなり、
認知症になりかねない」と不安がる様子などを紹介した。
(東京新聞)

 

私が不思議でならないのは、

こういう酷いことが出来る政府を、 なぜ国民が支持しているのだろうということ。

もしかしたら、 こういう酷いことが出来る政府だからこそ 支持しているのだろうか。

 

現内閣が、景気を良くしてくれる現実的で、有能な政府に見えるのだろうか。

相模原の事件の犯人同様の論理で 弱者という「無駄」をカットしてこそ、

税金も有効に若者や健常者のために生かされ、 全体の暮しが良くなると考えているのだろうか。

 

それが、表には見えない国民の総意なのだろうか。

国民の意志を尊重するという安倍内閣が、それを代替しようとし、

国民は、選挙結果でゴーサインを与えたということだろうか。

 

もしもそうなら、 まさか、自分の首を絞めたいはずはないから、

自分とは当分関わりの無い、 障害のある人や、

高齢者等社会的弱者だけの話と、 考えているのだろう。

 

介護保険徴収率は上げられ、サービスは限りなく低下する。

軽度者向けサービスの縮小は、 やがて重度者向けサービスの縮小にもつながるだろう。

そのころ、順に歳を取った世代のどこかへ 回って来る福祉予算の縮小政策でもある。

 

*

 

ところで、このような性格の政府がやることと言えば、

どんなに弱者を切り捨て、福祉予算をカットしても、それで浮いた税金を、全体に

回すなど、毫も考えないことで、富は集中してこそ力を発揮すると、より富める者へ配分されるだけ。

ミサイルや弾薬に化けることはあっても、庶民の懐の方へ風が向かうことはない。

 

安倍首相は、キューバを訪問するということ。

またまた国民の血税をやすやすと外国へ配る旅に。

 

舛添さんの外遊経費の多さには疑問を投げかけたマスコミも、

安倍首相の外遊や経費について、またばら撒いて来る莫大な金額について、

問題にする様子も無いのはどうしたことだろう。

 

 

 

 

風間 祥  * 『日記』 * 17:25 * comments(0) * trackbacks(0)

間違いなく「民族の祭典」になるんだろうな「東京オリンピック」

みんなで喜び合う大会に「水を差す」ことを恐れずには、

何も言えなくなる雰囲気になって。

選手も謝り上手になって。

 

大昔の「参加することに意義がある」なんて

どこかへ飛んで行っちゃったんだろうな。

この頃は、勝ちに行く人ばかりで、

メダルが獲れなきゃ意味がないようで。

 

確かにかっこいい選手が増えたし、

強いのも速いのも頑張るのも、いいことではあるんだろうけれど。

 

円谷選手の遺書をこの間、何かで見たけれども、

もうああいう人は出て来ないにしても、

プレッシャーを寧ろ快感に感じられるような

明るい強い人ばかりになったんだろうか、

と思うこともある。

そういうタフな心身を持った人が、

勝ち抜いて来るのだろう。

 

基本的には、好きで出て、好きで応援して、

それが全てだと思う。

それでいいじゃないかと思う。

選手は結果を受け止める。

応援した人も結果を受け入れる。

感謝も謝罪も過剰になると どうして?と思う。

何かというとすぐにバッシングにつながる昨今、

そうしなければならない素地があるのだろうか。

 

*

 

4年後、遠いようで、何もかもが変っていそうな。

天皇も、総理も、法律や制度を含む私たちの暮しも。

いろんなことが変っているだろう4年後。

 

あまり良いことが想像できなくて悲しいね。

総理だけは、変っていてほしいけど。

ベルリン・オリンピックの時のようになっていたら嫌だから。

 

民族の祭典だの、美の祭典だの、

美辞麗句が並べられていく時は、

もの凄い悪いことが始まろうとしていて、

それを言葉によって、すり替えようとしている時だから。

 

ヒトラーは、いつも平和を演説では語っていたし、提案していた。

アウトバーンを造り、フォルクスワーゲンを作り、

社員食堂を作り、週40時間労働、週休2日制を導入し、賃金を上げ、

労働者の福祉を充実し、生産性を上げた。

まるでいいことばかりのような政治であった。

ドイツ人に誇りを抱かせ、ドイツ国民を幸福にした。

自国民にとっては、寛大な指導者だった。

その結果、ヒトラーの支持率は上がり、

選挙の結果、全権を委任された。

そして、、、

 

美しい言葉が、偽りの言葉でもあることを、

どれほどの人が感じていただろう。

狼の手が、見えるかどうか。

悪夢の始まりが、いつだったか、その境い目はどこにあったのだろう。

徐々に徐々に、いつとも知れず深みにはまっていったのだろう。

 

風間 祥  * 『日記』 * 15:33 * comments(0) * trackbacks(0)

「日本は同意せず」/あぁ、何という国だろう。私たちの国日本は。

核兵器禁止条約に向けた報告書採択 日本は同意せず

朝日新聞デジタル 8月20日(土)2時5分配信

 スイス・ジュネーブで開かれていた国連核軍縮作業部会は19日午後(日本時間20日未明)、「核兵器の法的禁止を協議する会議を2017年に開くよう国連総会に勧告することに、広範な支持が寄せられた」と記した報告書を、賛成多数で採択した。国連加盟国(193)の半数超の約100カ国が支持すると記されている。国連総会の場で、核兵器禁止条約づくりに向けた議論が初めて本格化する。挙手による意思表明の際、日本は棄権した。

 報告書は一方で、日本や韓国など米国の「核の傘」の下にある国々など「特に24カ国」が、「勧告に同意しなかった」と明記した。日本の反対姿勢が、従来以上に鮮明になった。(ジュネーブ=松尾一郎)

 

朝日新聞社

 

風間 祥  * 『日記』 * 09:09 * comments(0) * trackbacks(0)

流れるものは凍らない 初めからわかっていたのに税金を無駄遣いして強行しただけ

物理的に無理な計画は、破綻して当たり前。

万が一、成功していたところで、

凍らせ続けるために永遠に厖大な電力を費消し続けなければならなかった。

維持費の面から言っても、計画とも言えない計画。

 

原発は、一回事故を起こしたら、取り返しがつかない。

環境を一変させ、修復しようにも修復できない。

厖大な税金を使っても、汚染水すらコントロールできない。

またしても泥縄の延長。

 

*

 

それなのに、外海に面する福島以上に、

ルート上、狭い瀬戸内海に流れる最悪のルートになる位置にある伊方原発を再稼働させる神経、

まともな人間が考えることでじゃない。

チッソが水俣を死の海にしたことに懲りず、

事故を起こせば、瀬戸内海を死の海にすることが必然な愛媛県の伊方原発を動かす。

愚かしいこと限りない。

 

人を恐怖に陥れ、健康被害を与え、殺すことがあっても平気だということになる。

周辺住民だけでなく、全国に被害が波及しても平気だということにもなる。

水も空も一続きで、大事故になれば、県境も国境も無くなるのに。

 

偶々な幸運が偶然に重ならなければ、福島だって、更に桁違いで大規模な事故にもなっていたのに、

事故を教訓とすることなく、更に、必要もない全国の原発を次々と稼働しようとする。

原子力規制委員会も、御用学者も、自治体も何も変わっていない。

愚かしい政府と原子力村は、どういうわけか、今も健在だ。

人々が、不要だと感じながら、特に問題にもしないからだ。

馴れてしまって、過酷事故の恐ろしさを現実に起こるものとして想像しないからだ。

 

知事のセコイ金遣いには勧善懲悪的に怒っても、

大きな権力が介在する国家単位の浪費には大甘な国民。

今でも、原発マネーに期待する住民、目先の利益に目の眩んだ関係企業。

再稼働計画は問題なく進捗するらしい。

風間 祥  * 『日記』 * 01:50 * comments(0) * trackbacks(0)

核廃絶を誓った国の総理がなぜ「核先制不使用」に反対するのか

オバマ大統領の、米国の核兵器の先制使用を禁じようという提案に反対する安倍首相は、

もとより広島、長崎に原子爆弾を投下された国の首相。

この間の、もっともらしい演説は何だったのだろう。

呼吸するように嘘を言う首相の面目躍如とでも言うべきか。

世界で一番核で苦しんだ国の首相の、

被爆国としての痛みをまるで忘れたような裏切りであり、

ほとんど犯罪だ。

 

被曝国の政府のこのような判断を、

世界の人は何て思うだろう。

被曝国である日本は、世界中のどこの国よりも、

核廃絶を願っていると思われていただろうに、

今回の、反対表明は、

むしろそれを阻止し、核兵器を使用したがっているかのようだと思われるだろう。

 

こんな首相の支持率が、いまだに高いということは、

国民も、その選択を支持する人が多いのだろうか。

 

*

 

抑止力って何だろうか。

ほんとに核を以って核を制することが出来ると考えているのだろうか。

昔の教科書には、軍艦を抱えて向かい合って立つ施政者のイラストが載っていた。

第二次世界大戦の前は、軍艦を多く持つことが、戦争の抑止力になると考えられていた。

 

日本は、連合艦隊を持ち、戦艦大和を持っていた。

しかし戦争は起こり、壊滅的な敗北を蒙った。

情報に疎く、考える力を失くしていたからだ。

止めることを知らず、闇雲に突き進む

盲目的で狂信的な集団となっていたからだ。

 

誰も止める人はいなかったのか。

止めようとする人は、

治安維持法で逮捕されたり、

物言えぬ体制に圧殺されていた。

 

*

 

いつでも武器が抑止力と考えられ、

いつでも「自衛のための戦争」と謳われる。

美辞麗句で戦争へ借り出される。

 

「お国のため、

天皇陛下のため、

愛する人を守るため。」

 

国のために身を捧げることの美しさを言い、

靖国で会おうと送り出される。

 

それらは、戦場へ送るための言葉。

「英霊」と美化して送り出すシステム。

 

核。

何十万人も一瞬で蒸発させるホロコーストの道具。

有るものは、意図的にせよ、間違いにせよ、

使われる可能性がある。

無いものは、使われる可能性が無い。

 

ひとたび使われた時の惨禍は、

と、考えない被曝国の首相なのだ。

 

風間 祥  * 『日記』 * 02:38 * comments(0) * trackbacks(0)

天皇の「深い反省」と首相の玉串料、閣僚の参拝。

陛下の反省は本物だなぁ、と思うと同時に、

安倍さんや閣僚、8月15日に67人もぞろぞろと靖国に参拝する議員は、

反省なんておかしくって、という感じかしら。

なぜ反省しなきゃならないんだ、って、

侵略なんかしたこともない。

誇り高き大和魂の発露として、

自衛のための戦争をしただけだって、

今でも思っているんだろうか。

 

萩生田官房副長官や、小泉進次郎衆議院議員。

高市総務大臣、丸川オリンピック担当大臣も。

今村復興大臣は先週。

反省どころか意気揚々と。

 

いつもの年なら、稲田朋美さんも、高市早苗さんと

先頭切って参拝するところだったけれど、

ジブチへ行かせてもらって、事なきを得たというところかな。

 

昭和天皇も現天皇も行かない靖国へ、

議員たちは詣でる。それも大量に。

 

歴史を理解せず、皇国史観に支配されて。

あんな人たちが、教育に口を挟み、歴史の記述に口を挟むのだ。

 

天皇が、「深い反省」を述べるのも、

思えば、安倍内閣の危険度に比例している気がする。

子供の至らなさを親が謝るように、

安倍内閣が戦争の出来る国にしようとするのに比例して、

反省の言葉を述べて非戦の誓いをしなければならない必要に迫られる感じだ。

 

「国民と共」に、と。

「国民」はいるのだろうか。

 

非戦の心を持つ国民が次第に少なくなっていく。

再び戦ってもいいと思い始めている「国民」がいるのではないだろうか。

 

「国民投票」が怖い。

ヒトラーだって、合法的に、「国民投票」で選ばれ、

全権を委任されたのだ。

 

 

民主主義のジレンマとは、

選挙民の質を問えないこと。

それを問うことは、傲慢であり、差別を認めることになり、

民主主義自体の絶対前提を侵してしまうことであるから。

故に、多数決が絶対とされてしまうこと。

最終結論はサイコロの目のように振られること。

宣伝上手な,第二、第三のヒトラーが選ばれても、文句は言えないのだ。

この国がどちらへ転んでも文句は言えないのだ。

 

 

 

風間 祥  * 『日記』 * 16:54 * comments(0) * trackbacks(0)

漢字、仏教、磁器、洋服etc 採り入れ続けた日本が 憲法だけは押し付けと言う

良いものは何でも上手に採り入れて来たのだから、

その混淆され洗練されたものが日本文化となったのだから、

憲法だけ悪いものかのように拒否しないで、

自分たちの憲法だと思えばいいのに、

押し付けられた憲法だとか、

恥だとか言って、

何が何でも、「自主憲法」を作りたがる。

天皇を元首にとか。

 

そう言っても、

天皇自身、象徴天皇であることに心を尽くして来られて、

象徴天皇像を作り上げ、次世代にも継承してほしいと願っておられるのに、

今さら、元首にと時代を逆戻りさせても、

ひたすらな70年(即位してからでも28年)が無に帰してしまう。

 

しかし、まぁ、安倍さんが悲願とし、自民党の党是だともいう憲法の改訂。

押し付けられた憲法を変え、自主憲法を制定するのだという案に、

賛成する国民が多ければ、いずれは改訂されるのだろう。

自分で考えるより、ムードで動く国民。

国民投票となれば、そちらの方へ流れるだろう。

時の流れは、その方向に向かっているようだし、

もはやその流れは止められないのかもしれない。

 

*

 

押し付けられたと言っても、

先日の東京新聞には、憲法九条の条文化は、

戦時、治安維持法がのしかかる時代、

政治の中心から遠ざけられていて、

戦後復活した、幣原喜重郎首相の発案で、

憲法の制定は、幣原内閣との共同作業であった

という資料が発見されたという記事が載っていた。

 

憲法に関しては、押し付け押し付けと、

アメリカの押し付けを嫌う安倍内閣が、

緊急条項を押し付け、沖縄に基地を押し付け、

安倍総理は、あたかも朕は国家なりと言わんばかりの強姿勢。

 

いったい国民と国家に、無理を押し付けようとしているのは誰なのか。

安倍さんが押し付けたがっているものより、

現憲法が見せてくれる世界の方がよほど好もしい。

安倍さんの硬直したその頭では、何も見えないだけだ。

 

 

風間 祥  * 『日記』 * 15:30 * comments(0) * trackbacks(0)

プレミアムフライデーって何でしょう 消費喚起になるのでしょうか

ただでさえ忙しい月末金曜日ということに加えて、

大企業や、官庁勤めの、恵まれた一部の人はともかく、

収入減を恐れ消費を控える人も多くなるのでは?

 

それでなくても、

山の日が増えたように、

休日を増やす傾向があるから、

段階的に、

3時までどころか、

月末金曜日はお休みに、

となるかもしれず、

月末だけでなく、

毎週金曜日はお休みに、

ともなるかもしれず、

つまりは週休3日制となり、

その場合でも、休日日数に関わらず、

収入が保証され、

単に休み時間が増えるだけなら、

消費喚起になりうるかもしれないが、

中小零細、非正規、もろに時間を打っているパート社員など、

ダイレクトな収入減に直結する人も多々ある現状では、

むしろ消費にまわるお金が少なくなるということにもなりかない。

消費は低迷を続け、老後の心配も現在の心配も抱えて、

庶民は、収入増が伴わなければ、消費を増やす余地がない。

そのために、プレミアムフライデーを設けて、という主旨であり、

そのうちに回るから、と言われても、

その巡りはどこで回転を止めるのか、

回って来たためしはない。

 

税金ばかり増やして、実質可処分所得を増やすこともせず、

このような暢気な発想ができる政治家やお役人が羨ましい。

 

*

 

出来るだけ短時間で、出来るだけ効率よく仕事をし、

無駄にだらだらと残業しない。

もちろんそれはいいことなのだ。

でも、溢れんばかりの仕事量を押し付けて、やたらとこき使って、

ろくな報酬も支払わないブラック企業まがいの会社が多いことも事実。

国際競争にさらされ、企業も内部留保をいくらしても安心できないことも事実。

働き方やモラルも変わり、昔の常識で生きられないのも事実。

で、どうするか、という岐路に立たされている日本。

でも、どちらにせよ。

強い者が勝ち、弱い者はしわ寄せを受ける。

生き抜くには何が必要か。

この社会、この制度には問題があり、生き抜けない人が多いから、

少子化なんだよね。

じわりじわりとエネルギーを吸い取られて。

 

風間 祥  * 『日記』 * 13:24 * comments(0) * trackbacks(0)

その頃のあなたを探していましたが宛先不明で帰って来ます

久木田真紀さんからのお手紙と短歌50首持ったままでいて

 

深夜から蝉が鳴きだし一日中よく飽きもせず鳴くと思うよ

 

任天堂がトヨタを抜いてほぼほぼの活況となる午前の市場

 

様々にリスクはあれど値固めに動いて米国雇用統計も良く

 

台風の影響もあり漣がプールを走る八月八日

 

午後からは玉音放送にはあらぬビデオメッセージの「陛下のお気持ち」

 

そういえばVHSの映像をデジタル化する生協サービス

 

生産を終わる機器や媒体や 天皇制の寿命は如何

 

皇祖とし天照大御神を祀っている伊勢神宮は何なのだろう

 

皇祖とし天照大御神を祀りながら男系男子に限る不可思議

 

立秋を過ぎて祭りも終わっても暑熱に傷む木の葉、竹の葉

風間 祥  * 『日記』 * 11:28 * comments(0) * trackbacks(0)

仮に、自民党草案のように大日本帝国時代の憲法に近い憲法と軍隊に戻したとして

天皇を元首に戻し、軍備を増強したとして、

日本という国を守れるだろうか。

 

護憲を言うのは、頭がお花畑だと、

平和憲法の規定が甘いからと、

九条を廃棄し、現憲法を改訂しさえすればいいかのように言う人たち。

 

大日本帝国憲法は、何を護ったのですか?

日本を守れたのですか?

原爆を落とされる前から、

太平洋でも、大陸でも、

日本は壊滅的敗退を繰り返していましたね。

それでも戦争をやめられなかった。

 

全国の都市を焼夷弾で焼かれ、

それでも戦争をやめられず、

沖縄の犠牲を強い、

ポツダム宣言を発表されても黙殺し、

国体の護持(天皇制の護持)にこだわって受諾を引き延ばし、

終には原爆投下を招いてしまった。

 

あの頃、この憲法を変えなければ、国を守れないと

昨今言われている現憲法の国家体制下ではなかった。

 

天皇が元首で、大日本帝国憲法のある国で、

自民党草案から見れば理想の国で、

国費も国民の財産も差し出し、

血も汗も流し、鍋釜まで供出して、

欲しがりません勝つまではと、

「一億火の玉」になっても、

敗けた。

 

一度戦争になれば、そうならなければならない国だから敗けた。

 

 

どれほど軍事力を行使できても、

敗けた。

 

自民党草案のような国にして、国防軍にして、軍事費をどんなにかけても、

310万人も死んだし、敗けた。

さらにそれ以上に、他国の犠牲者を生んだ。

 

 

現憲法では不安だというのは解るけれども、

実際あると思うけれども、

だからと言って、改憲しても、

リスクはそれほど変わらないばかりか、

かえってリスクを増すと思う。

 

なぜならば、自主憲法を主張する人たちが、

戦勝国に押し付けられたというこの憲法、

恥だというこの憲法は、

第二次世界大戦で死んだ尊い数千万人もの、

否、戦争というものがもたらす悪に懲りた人類が、

とりわけ実験結果である原爆の悲惨を目のあたりにして、

さすがに衝撃を受けた米国によって、ほんのひとときにせよ、

意識するともせざるとも、贖罪の気持ちも加わって、

在るべき理想に近い憲法と国家像を、共同作業として、

戦後の日本で具体化したものだと思うから。

 

だから、この憲法は、改訂・廃棄するどころか、

戦争をした日本国民が守ってこそ、価値があると思う。

無形の世界遺産になるべき憲法だと思う。

苦難を経て得た人類の智慧の結晶だろうから。

原爆ドームが、負の世界遺産であるように、

「日本国憲法」は、人間が救われる可能性を指し示す遺産たりうる。

 

(たとえ、この憲法が、敵国であり敗戦国となった日本をして、

再び戦争をさせないために、その手足を縛るために作られた憲法であるとしても、

それでも、その精神において、平和を希求する在るべき理想の憲法であることは変わらない。)

 

 

仮に、大日本帝国憲法下のような軍事国家に戻したとしても、

戦争には、勝てない。

国も守れない。

 

日本には、食料も、資源も、何もないこと、

さらに、標的となる原発リスクまで抱え、

現在の憲法を改訂しても、

日本が現在より戦争リスクを減らせるとは思わない。

 

ただでも少子化に悩む日本、

戦争が出来る国にし、

舐められるな、戦争も厭わないと血道を上げるなら、

絶滅を覚悟の上で。

 

たとえ、無人機で戦争が出来ても、

人は食べなられないと命を保てない。

 

(世界の先進国の食料自給率に比較して、

日本の食料自給率は最低の水準になっているという。)

Check
風間 祥  * 『日記』 * 22:17 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ