『リハーサルのあとで』のような素晴らしい舞台を観たあとでは魂が抜け殻のようになる。

 

 

言葉もない。
ただあの声、あの表情、あの姿態を思い返すばかり。

 

観客が固唾をのんで見守るその先に、
ラケルの身体。

 

仰向けになり、透けるような白い手足を投げ出して、
まるで全観客のレイプを受けるよう。

 

役が女優を輝かせるのか、
女優が役を輝かせるのか。
渾身の演技からほとばしる電流が、
脊髄を走る。


強弱、柔硬、緊張と弛緩、
身体を自由自在に使い、
瞬時もとどまらないラケルの心の叫びや疼きを伝えて、
一人の役者による身体表現の極致を見る思い。

 

汚れ役なのに、
否、だからか、
ひたすらに美しい。

 

舞台の上にただ一人、
一挙手一投足に観客の視線を引き付けて演じることの、
なんという役者冥利。

 

劇中劇で、台に乗って演じるシーンでは、
神々しいほどに、
声の質も、表情も、立ち姿も、
凛々しく変身し、
空気を一瞬で変える。

 

現実と虚構のあわいをさまようように、
時空や属性を、時に超え、時に強調し、
嫋々として女そのものとなり、
超然として神のような存在ともなる。


求め、せがみ、泣きじゃくり、訴え、
責め、許しを請い、告白し、そそり、拒むラケル。
罵り、嘲り、誘い、立ち去るラケル。

 

ヘンリック・ヴォーグレルに、
母親のラケルに似ていると言われる娘アンナ。


アンナを見れば、ラケルが二重映しに見えるほどにだろうか。
こういうところは映画の方が、生かせるかも。

 

病むラケルと、若く健康なアンナに似ているところは
舞台上では、見たところあまり無いように見えるが、
それは、むしろ、台詞の中にあるだろうか。

 

現実を拒否していることが、
既に、役者向きの資質なんてこともありえそうで、
天に放たれるような自由奔放さも、
よく動く肢体も、その動きのきれいさも、
現実の男女には、あまり見い出せない稀有な資質。

 

「不幸は沈黙する」ともいうが、
姿を消し、おとなしくしては待つ悪魔のように、
一度では足りず、母親は娘となり、
娘は母親となって、一人の男と関り、
ただ一度の生と関わる。

 

男は、支離滅裂さを拒否しながらも、
支離滅裂さに、どこか牽引されている。


掻き乱されながらも、
愛してやまない心の鳥を、
憧憬にも似て見つめながら、
羽ばたき去っていく鳥の自由を羨みながら、
我が身は、沈黙を抱いて、
ギリシャ的調和と均衡の世界を、
魂の平安を永遠の理想としている。

 

全ては、夢であり幻でもあるようで、
後に残るのは、舞台装置としての椅子や、
照明、壁に揺らめき翳った光りのみ。

 

 

なぜ映像収録されていないのだろう。

こんなに素晴らしい舞台を、

(美術や、衣装、照明も含めて)

映像に残さないのは、

一種の罪だ。

 

一度しか観られなかったのが残念。

毎日でも観たい舞台だった。

 

でも、台風の直撃が半日遅れていたら、

一度も観られなかったわけだから、

一度でも観られたことに感謝。

 

嗚呼、それにしても、あの舞台を観た後では、

なおさらに思う。

一路さんのブランチで、『欲望という名の電車』が観てみたいと。

また、『アンナ・カレーニナ』の再演も期待したいと。

 

 

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 11:02 * - * -

平野啓一郎さんの連載小説『本心』はやはり面白い。

 

 

虚構(?)の母、人工の母と暮らす生活が、

そろそろ始まりそうだ。

第2回の今日は、

まだ「ー 母を作ってほしいんです。」

とバーチャル・フィギュアを依頼するところまで。

 

でも、

久しぶりに小説の醍醐味が味わえそうな予感がする。

仮想現実、バーチャルなリアルを通して、

生と死、人が生の終わりに何を求め、何を願うか。

 

 

 人は誰でも、自分を生んだ宇宙を離れ、

自分を育み育て、関わった宇宙を残して、死んで行く。

それもただ一人。

どんなに足掻いても、どんなに気がかりで心残りでも、

どんなに置いてはいけない者を残しても。

 

どんな人でも、一回きりの生。

その時、人は、本心では、何を思っているのか。

その生と死を、最終的に誰が決めるのか。

 

 

予想もしない展開になれば、

それはそれで面白い。

予期せぬ出来事は、

物語のもう一つの醍醐味。

 

 

 

AIロボットと暮らすドラマは、

以前NHKかなんかで視たような気もするし、

映画では、

大林宣彦監督作品で主題歌もヒットした『ふたり』

だったか、

亡くなった姉が、心の中に棲み続けていて、

鏡の中から現れたりするようなタッチで描かれたのは、

観たことがあるが、

今回のような書き方は、初めてかな。

生と死と愛。

すべてのものは過ぎて行くというモーパッサンのような考え方もあれば、

永遠について考えるのもまたいいかもしれない。

何度でも生き直される生。

 

 

私たちにしたって、

誰でも、一人の人の中には、

亡くなった人も、

遠くにいて逢えない人もいて。

 

私たちは、

遥か遥か昔に死んだ多くの人の魂を、

文学や映画や歴史を通して、

その人たちの魂のようなものも、

それぞれに、

抱いて生きている。

 

人間が人間である理由。

その存在価値。

 

それは繊細に感受し、

深く想うから。

 

たとえ、誰かが死んでも、

その人の体験は、風化しないで残っていく。

社会という単位、

地球という単位で残る記憶もある。

 

そう、感受し、思惟することで、

それは残る。

 

謂わば、私たちは、

常に胎動する宇宙という生身、

有機体の分身なのだから。

 

だから、私たちの命は永遠。

私たちが思うことで、

私たちの中の他者も永遠。

その思いも永遠。

 

私たちの心の中で、

いつでも人は生きている。

それは、実在・実存とそれほど変わらない。

 

 

 映画の(小説ででもあるが)

『突然炎のごとく』の中で、

旅行中に見た古代の彫像の、

アルカイック・スマイルに魅せられるシーンがあるが、

私たちの中を流れる時間には、

古代の空や海を流れた時間も

共に流れているのだ。

 

 

愛は消えない。

感情や心理は、

永遠なのだ。

 

もちろん憎しみもまた、

心に刻まれる。

 

それが、

生きているということで、

兵馬俑の兵士や、

五百羅漢にも、

一人一人の表情は刻まれ、

それは歴史と重なる。

 

 

 

 

 

風間祥  * 『時事』 * 20:47 * - * -

悠久の大河のなかに身を浸すように視ている中国ドラマ

華麗な歴史絵巻を見るのは愉しい。

私の見方は、最初から最後まで、

毎回必ず視る。

毎日同じだから、

もう何十回も視たからと、

飛ばしたりはしない。

せかせかと早見機能を使ったりもしない。

最初から最後までゆっくりたっぷり楽しんでこそ。

これは、中国ドラマに限ったことだ。

 

冒頭部分は、気持ちよく心地よく引き込まれる序章だ。

巻末部分は、余韻を残す終章だ。

多分、制作側の意図も、設計も、

そのように作られている。

せっかちな作りは、中国ドラマにはない。

悠揚たる流れを以って、心を満たすのだ。

 

だから、

最初のタイトルバックを飛ばしたり、

最後の絵が流れるのをカットしたりしない。

最初から最後まで、たっぷりとゆったりと、

味わい尽くす。

 

美しい映像と楽曲、

背景の広大な風土と、

王宮内の贅沢で典雅な設(しつら)え。

製作費をかけたであろう衣装。

丁寧に作られた登場人物の心理造型。

舌を巻く配役の妙。

複雑に微妙に展開してゆく宮廷の物語。

 

(日本にも、

平安絵巻というものがあったはずなのに、

源氏物語の「もののあはれ」も、

平家物語における「無常」も、
今の世は感じる環境にない。

滅びの美を感じる環境にもない。
勿体ないことだ。)

 

 

 

主題歌がいい。

映像全篇のセレクトがいい。

『瓔珞』が最高に好きだが、

もう終わりそうだ。

衛星劇場で、

初回からの再放送も始まっているが。

 

そしてこれも大好きだった『ミーユエ』も、

今も放送中の『麗王別姫』も、

『永遠の桃花〜三生三世〜』も、

『ミーユエ』に代わって始まった『独孤伽羅』も、

それぞれにみんないい。

 

中国語の響きがまたいい。

習いたいと思いながら、

まだ習っていないが、

音韻やアクセントが、

音楽のようで、美しい。

 

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 14:25 * - * -

  木は空洞に        『玲瓏』 99号

  木は空洞に      

    

          

翡翠色の蛙、雨上がりの光、きらめく水滴、まだ正午前

 

井戸のある商店街っていいよね 荻窪、井戸のある散歩道

 

ぞうさんの赤い如雨露で水遊び 二歳の春に降る光あり

 

湾岸の春の水尾ひく船影に手を振っている人のいる桟橋

 

満月の夜の温泉、月煌々 薔薇風呂に薔薇浮かべるテルメ

 

かりそめに生きている気もしないでもない 紫紺の尾根に沈む陽見れば

 

陽が燦々、光燦々降る島の春がきらめく大橋渡る

 

東京の空を我が物顔で飛ぶプロペラを持った重い輸送機 

 

ニヒリズムと美意識が合体すると死に至る 西部邁さんの自裁も

 

空しきは空しきままに生きていよ 木は空洞に風を入れつつ

 

 

                  『玲瓏』99号 2019年2月28日発行

風間祥  * 『「玲瓏」他歌誌提出自作品』 * 13:57 * - * -

CS衛星劇場で「暖簾」を観た。なんという贅沢な配役。森繁久弥、山田五十鈴、乙羽信子。

 

 

そして監督が、川島雄三。

 

贅沢な、映画の醍醐味を味わった。

今の俳優もいいけれど、

この頃の俳優の上手さったら、

何て言っていいか。

 

白黒なのに、全然古い感じがしない。

テンポよく飽きさせず、

グングン引き込んで行く。

 

浪花千栄子や、中村鴈治郎。

ちょっとした役だけれど、

扇千景や中村メイコも出ていた。

鴈治郎と言えば、『越前竹人形』にも、

京マチ子と若尾文子の『浮草物語』にも出ていたね。

 

あの頃の映画によく出ていた山茶花究。

本家の二代目の役をしているが、

同じ森繁久弥の『夫婦善哉』でも、

山茶花究は長男の代わりに跡を取った妹婿の役をしていた。

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 14:30 * - * -

ミュージカル『ブラック・メリーポピンズ』が始まった。/CS 

 

私が観たときは、初演の音月桂さんがアンナだったけれど、

今日、CSで放送のは、2016年の中川翔子さんが同役を演じている。

 

韓国製ミュージカルは、このミュージカルでメリーを演じた一路さんは、

同じころ、池袋の東京芸術劇場で公演された

「シャーロック・ホームズ/アンダーソン家の秘密」で

女性のシャーロック・ホームズを。

 

「ブラック・メリー・ポピンズ」

優しくて怖い心理スリラー。

メリーと四人の子供たち。

 

私は、音月桂さんのを、

もう一度観たいな。

お転婆で可愛くて、

歌が抜群に上手。

ほんとうに良い声だった。

悲劇の深さを伝える声。

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 00:07 * - * -

『レベッカ』/シアタークリエ

千秋楽の前日に観た。

 

涼風真世の透けるような白い肌。

黒一色の衣装。

 

大きな瞳が見つめているのは、

ただひたすらにレベッカのみ。

 

燃え落ちるマンダレイ。

炎の中に消えたのは、

ダンヴァース夫人でなく、

レベッカそのもののようだった。

 

涼風真世のダンヴァース夫人は、

映画のように、憧れ守り仕えるだけの、

自らは召使であるダンヴァース夫人ではなく、

一人二役のようなダンヴァース夫人。

美しく君臨した、しかし、死病を得て自殺するレベッカと同化するダンヴァース。

 

初演の時から現在まで、

声量も美貌も全く衰えることを知らないことに驚く。

奇蹟を見るようだ。

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 00:04 * - * -

ミュージカル「オン・ユア・フィート!」

久しぶりに、良いミュージカルを観た。

 

シアタークリエで、22日に観た、eプラスの貸し切り公演、

朝夏まなと主演の「オンユアフィート」。

 

初めは、激しい音楽に歌い踊る

元気がいいだけのお芝居かと思ったが、

後半、主人公が、

自動車事故で生死の境を彷徨うあたりから

(このあたりの舞台装置、美術も、とてもよい。)

シリアルな心理劇となり、

情感溢れる母娘、夫婦、芸術家同士の、

葛藤と和解の劇となる。

素晴らしく激しく、優しく、

心を打つミュージカルとなった。

 

朝夏まなとが、女優として一気に花開いたような活躍を見せ、

情熱的な歌姫をいかんなく演じ切る力強さが素晴らしい。

 

母親役を演じる一路真輝も、

カトリーヌ・ドヌーブを思わせるような知的で洗練された美しさと、

ほとばしる感情や複雑な心理を的確に表現する力を得て、

ほんとうに良い女優さんになったなぁと思わせる。

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 23:59 * - * -

晩年 / 『玲瓏』98号

 

 

 

・炎と蛾 火に入るときは死の時と知るや知らずや炎と遊ぶ

 

・災厄が身をつつむとき災厄は己自身と、炎となって

 

・あくまでも元気で生きていくばかり 濁り湯に花は今日も浮かんで

 

・薔薇色の海を見ていた日のX のちに来る日をまだ知らずして

 

 ・プログラム変更するも追いつかず花の乱あり風に散りゆく

 

・いずこにも希望の園は無きものを活発となる老健市場

 

・朦朧と夢から醒めて一葉の葉書の青はヒマラヤの芥子

 

・毎日が遺言であり遺書でありそのようにして人の晩年

 

・生け簀には尾ひれ千切れて泳ぐ魚 鰓のみでなお泳ぐ危うさ

 

・汚れて生き汚れて死ぬをさだめとし地蔵の首に朱の涎掛け

 

 

 

風間祥  * 『「玲瓏」他歌誌提出自作品』 * 00:07 * - * -

岩合さんのネコ

階段の途中で喧嘩、猫同士 カラフルに着色された石段

 

わーざわざ一番端っこまで行って匂いを確かめ甘えるそぶり

 

金色の石段もありここはどこ くんずほぐれつじゃれ合って猫

 

まっ白な生まれたばかりの猫であり突然眠りこんだりする子

 

その尻尾、ピーンと立てて三毛猫は籠の中からママの背中へ

 

姉妹の猫は玉蜀黍サイズ 干されているのが玉蜀黍です

 

痩せている おっぱいのまだ飲み方がわからないのか摺り寄るばかり

 

古い木の橋を渡ってジャンプして鶏の声する村に近づく

 

マレーシアの竹を生産する村の入口近く鶏の啼く村

 

狙っている栗鼠は木の上、猫もまた木に登る姿勢を保つ

 

キラキラキラ石が飛んで来る道の上 悠然と行く猫の目の前

 

空間の距離保たれてそののちにひとり影踏みながら出て行く

風間祥  * 『日々の歌box』 * 13:42 * - * -
このページの先頭へ