籠池さんだけを調べても全容は解明できないんじゃないかな。籠池さんは釈放して、多ルートは調べないの?

籠池さんだけを調べても全容は解明できないんじゃないかな。

ただ報道されていないだけで、銀行関係者や、工事に関わった設計会社や

工事会社、弁護士も調べているのだろうか。

 

銀行や設計士、藤原工業、自民党や維新の政治家、教育界のドン、

みんなグルになって、復古教育に熱くなってる幼稚園経営者を持ち上げて
リッパな小学校を建てさせるよう計らっていたのだろうし。

 

 

それがお国のためになることと信じている

ドン・キホーテ的な籠池さんを利用して、

やがて全国展開しようとしている

復古教育の予備的実践校として、意義あるものと考え、

総理の夫人も後押し、名前は冠さないものの、

実質、安倍総理を尊敬する設立者が意図する小学校にふさわしく、

かつ、来たるべき明治150年にもふさわしく、

全国から見学者も来るような、

模範的な立派な小学校を開校しようと、

意気上がつていたことだろう。

 

すべてはトントン拍子に上手く行くはずだった。

開校寸前まで漕ぎつけていた。

棟上げ式には、安倍昭恵名誉校長も来る予定になっていた。

その時までは。

 

市民運動家が告発し、

朝日新聞の記事が出て、

騒動になって、

籠池氏を残して、

一斉に逃げた。

 

 

昭恵さんやその秘書やその秘書の上司の

今井尚哉秘書官や、国交省の元公明党冬柴委員長の子息の冬柴大氏、

(元りそな銀行高槻支店次長で、「かき鐵」経営者)のルートで、

建設費21億円の融資が決定されたと言われている。)の動きも在ったと言われる。

 

何と言っても、お金がなければ、建設できないのだから、

工事に着手した藤原工業にしても、

支払いはされると思う根拠がゼロでは、

スタートさえ出来ないだろう。

小さな地元幼稚園の経営者が、

宏大な敷地に立つ、お金のかかる木造建築材を多用した

贅沢な設計になる校舎代金を用意できると、

何をもって信じたのか。

 

 

再び言えば、藤原工業は、

大阪府の公共工事を請け負っているのだから、

プロなんだから、

籠池氏よりは、無知ではなかっただろう。

 

首相と今井秘書官が「かき鐵」に行ったのが9月4日。

94日は、安倍昭恵さんが、谷査恵子さんを伴って、

奈良で、私学審の梶田叡一会長と会った日でもあり、

5日、安倍昭恵さんは100万円のご祝儀授受の真偽はともかく、

塚本幼稚園を訪れ、

一人でさせてすみません、

言ったとされている

名誉校長就任の日でもある。

 

 

一方、近畿財務局9階では、

値引き交渉と補助金についての三者会談があった。

この日は、安倍さんが近くのテレビ局でミヤネ屋に出演。

(94日に官邸で迫田理財局長を呼び出した安倍さんの、
安保法制で揺れる国会を抜け出しての大阪行きには、

鴻池祥肇委員長が、いかがなものかと苦言を呈している。)

 

 

 

いろいろと疑念の生じることばかり。

 何にしても、解明のためには、

銀行中心に、お金の流れを洗うことが肝心なのだけれど、
地検は、どのように調べているのだろう。

 

経営難の幼稚園の経営者に、

都市銀行が多額の融資をしたことの不可解さ。

融資が実行されたのだとすれば、

工事会社に支払うべき

そのお金はどこへ消えたのか。

 

融資が実行できなかったのだとすれば、

どのようにして、契約は成立したのか。

支払い見込みで工事は続行されたのか。

 

藤原工業の工事代金が未払いになっていて、

債権保全の処置がとられて、今回自宅が競売にかけられて、

その一部を支払うとして、

藤原工業の紹介で、酒井弁護士が籠池さんの学園建設のアドバイスや

様々な手続きを代行していたはず。

藤原工業は、維新の会に献金もして、大阪府の公共事業を

沢山請け負っている。

 

籠池さんより、工事の専門家で、籠池さんより、ずっと詳しいはず。

籠池さんは、素人で、積算能力もないし、

申請書類も書けないし、

 

籠池さんは、木材を沢山使う場合は特別の補助金が出るという

サステナブル事業についても、その申請方法についても、

説明されて知ってはいても、

専門的に詳細を知り、

知恵をつけ、実働的、積極的に動いたのは、

キアラ設計の、松本正氏や、酒井弁護士。

彼らは、事情聴取されないのかしら。

 

 

いわば、実質無一文に近い籠池氏が、

如何に「稀代のペテン師」にしろ、

如何に強引に粘り強く、八面六臂の活躍をするにせよ、

如何にして、少なくとも外見は立派な小学校を

建てられたか、開学直前まで行ったか。
銀行とは、そんなに甘いところなのか。

不正融資の疑いはないのか。

その融資の経緯を国会でも訊いてほしい。

 

国のものに戻ったからいいけれど、

もし、籠池氏の破綻を見込んで工事を終わらせ、

複数の債権者によって権利を行使して転売でもしたら、

或いは、誰かがそれを一括で買い、分譲でもしていたら、

駅にも近く、なかなか有益な土地と看做されて、

高額で転売益が出るということだってありえたかもしれない。

 

 

国粋的な目的をもつ教育をしようという小学校を

安倍首相夫人が支援しようとした。

国会で問題になって、

名誉校長を辞任したとは言え、

それは、災いが我が身に及ばないよう保身のためであって、

もともと、籠池氏の教育方針に賛同し、

支援の心を表明していたのであって、

かつ、安倍首相の別働隊として、

力を貸していたのであって、

それ自体が問題でないわけはない。

途中で頓挫したからいいが、

当初の予定通り進んでいたらと思うと、

如何に恐ろしいことが進行していたのだろうと思う。

 

 

 

風間祥  * 『時事』 * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0)

積極的平和のために、抑止のために核を持つという人たち よく口が腐らないものだ

広島と長崎に落ちた核爆弾

 

その殺傷能力。

その破壊力。

今は、比較にならないほど、

悪い意味で進化している。

 

原爆にしろ水爆にしろ、

この世にあってはいけない。

全部、全面的に廃棄すべきだ。

 

アメリカの核も、

ロシアの核も。

世界中の核兵器と、

世界中の原発を廃棄、廃絶し、

無害化に向けて、

10万年分の1からの努力をスタートすべきだ。

 

 

核兵器も、原発も、

この世にあってはいけないもの。

 

なぜ人が焼かれなければならないのだ。

限りある地球の生命を縮めて、

動植物を薙ぎ倒して、

人間も一瞬で蒸発、気化させ、

焼け爛れて生き残れば、白血病となり、

やがて遅れて死ぬ。

或いは一生、発病の恐怖に苛まれる。

 

何のため?

何の権利があって?

簡単に、抑止のためとか、

核の傘とか言うけれど、

敵ならば、平気で焼き殺す。

 

守ってもらうつもりの自分も、

いつ焼かれるかわからない。

超高温で。

誰がそんなこと受け入れるの。

誰もいない。

平気で、抑止のため、とか、

積極的平和主義とかいう政治家は、

国家と国民を守るためと言う政治家は、

どれだけウソをついたら気が済むのか。

 

言ってもしょうがない空しいこと。

言っても、どうにもならないことであっても、

黙って殺されて行くだけというのも同じく空しい。

大衆の諦めや沈黙が、都合よく解釈されて、

緊急事態条項などが、可決されないよう、

一人一人が何を思い何を考えているか、

表明することは無駄であろうとも

必要だと思う。

風間祥  * 『時事』 * 01:10 * comments(0) * trackbacks(0)

佐川さんに向かって安倍さんに向かわない国民の怒りの向け方

佐川さんに向かうのは解る。

でも、そこで止まってしまうのは何故?

本体には迫らないの?

 

元凶であり、うその張本人であり、

佐川長官をして虚偽答弁をさせたものにこそ

疑いを向け、責任を追及しなければならないはず。

しかも、佐川長官は有能で適材適所で、

罷免の必要もないとしている。

 

 

まず、佐川さんから、

その後で、というつもりかしら。

それとも、納税シーズンが終われば終わりかしら。

佐川には泣いてもらう、で、

本尊は悠々と安眠をむさぼる。

論功行賞は、のちのちと、

また繰り返す。

 

 

トカゲの尻尾切りは、

政権の得意技だったははずだけど、

国民の方も、

尻尾だけ弄って終わりかな。

 

安倍さんを糾弾するのは、報復が恐ろしい。

長官くらいなら叩けるというのなら、

ちょっと違う。

安倍さんや麻生さんが、

罷免の必要なし、と言っていること。

その点をもっと追及してほしい。

 

第一に、安倍さんは、

自分の言葉の責任を取っていない。

一国の総理として、

正しい存在ではない。

そのことを、国会で追及するのはもちろん、

マスコミも国民も、

忘れてはいけない。

 

安倍さんの支持率がまだ高いというのは、

国民が、経済さえよくしてくれれば、

後はどうでもいいと思っていること。

 

その経済の良い部分は、世界経済に連動しているだけで、

安倍さんや黒田さんの功績じゃないのに。

世界的な業績復調の波は、さらに上昇を約束しているのに。

むしろ、海外と比較すれば、安倍さんや黒田さんは、

世界的な強い経済成長の足を引っ張る無能なリーダーであり、

疎外要因でしかないのに。

風間祥  * 『時事』 * 15:51 * comments(0) * trackbacks(0)

北朝鮮も日本もなぜかまだ原油や核に頼ろうとしている。

北朝鮮が、愚かな点は、

日本の愚かさに似ている。

いまだに原油や核に頼ろうとしているからだ。

 

大日本帝国の残滓が、

北朝鮮の中にある。

その思考法に、国民の統治の仕方に、

軍事費の比率に。

 

偉大な国と教え、

国家の偉業に熱狂し、

愛国のために身を捧げ、

国家元首の死に、

土下座にも近い姿で涙する。

 

 

リスクの大きさに目を塞ぎ、

希望的観測のみに頼って、

リスクを蓄積する愚かさ。

 

さっさと自然エネルギーに転換すれば、

原油の輸入を封鎖されたところで、

何も怖くないし、コストも安く済む。

原油の禁輸は無効となり、外貨も稼げる。

 

その分、医薬品の開発や、医療技術などで、

世界中の人が求めて止まない癌の完全治癒や、

神経や細胞の再生医療を有効なものとすれば、

世界中からオファーが殺到するだろうに。

 

アメリカの核が、

仮想敵国だけに、

永遠に向いているわけではない。

標的を変えることなど簡単だ。

 

小型核を搭載したミサイルの弾頭が、

アメリカの大統領の気分次第で、

こちらを向くこともありうるわけで。

敵国ばかりを打つ気でいれば、

こちらに向き直すこともある。

 

何と言っても、

72年前に、日本を、ほぼ灰燼に帰させた国だ。

焼夷弾で焼き尽くし、原爆でとどめを差した国だ。

 

いざとなれば、

10万人でも100万人でも殺して平気な国だ。

日本だって、もちろん同様。

先に開発していれば、ドイツであれ日本であれ、

逡巡もなく連合国に対して使用していただろう。

抑止に抑止で武器開発と保有に血道を上げていれば、

いずれ沸点を越えても不思議はない。

 

より容易に、より安易な使用を可能にする小型核攻撃を

抑止上よいことと認める国家。

追随する国。

 

その恐ろしさに心致さぬ国が、

自身にしっぺ返しを受ける確率も高くなる。

 

世界に憎悪と危険をばら撒いて、

テロや事故の確率も増して。

その廃棄物で10万年も20万年も子孫に災禍を及ぼす

負の遺産を残して。

風間祥  * 『時事』 * 04:08 * comments(0) * trackbacks(0)

双方で領土と主張し係争中 本当のことを教えるべきでは

竹島・尖閣「固有の領土」=小中に続き高校も―学習指導要領改定案

2/14(水) 17:12配信

時事通信

 高校の学習指導要領改定案では、北方領土のほか、竹島(島根県)と尖閣諸島(沖縄県)を「わが国固有の領土」と初めて明記した。

指導要領の解説書には既に記載されている。昨年3月に改定された小中学校の指導要領にも同様に記述されており、文部科学省は「当然の流れとして今回の改定に至った」と説明している。

改定案では、地理歴史のいずれも新設科目である「地理総合」と「地理探究」で北方領土、竹島、尖閣諸島について「わが国固有の領土であることなどを取り上げる」とし、尖閣諸島については「領土問題は存在しないことも扱う」とした。

「歴史総合」と「日本史探究」では、「日本の国民国家の形成などの学習で領土の画定などを取り扱う」とし、北方領土、竹島、尖閣諸島についても触れるよう求めた。

公民の新科目「公共」や政治・経済でも領土について学ぶ際、「わが国が、固有の領土である竹島や北方領土に関し残されている問題の平和的な手段による解決に向けて努力していることや、尖閣諸島をめぐり解決すべき領有権の問題は存在していないことなどを取り上げる」とした。

文科省は「領土問題は自国の立場を優先して指導する」との考え方を示す一方、「なぜ問題が起きているかを理解させる過程で他国の主張を取り上げることはあり得る」としている。 

 

いったいいつからそうなったの、という話で。

知らないうちに教え込めばいいという話でもないはず。

そう教えられれば、そう信じてしまう怖さ。

そこを狙って、都合のいい教育をしてはいけない。

 

領土を掠めとってはいけないのは、

知識の上でも同じこと。

国家ともあろうものがやるべきことではない。

 

 

学校では、真実を教えなければ。

いい加減なことや、ウソを教えてはいけないと思う。

 

国境問題は、双方の主張が違い、未解決の問題。

決して、まるで天地開闢以来とでもいうように、

「固有の領土」ではないし、

また「領有権の問題は存在していない」わけでもない。

 

できるだけ、正しい知識を授け、解らないことがあれば解らないとし、

決して、間違った刷り込みをしてはいけない。

 

自分で、本を読んだり、勉強したりして、知ろうと努める気持ちを促して、

今すぐでなくても、だんだんと正しい知識を得るようにすべきだ。

 

 

身びいきや、お国贔屓ではなく、

客観的な、歴史的経緯を、

江戸時代やそれ以前の経緯も含めて教えるべきであって、

領土拡張政策時代の明治政府の政策をもとに、

明治150年を喧伝する安倍政権の下で、

都合のいい教育をしては、本当の教育にはならない。

薩長の成り上がり政府のそれではなく、

せめて江戸幕府の識見にでも倣ったらどうだろう。

 

正しい知識を得ることなしに、関係性を正しくすることもできないし、

まちがっているかもしれない知識を、

大人になってまで持ったままの人間形成をしてしまう。

それくらいなら、何も教えない方がいい。

 

いい加減な教育をすると、

むしろ偏見を生むだけ。

無知と偏見こそが、無用な争いと諸悪の根源。

 

国と国の争いも、

その国を形成する個人個人が、正しい知識を持っていたら、

避けられることが多い。

民族間の憎悪は、無知と偏見が育てるのだ。

 

 

教師も、困るだろう。

指導要領で教えよということを、そのまま教えられる教師は、

悩むこともないかもしれないが、

少しでも、良心的であり客観的であろうとする教師は、

本気で困らなければならない。

まるで、戦前、黒塗りの教科書を教材に使った教師のように。

 

 

風間祥  * 『時事』 * 02:59 * comments(0) * trackbacks(0)

籠池夫妻は人権も奪われ住居も奪われ身から出た錆かもしれないけど 不公平に思える

語感的には片手落ちと感じるのだけれど、

片手落ちというのは差別用語と取られる恐れもあるので、

不公平というのが近いのかしら。

 

破産なれば当然とも言えるけれど、

むごいという感じがするのは、

籠池夫妻の勾留が、

7カ月にも及ぼうとしている中のことだからだろう。

何もかも奪われるという感じ。

不当な勾留という印象から始まって、

当然という意見もあるかもしれないけれど、

拘置所に留めたまま、競売にかけるなんて、

それが「自業自得」だとしても、

あまりの苛酷な処分ではないかと。

裁判が終わったわけじゃない。

詐取したとされる補助金は返している。

息子や娘にも接見もできない。

勾留は7カ月近くに及んで、

その不自由な拘束が解けないまま、

自宅が無くなる。

娘さんに理事長を交代したとはいえ、

幼稚園存続が、夫妻の悲願のはずだけど、

そちらの方も保全されず担保に入っているのかな。

自宅だけでは、支払い切れないだろうし、

全部、借財のカタに消えたとしても、

負債額の10億円には満たないだろうな。

それにしても、

証拠書類は一切合切押収されているし、

逃亡の恐れもないのだから、

もう勾留を解くべきだと思うけど、

地検の権限って、そんなに強いものなのかな。

籠池夫妻が出られない理由って何だろう。

黙秘を貫いているためだとしても、

何を訊きだそうとしているのだろう。

容疑は補助金詐取だったと思うけど。

ほんとうの逮捕理由の第一は、

総理を侮辱したということかしら。

どちらにせよ、このままじゃ、

保釈金も用意できないわね。

前回は、保釈申請も却下されたし。

マンデラルールにも従っていない。

人権擁護委員会とかは動かないのかしら。

安倍夫妻には、何のお咎めもなく、

報復のように、何もかも奪われ、

獄につながれる籠池夫妻って構図は、

余りにも余りにって感じだね。

芥川は、「人生は地獄よりも地獄的」と言ったけれど、

そんな思いを味わわせているのは、何なのだろう。

閻魔様なら、もう一組の夫妻だって舌を抜きそうなものだけれど。

風間祥  * 『時事』 * 00:02 * comments(0) * trackbacks(0)

それは全て籠池夫妻の勾留中の出来事で 接見も許されないまま家も競売に

<大阪地裁>籠池被告の自宅競売へ 手続き開始

2/14(水) 20:24配信

毎日新聞

民事再生中の学校法人「森友学園」を巡り、大阪地裁が前理事長、籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=の大阪府豊中市の自宅を強制的に競売にかける手続きを始めたことが明らかになった。学園の管財人が申し立てていた。今後、地裁の執行官らが現地調査し、数カ月後にも競売を実施する。
風間祥  * 『時事』 * 22:45 * comments(0) * trackbacks(0)

無残なる姿さらして辛夷の木 孔雀の羽根の部分失くして

 

これは以前、書いた日記だけれど、

今も事情は変わらないらしい。

今年も、3月になっても、あの辛夷は戻らない。

見る影もなく、短く伐られ、

手足をもがれ、棒立ちになったような辛夷の木は、

それでも花を咲かせるのだろうか。

 

いったい何てことをするのだろう。

満開になれば、近くの樹齢数十年の桜並木よりも、

周辺のどの木よりも美しい巨きな樹であったのに。

 

白孔雀のようだった辛夷の樹 丸坊主にされチラホラと咲くだけになり

今年は目に入らないと思っていたら

伐られていた。

 

市役所の伐採作業で。

 

なんてことかしら。

 

市役所の伐採係の造園業者は、

何も考えずに、ただただ、

順番に伐って行くのかしら。

 

あんな天然記念物のような見事な辛夷の樹を、

よく伐れたものだ。

植木屋さんなら、それがどんなに貴重な木か

分かりそうなものなのに。

 

辛夷は、高さが3分の1以下に、枝もカットされ、

そのあたりの普通の木にまぎれるほどに、

見るかげもなくなっていた。

近くの木蓮の木も、半分の高さに伐られていた。

いったい何のため?

 

突然、木の感染症にでもなったのかな。

梅の木が、感染症で枯れたということが、

よその町であったことがある。

四国では、松枯れ病もあった。

 

でも、この町では、定期的に、桜並木も、

ケヤキ並木も、伐採される。

桜の大木も、情け容赦なく丸坊主にされた。

あきれてしまう。

あんなに大幅に短く伐るなら、

というより、樹の形を成さなくするなら、

ちゃんと樹木医に診断させたかしら。

 

せめて桜が咲いてから伐ればいいのに、

咲く直前に幹だけを残して伐採した。

予算を使い切るためかしら。

 

あの通りの並木も、この通りの並木も、

次々一斉に伐られた。

枝もない木が立っているのは悲しい。

 

 

 

その時、辛夷は、伐られなかった。

単独で、公園の中に生えていたから。

 

でも、今度は難を逃れられなかったのかしら。

風間祥  * 『時事』 * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0)

木には木のいのちがあって主張する 私を殺さないでください

・木には木の命があって抗議する 伐採決めた調布市長に

 

・淡々と撤去計画推進し 広場は地下自走式駐輪場にと

 

・木は眠り木はめざめ木は歌う 風と木の空、街の青空

 

・伐採を決められた木は丸坊主に 輪切りにされて燃やされるのでしょうか

 

・いつかまた命が宿る木が生まれ育つだろうか百年かけて

 

・閉ざされた命は二度と生まれない 薙ぎ倒される時代の命

 

風間祥  * 『時事』 * 02:56 * comments(0) * trackbacks(0)

空しきは空しきままに生きていよ 木は空洞に風を入れつつ

全ては運次第。

特別努力家という人もいるにはいるし、

中には、生まれ持った運を覆すほどの人もいるが、

それもまた、強い運の一つとも言え、

運命論に逃げるのは卑怯とも言えるが、

大抵は、その人の一生は、

生まれた時に決まっているようだ。

 

北半球に生まれただけでも、

或いは逆に南半球に生まれただけでも、

ある程度のことは、決まってしまっている。

 

大戦争の時代に生まれるのも、

平和な時代に生まれるのも、

自分では、如何ともし難いこと。

 

生まれ落ちた土地の歴史も環境も、

自分では決められないし、

千年に一度の大地震の時、

その地点にいるかどうかも、

運命としか言いようがない。

 

たとえば、阪神大震災の時が、

数十年前の私が神戸にいる時だったら、

私は死んでいたかもしれず、

それ以前の数十年前に私が既に生まれていたら、

空襲で焼け死んでいたかもしれず、

今、此処にいる私はいないわけで。

それは、千年単位で言えば、

ほんのちょっとした誤差の範囲内。

そして、これからだって、

どんな運命が襲って来るかもしれない。

ただ、私自身が知らないだけで。

風間祥  * 『時事』 * 16:41 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ