安倍さんの政策はことごとく失敗 責任を取るべき時が来ているのでは?

 

もう誤魔化しは効かない。
事実上破綻しているのが明確になっても、
まだ言い張るのは、どういう症状なんだろう。
無駄に国家の予算を浪費するなら、
その罪も加えて責任を取ってもいい頃。
高齢ドライバーの危険運転と同じ。
判断力が鈍り、見えるものも見えず、
聞こえるものも聞こえない。
免許状返上に代えて、
首相の職を辞してもいいと思う。
このまま行くと、
日本を亡国に導くから。
世界一愚かな指導者を放置するばかりか、
積極的に支持する国民がいるとしたら、
後世まで物笑いの種というものではないかしら。
こんな首相に、外交を任せる無謀を知らないと、
真珠湾に突っ込んだ愚を繰り返しかねない。
風間 祥  * 『日記』 * 02:24 * comments(0) * trackbacks(0)

舞台が楽しみ、映画が楽しみ、ドラマが楽しみ 

 

新春発ドラマも出揃って、

毎回楽しみにしているドラマも、

だいたい決まって来た。

 

 

今、視てるドラマ

 

昨年来引き続き年を越えても放映中なのは、

NHK土曜時代劇『忠臣蔵の恋』

ちょっと地味だが良いドラマ。

 

「赤穂浪士篇」が終わって、

1月14日から、「大奥篇」が始まっている。

四十七士の一人、礒貝十郎左衛門の恋人だった〈きよ〉は、

甲府宰相綱豊の桜田御殿に勤めに上がり、

綱豊が、六代将軍家宣となって、その側室として、

七代将軍家継の生母となってからは、

吉屋信子の『徳川の夫人たち』にも描かれた月光院となり、

浅野家のお家再興と義士の名誉の復権に貢献する

という展開となる模様。

武井咲が、聡明なきよを演じて、

凛とした涼やかさを見せている。

 

 

土曜日、日テレ 夜9時『スーパーサラリーマ左江内氏』

堤真一、小泉今日子

 

 

日曜日、TBS 夜9時 『A LIFE 〜 愛しき人』

木村拓也、竹内結子、浅野忠信

 

 

火曜日、フジテレビ 夜9時『嘘の戦争』

タイトルからすると昼間再放送している

『銭の戦争』からの続編らしい。

復讐劇。

草 剛の、逆境にある主人公を演じる時の表情に凄味がある。

 

 

火曜日、TBS『カルテット』

松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、もたいまさこ

映画の『何者』のように屈折した意識系の会話。

エンディングの映像や音楽もいい。

 

木曜日、テレビ朝日夜9時『就活家族』

 

 

金曜日、TBS 夜9時『下剋上受験』

阿倍サダヲ、深田恭子

 

あと、いつの間にか始まっていて、見損なっているのもある。

(例えば、日テレ『東京タラレバ娘』とか。明日視てみよう。)

偶然視て、続けて視るのもあれば、そのまま忘れているのもある。

風間 祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 00:04 * comments(0) * trackbacks(0)

そしてトランプのカードのように入れ替わり負が正になる時もあるこの世は運で

トランプ大統領の就任演説の前半は、良いものだった。

(後半には、問題が山積みされているが。)

少なくとも安倍さんのような嘘とまやかしの不正直さは無い。

 

世界の国から見れば、

アメリカこそが、グローバル化の波で世界中を席巻し、

世界中の企業から収奪し、富を蓄積していたのだけれど。

 

日本などは、これまで、

えんえんと跪き、

郵貯のお金を差出し、

JAのお金を差出し、

年金資金も差出し、

医療分野も虎視眈々と狙われ、

この上、何を奪われるのかと、

戦々恐々とするばかりだった。

 

まだこの先も、

異常に高額な戦闘機など買わされ、

基地費用も増額され、

スッカラカンになるまで搾り取られるのではないかと。

 

トランプさんの言うアメリカのラストベルトのように、

日本もまた、安い労働力を求めて

海外移転した工場による国内の空洞化や

安価な製品や、知の集約のため整理、

配転された部門や人員の影響を受け、

地方は病み衰え、山村、僻地の限界集落化はやまず、

大都市郊外さえも空き家が問題となるほど、

税収不足と人口減が進み、

各都市共に、その処方箋が見い出せずにいる。

富み栄えるのは、超巨大都市の中心地区だけ。

 

トランプさんが写し出すアメリカの姿と、日本の姿。

貧しい光景は、どこも似ている。

労働者は、働いても成果を得られず、

労働組合は抵抗の連帯さえ出来ず、

成果を独り占めする資本家の要求に従うしかない。

みんなお金のために身を売って生きている社会。

 

「権力をワシントンから国民に移す」

と言っているトランプ大統領。

一握りのエスタブリッシュメントから、富を奪い返し、

一般国民に還元するとも言っている。

 

これは、日本の政治家にこそ言ってほしかった。

労働の成果を共に分かちあえる社会を求めたいのは、

どこの国民も同じ。

 

どこの国でも格差は開き、

国民は、主権者とは名ばかりで、

現代の王侯貴族とも言うべき、一握りの富裕者のために、

奴隷のように働かされる存在。

 

貧しく、置き去りにされ、忘れられているのは、

ラストベルトの労働者だけではなく、

日本の国民も同じ。

 

 

しかし、そのためトランプ大統領が書いた処方箋の要は、

自国第一なので、違和が始まる。

アメリカの労働者も、日本の労働者も

共に豊かになる道はないものだろうか。

 

 

アメリカが、なりふり構わず自国第一主義を

押し通そうとすることは、

プライドと自信を失くしたことの表れであり、

抜きん出ているがゆえに、

ノブレスオブリージュを保って来たはずの国が、

背に腹はかえられないと、義務的には、普通の国になること。

 

結果的に、アメリカの富も力も削ぎ落されることになる。

アメリカが、世界中の富の中心地の座に長く居られらたのは、

世界中に開かれ、世界中から、人や物が集まっていたから。

 

 

それを自ら失くそうというのだ。

理由としては、移民やグローバル企業が、

アメリカの労働者の雇用を奪い利益を

奪っているというのだろうけど。

果たしてそうなのだろうか。

 

先進的努力を世界が増した結果、

ラストベルト地帯が生まれ、

後進国の抬頭が、アメリカの競合相手を増やし、

徐々に没落する巨大帝国になったということか。

嘗ては若かったアメリカが、それなりに老い、

先端的技術開発力も衰え、

需要と供給で構造変化が起きているということでもあるだろう。

 

 

反撥を感じる国を相手に自国の方針を強行すれば、

最後は核のボタンを意識する展開にもなって行く。

風間 祥  * 『日記』 * 12:20 * comments(0) * trackbacks(0)

「有識者会議」なる私的諮問機関を廃するべきでは?必要であると言うなら根拠と資格と正当理由を

安倍さんの意見や意志を実現するために被った偽りの衣。

そんなものは要らない。

 

自分の意見に添う人を寄せ集めただけの

十数人の学者だか評論家だか

の公正な識見や資格を問うこともなく、

よく有識者会議などと、尤もらしい名をつけて、

審議らしいものをやってみせて、

「論点整理発表」など出来るものだ。

 

そしてその結果を以って国家的決定に

運んで行こうとするものだ。

国民の目を欺く悪質な欺瞞。

 

そのタイトルからして、

「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」だなんて、

巧妙に問題をすり替えて。

 

もしも、これが国語の問題だったら、

論点からして間違えているのだから、

零点に決まっている。

それもわざとといういつものやり方で。

 

暴力的なまでに恣意的な捻じ曲げをする

このような諮問会議に何の価値がある。

殆ど事件ではないかと思う。

 

「有識者会議」の資格を問うてほしい。

安倍さんが、自分の私的な野望実現のため利用している

安倍内閣の私的諮問機関「有識者会議」など、

廃止してほしい。

 

 

風間 祥  * 『日記』 * 10:16 * comments(0) * trackbacks(0)

狡いね。教育の無償化を人質に憲法改正を問う安倍政権。

給付型の奨学金も、教育の無償化も、

今すぐやればいいのに、

憲法改正とセットにする狡さ。

 

教育費の高さにはみんな悩んでいるのだから、

それは、みんな望んでいることだから。

そういう狡い方法を取る、維新と安倍自民党。

 

 

風間 祥  * 『日記』 * 21:54 * comments(0) * trackbacks(0)

安倍さんの明治回帰を許してはいけない それは民主主義の崩壊を意味する

しかし、どのようにして。

メディアが、完全に安倍政権の術中に嵌ってしまっているのに。

 

オバマ演説にあったメディアの力は、

日本には望めない。

メディアは、政権の前に這いつくばり、

御用マスコミと化している。

 

一人一人のリテラシーに期待できるかというと、

どんなに安倍政権が失敗をしても、

言葉巧みに言い逃れをされると、

そのまま信じて許してしまう。

 

来年は明治になって150年だそうだ。

稲田防衛大臣などは、「明治の日」を設けようなどと言っている。

明治時代を偉大な天皇が率いる偉大な時代だなどと言って、

大日本帝国時代を理想とするような、

明治回帰を企図する安倍政権。

 

美しい国を作るためだか何だか知らないが、

政府は『家庭教育支援法案』なるものを提出しようとしている。

なぜか、こうした法案を提出したがるようになると、

政権は末期に近づく。

 

総理の任期を延ばし、最長の安定政権を目指す安倍さん。

「私の世代」で何でもやりたがる安倍さんの、

盤石に見える政権ではあるが、

こんな法案を作りたがるようでは、

思うほど、長くないのかもしれない。

風間 祥  * 『日記』 * 22:50 * comments(0) * trackbacks(0)

原子力産業の破綻 まるでその見本のように東芝が転落して行く

それなのに、まだ原子力規制委に、

安全性を認めさせ、老朽原発までも、再稼働を容認させる政府とは、

いったいどこまで愚かで犯罪的な政府なんだろう。

 

国民は、こんな政府を、なぜ裁判で訴えないのだろう。

過去に支払わされた原子力事故や、もんじゅの破綻や、

もんじゅの代わりと、今後も高速増殖炉を開発する費用や、

全国の原発を維持する費用や、使用済み燃料を保管し処理する費用や、

それら全てについて、国民が蒙る被害は甚大だ。

それを今後も拡大して行こうというのだから。

プルトニウムを核兵器のために温存しようとするにしても、

防衛どころか、自壊している。

 

財政の窮迫を言って、社会保障予算を削減しようとしながら、

なぜ解り切った無駄遣いをするのだ。

 

未来に予測される危険についての保険もなく、

賠償責任も明確にせず、再稼働を許可するなら、

費用負坦的にも、医学的にも、財源の根拠を付記した上で、

苛酷事故があった時には、それらの推進、許可に関わった者は、

その全責任を取り、個人的にも刑事責任も負うと、

明記、押印してもらいたい。

 

勿論、責任の取れる規模ではないのであり、

それならば、許可するのは、無法というもので、

一切は認められないことなのだ。

 

それは、国民の財産、健康を守るべき立場を忘れ、

その侵害に邁進する犯罪行為であり、

ただちに訴えられて然るべきものなのだ。

 

このことを無視して、

東芝に万倍する国家的損失を引き出した場合には、

いかにスケール的に責任が取れないものであっても、

刑事責任を負わせ、その責任を取らせるべきだ。

予測可能な損失なのだから。

それに背いて、無理矢理推進しているのだから。

責任の取りようもないほど、

恐ろしい罪を無責任に引き受けたのだから。

 

風間 祥  * 『日記』 * 12:19 * comments(0) * trackbacks(0)

支持率。トランプ政権の支持率が低いのなら別にいいじゃない。高いなら恐ろしいけど。

くだらない政権が支持率が高い例もある。

全体主義になればなるほど。

 

冷静な国民が居る限りは、

その国は大丈夫そう。

 

リーダーの危険は危険でチェックしなければならないけど。

なんたって、超大国アメリカのトップは、

世界を破滅させる核ボタンを渡されるのだから。

 

でも、それはそれとして、

何と言っても、メディアと国民というチェック機能が

破壊されてしまった国よりはマシだ。

 

支持率なんてものは、全くあてにならない。

そのことを、安倍政権で知らされている。

 

風間 祥  * 『日記』 * 01:02 * comments(0) * trackbacks(0)

天皇が生前退位を望まれたのをいいことに内閣の都合で引き摺り回そうとしている

なんという悪意に満ちた政権だろう。

 

天皇自ら譲位を希望されたのを逆手に取って、

安倍政権と真逆のような考えの天皇の追い出し作戦にかかっている。

安倍政権の都合のいいように、譲位のことを運ぼうとしている。

天皇の思いも無視し、発言を抑え、手足を縛りながら。

そのため、宮内庁へ異例の人事を発動して、

元警察庁高官だった人を送り込み、

日本会議系の怪しげな有識者なるものに、

怪しげな結論を出させて。

 

国民の総意に基づくはずの天皇の地位が、

僅か十数人の意見を聴取して、云々すること自体、

憲法違反ではないのだろうか。

 

安倍内閣のやっていることは、

何から何まで、憲法違反の性格を帯びている。

憲法改悪を企むわけだ。

 

風間 祥  * 『日記』 * 20:15 * comments(2) * trackbacks(0)

仲代達矢さんのブログに神山繁さんのこと いい俳優さんだったね

「仲代達矢84歳、ツイッターはじめました。」と闊達な字@毛筆で。

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

神山繁さん。

「葬式無用、戒名不要」も神山さんらしい。

あの頃の文学座の俳優さん、みんな良い俳優さんだった。

その後、岸田今日子さんや仲谷昇さん、高橋昌也さん、小池朝雄さんたちと、

円へ移ったり、映画やテレビで活躍したり、

悪役をやっても、知的でダンディで、素敵だったな。

風間 祥  * 『日記』 * 23:30 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ