こんな判決を下したのは木澤克之氏 元加計学園監事にして安倍首相が最高裁判事に任命した人

被爆体験者 1人除き敗訴確定

12/18(月) 12:18 掲載

長崎被爆体験者の敗訴確定=1人除き上告棄却―最高裁

 長崎で原爆に遭いながら、国の指定地域外だったため被爆者と認められない「被爆体験者」388人が、

国などに被爆者手帳の交付を求めた集団訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は18日、

原告のうち387人の上告を棄却した。(時事通信)

裁判所トップページ

最高裁判所

最高裁判所の裁判官(木澤克之)

(昭和26年8月27日生)

略歴 昭和49年 立教大学法学部卒業

昭和50年 司法修習生

昭和52年 弁護士登録(東京弁護士会)

(中略)

平成25年 学校法人加計学園監事

平成28年7月19日 最高裁判所判事

祥  * 『時事』 * 13:04 * comments(0) * trackbacks(0)

うそつきのうそを許している社会 寛容なのか狡猾なのか

国のトップが、稀代の大うそつきならば、

自分がうそをつくことも、

また許されるという思いだろうか。

でも、安倍さんのうそは、

「清濁併せのむ」とか、

「清い水には魚住まず」、

というレベルを越えている。

安倍在るところ疑惑在り、

いったい幾つの疑惑事件が

安倍さんと共にあるだろう。

それでも、政権に傷がつくことはなく、

関係者は逮捕されても、

安倍さんは安泰。

未だ隆々と根瘤を盛り上げ葉を繁らせているという不思議続行中。

誰が猫の首に鈴をつけられるか。

各方面の方々、がんばってください。

国民の仕事は、

忘れないこと。

旧悪と言えど、新悪と言えど、

忘れないこと。

いつかその日を待っている。

いつになるかはわからないけれども。

 

安倍さんのような人が逃げ切るなら、

この世に正も邪もないというもの。

検察も裁判所も抑えて、

一人天下が続くというなら、

三権分立も揺らぎ、

国家の根幹が揺らぐというもの。

何より、そんなことを許しておく国民の質が問われる。

それでいいのだろうか。ということだと思う。

 

 

祥  * 『時事』 * 12:15 * comments(0) * trackbacks(0)

ようやく支持率に変化あり それでもまだまだ高すぎる 民意を反映し伝えてほしい。

選挙が終わったと思ったら、

傍若無人ぶりを発揮して、やりたい放題。

選挙用の仮面を外して、悪魔の正体をちらつかせる。

増税ラッシュと、社会保障切り。

この時とばかり、闇雲に新税まで押し付ける。

教育費無償化も、中味の薄さに呆れる。

 

森友のごみ問題も、うそが明らかになり、

にもかかわらず、謝りもせず、逃げ切りを図る。

そんな首相が、支持されている方がおかしいのだ。

 

実体に即したら、2割も無いのが当然。

これからの検察次第では、

安倍さんは窮地に追い詰められる。

検察の本気度次第でしかないが。

命がけでやってくれればいいのに。

民主主義の墓場にしないために。

 

安倍さんの退場以外に、

日本が安寧に向かう道はない。

安倍さんがいる限り、

モラルは地に堕ち、

常時戦争状態が望まれ、

富裕者のための政治が行われ、

庶民、弱者は、虐げられる。

 

いい加減、安倍政治にノーと言わなければ、

日本人全員が、世界中から軽蔑される。

日本人は何を考えているのだと。

 

来年、国会が始まったら、

国会議員も頑張ってほしい。

 

伊藤詩織さんの事件の官邸関与に関しても、

引き続き追及してほしい。

スパコン疑惑も、リニア新幹線疑惑も、

逃げ切りを許さないでほしい。

 

マスコミも、朝から晩まで同じような芸能スキャンダルはいいから、

しっかり政治の腐敗にメスを入れてもらいたい。

NHKは、特に権力者の意向に左右されすぎ。

ちゃんと報道してほしい。

でないと、地上波をもう視ないよ。

祥  * 『時事』 * 22:27 * comments(0) * trackbacks(0)

安倍さんの会食 加計・葛西氏、メディア各社幹部・解説者、及び松本人志他芸能人。

首相動静によると、

14日、上京した翁長知事には会わなくても、

すぐその翌日15日、芸能人には会うのね。

 

先日は、ユーミンの舞台を観劇とか。

ユーミンも、荒井由実時代の「ひこうき雲」の感じは、

もう完全に失くしたのかな。

 

安倍さんの会食は、

お断りしますと、

少なくともマスコミ各社は断ればいいのに。

御贔屓の記者や解説員の中から疑惑の人も出て来るわけだし。

「国民に痛みを」なんて言う経済界のお偉方と会食して、

さらなる痛みを押し付けようとしているだけなのだから。

その協力をマスコミにも、というだけなのだから。

 

官房機密費は、使途自由で、

14億円もあり、公開、報告の義務もなく、

と、至れり尽くせりだから、

美味しい料理が出るほどに、

マスコミ追及の矢も鈍くなる。

 

私費でもてなしていたり、

各自持ちということもあるかもしれないが、

公費は使われていないかもしれないが、

それを調べることも出来ないのかも。

 

 

官房機密費なるもの。

情報公開法に照らしても、

憲法に照らしても、

異例の扱いにしか見えない。

何に使ってもいいと、

官房長官一人の考えにまかせられているなんて、

それにしては、桁が大きすぎるでしょ。

官房機密費、

主に内閣情報局が使い、

マスコミ対策にも使われるということだとすると、

政府のマスコミ懐柔策に使われることが起こるのではないだろうか。

すべて公然と、[秘密]で済むのだから。

祥  * 『時事』 * 16:38 * comments(0) * trackbacks(0)

しかしこの事件、良い事と不正が混在していて 業績は素晴らしいのなら寧ろもっと正当に助成しても良いわけであり

なぜ、不正な悪事に手を染めなければならなかったのだろう。

 

悪質性が顕著で脱税も付随し、

コネを使って、不正に助成金を詐取し、

使用目的を逸脱した用途に、

助成金を不正使用したのだろうか。

単なる欲望のため。

それならば、もちろん許されないこと。

 

そうではなく、

正しい手段で助成金を取得したのなら、

そして、発足後、間もない会社が、

世界的業績を上げるなら、

もっと積極的に助成でも融資でもしていいと思う。

 

ノーベル賞の山中伸弥教授のIPS細胞の研究にしろ、

資金不足が言われているし、

日本は、開発助成費に関して、ケチすぎるのが、

背景にあるのかしら。

 

芸術文化、研究事業、医薬、医療の進歩のためには、

いくら投資してもいいと思う。

日本は、世界に遅れをとっている。

だから、

素晴らしい業績を上げるなら、

100億でも1000億でも惜しくはないだろう。

悪事を働かなくてもいいように、

政府は公平に積極的に支援すればいいのだ。

情実や縁故によらず。

正しい方法で。

 

ジャーナリストの家賃や、社交費に消えるのは別。

そういう、イカガワシサがあるから、

この事件は、まだよく解らない。

純粋に使途が研究に限られているなら、

どんどん低価格で先進領域に踏み越えて行けるなら、

それは推進も助成もしていいこと。

 

無駄なのは、高値、言い値で買わされるミサイルや戦闘機なのであって、

科学の研究開発費は、どのような経緯で、何に使ったかということで、

善悪も判断されること。

情報公開が求められる。

 

 

祥  * 『時事』 * 13:42 * comments(0) * trackbacks(0)

知りたくないことは知らないで済ませる それが日本人の流儀で生き方

良いことだけ知りたい。

嫌なことは知りたくない。

それだけなんだろうけど、

国内だけなら、

それで通るよね。

島国だったから。

でも、海岸線の長い、

守るに適さない島の向こうには、

広大なユーラシア大陸があり、

海洋を隔てた向こうには、

肌の色も目の色も、

考え方も異にした

沢山の国があり、

沢山の人が住んでいる。

結果も責任も生じる。

あらゆることに。

祥  * 『時事』 * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0)

NHKのお蔵入りになった『プロフェッショナル−仕事の流儀』を視たいな。

確か、放送直前で中止になった番組。

スパコン疑惑の渦中の人物。

どんな内容だったのか興味がある。

 

破棄処分にしないでね。

 

祥  * 『時事』 * 12:26 * comments(0) * trackbacks(0)

書いた記事が何度書いても落ちてしまって、随分と纏まって落ち記事が溜まって。

何度も落とされるけど、

何度もアップし直しているとアップできるのもあれば、

なぜか、知らないうちにまた落ちているのもある。

拾い上げて入れるには、面倒なほど時間が経っていたりもする。

どうしてこうなっちゃうのかな。

ただアップするだけに苦労するって。

祥  * 『時事』 * 11:27 * comments(0) * trackbacks(0)

個人を締め付け、企業を甘やかし、財政収支は改善されず。

細々と暮らす庶民を締め付け、少ない収入から搾り上げられるだけ搾り上げ、

企業は、条件を満たせは法人税20%に下げ、

お医者さんにも優遇税制。

また、中小企業の後継者対策として、相続資産に優遇措置。

 

サラリーマンのような、ガラス張りで取りやすいところから取る方針は

一貫している。

 

社会保険料も上がっているから、

弱者、もの言えぬ層から取り、

強者、圧力団体を優遇。

 

 

選挙が終われば、やりたい放題。

それでも黙っている庶民。

強い側に属しているとでも、思っているのだろうか。

 

一つの「擬態」だろうか。

権力が好きで、

強い者に憧れるのだろうか。

弱者ほど、

権力に味方するという。

その手先になって動くのも、

煽る手伝いをするのも、

弱者自身だという。

 

より下をより下をと階層を形成させて行くことで、

中間弱者の目も耳も機能させなくする。

まだ、ましと思わせる。

虐めの反復連鎖にもなる。

戦う相手が違って来る。

弱者同士、戦わせ、分裂させ、

濡れ手に粟のような利を得る権力。

支配の完成。

 

痛めつけられても、

痛めつけられても、

なぜか、大人しく従属し、

支持率にさえ反映させない感覚とは、何なんだろう。

一向に解らない。

 

不思議の国の

不思議な国民。

祥  * 『時事』 * 09:49 * comments(0) * trackbacks(0)

スパコン疑惑と省庁・官邸をつないだだろう齋藤=山口敬之ラインを追及しないと。

助成・融資、スパコン関連会社へ100億円超 詐欺事件

12/17(日) 7:15配信

朝日新聞デジタル

 国の助成金をだまし取ったとして東京地検特捜部に詐欺容疑で逮捕されたスーパーコンピューター開発会社社長斉藤元章容疑者(49)の関連会社に、助成金や優遇融資名目で認められた公的資金が100億円を超えることがわかった。特捜部は容疑の助成金以外に不正がないか調べるとともに、会社の創業直後から巨額の公的資金が流れ続けた経緯について解明を進めている。

 特捜部は、斉藤容疑者が経営する「PEZY Computing(ペジーコンピューティング)」が経済産業省所管の国立研究開発法人「新エネルギー・産業技術総合開発機構」(NEDO)から2013年度に助成金約4億3千万円をだまし取ったとして逮捕した。

 関係者によると、グループ会社への外注費を水増ししていた。斉藤容疑者は容疑を認め、「別事業の開発に回し、私腹を肥やすためではなかった」と供述。ただ実際には、一部は私的に使ったとみられ、助成金などの使途は社内ではほぼ独断で決めていたという。

朝日新聞社

 

なぜに、家賃130万円を、齋藤氏が負担して山口敬之氏を、

レジデンス東急の一室に住まわせていたのか。

しかも、齋藤氏が作った別の新しい会社の本部を、

山口敬之氏の実家の母親の所有する敷地に置いたのか。

様々な異例や、様々な疑惑がある。

 

並々ならぬ、濃い相互利益関係があるだろうことが窺え、

この異常な優遇と疑惑の根本は何か、

彼らの関係は、何を目的とし、何を以て、

その目的が果たされることになっていたのか。

その関係がつないでいたものは、

どこへ行こうとしていたのか。

 

その目的を、つまりは、助成金や、

政府の諮問委員になることでの 政権とのパイプの発生や、

様々な利益誘因を。

 

100億円の助成を、齋藤氏が得たということは、

100億円の助成を、不当に、政府が与えたということ。

徹底的な解明を必要とする。

100億円以上の可能性だってあるから。

この疑惑は、本当に大きな問題を抱えている。

 

政権への近さが、助成金の不当な分配や、

企業側からすれば、利益に直結する結果を生んでいる。

ということに於いて。

 

国会で、福島瑞穂氏が、総理と山口敬之氏の関係を質し、

また、政府が山口敬之氏の伊藤詩織さんの事件に関して、

その逮捕の執行停止と揉み消しに関与したのではないかと、

希望の党の柚木道義議員の質問があったこと。

その審議が、20分も中断され、速記録からも、

削除される可能性もあったこと。

そのことも、根本の部分で、人脈に於いて、

また権力の関与の在り方において、深く関係している。

 

官邸、内閣情報局、各省庁、官僚、

それらが、国民の目線から隠れたところで、

何をしているのか。

税の恣意的な濫用をしているのではないか。

それは、行政の歪みであり、

権力の乱用ではないのか。

 

検察は、ロッキードや、リクルート事件の時のように、

本気になって、権力の中枢を攻めてほしい。

安倍さんにも、麻生さんにも近いとされる齋藤氏の

スパコン助成金詐取を突破口に、

リニア新幹線疑惑にも、本気で迫ってほしい。

さらに桁がスケールアップして、

30兆円と言われるリニアの闇。

 

途中で、圧力で潰されないよう、

強い意志で攻め込んでほしい。

それが、公たるものの使命なのだから。

 

でも、何が暴かれても、

国民の方が、まぁ、いいじゃないかと、

不正摘発の気はないとしたら、

検察の捜査も無駄になる。

安倍総理や政権は、既に潰しにかかっているのだろうから。

自身の逮捕でもない限り、ありとあらゆる手を使って、

逃げ切るだけなのだ。

 

安倍さんの今年の漢字は、挑戦の「挑」なのだそうだ。

逃亡の「逃」ではないかと思うけれど。

 

 

祥  * 『時事』 * 09:36 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ