戦争に巻き込もうとする安倍政権に 国民は命を託すのだろうか

こんなにも戦争を煽り、

こんなにもやすやすと軍事作戦もやむなしとする政権に、

大事な命を託して、悔いないのだろうか。

 

戦争が、想像でしかないならともかく、

焦土と化したこともあり、

310万人の同胞と、

それに数十倍する他国の犠牲者を出した日本人が、

なぜ、また戦争を紛争解決の手段として取り入れ、

どこかの国を壊滅させることも辞さないという大国の指導者の言に

同調するのか。

 

安易に考えているのだろう。

「壊滅」するのが、どこの国であろうと、

選んでいい結論とは、なりえない。

 

その時、日本は、どうなっている想定なのだろう。

トランプ大統領の言う「壊滅が」、

何を意味するか解っていて、

それでもいいとするのだろうか。

 

アメリカの国民も、

日本の国民も。

絶対に選択肢としてはならないはずであり、

我が身にも、深く災禍は及ぶと思わなければならないはずだ。

 

万が一にでも、

意図的にしろ、偶発的にしろ、

核戦争は、絶対に避けなければならないし、

稼働中原発を含めた、

原発50基を抱える日本は、

悪くすると絶滅する可能性が、

世界中で一番高い国でもあるはずだ。

 

全て条件が揃っている。

長い海岸線に囲まれた逃げ場のない島国。

余りあるプルトニウム。

朝鮮半島以上に、危険度が高い。

 

よくも恐ろしくもなく、

戦争を煽れるものだ。

あの傲慢で愚かなばかりの安倍晋三総理大臣は。

 

そんな愚かしい総理大臣が、

自己保身のために打って出た総選挙で、

国民が、煽られた雰囲気に乗って、

判断力を失くし、

自民党を、思惑通り勝利させれば、

戦争好きの総理に従って行くことになる。

 

行きたければ行くしかないけれど、

その時は、騙されたなどと言わないことだ。

好きで、選んだのだろうから。

 

 

 

 

祥  * 『時事』 * 00:17 * comments(0) * trackbacks(0)

安倍様の安倍様による安倍様のための解散 全てのうそがバレるその前に

特捜の捜査がだいぶ進んでいるようだ。

財務省のデータ破棄も、そのためにストップを掛けざるを得なくなったんじゃないかしら。

財務省が、そうするしかないほど、特捜が真実に迫りつつある。

そんな感じがする。

楽観的かもしれないけれど。

 

国民の賢明さが試される選挙になる。

もし、安倍さんのうそに騙されるような国民なら、

何をかいわんやと、いうことであり、

安倍自民党に大勝利をもたらすようなら、

国民が、愚かであるということで、

権力のうそを認めることを選んだのであり、

以後、抵抗は叶わぬこととあきらめるほかない。

 

安倍さんの二枚舌を許さない国民であってほしい。

でなければ、社会の正邪を問ことができなくなる。

 

祥  * 『時事』 * 20:15 * comments(0) * trackbacks(0)

難民として逃れて来たら射殺する?そんな国ってどこかにあった?

仮定の問題としても、麻生さん、酷すぎるでしょ。

 

第二次大戦の時でも、

スイス国境や、

中国や朝鮮半島で、

亡命しようとする人や、

逃げ帰って来る日本人が、

国が命じたり、許可して、

射殺されたかしら。

 

(寧ろ、日本が敗けた時なんて、中国の人が、

残留孤児を育ててくれていたりするんだよね。)

 

 

シリアの難民が、

ヨーロッパへ逃げて、

射殺されているかしら。

 

3.11のような時、

もし、列島が住めなくなっていたら、

日本人が大陸へ逃げていたら、

射殺されたかしら。

 

日本の政治家って、

こんな考え方なの?

 

 

だいたい、

難民として、逃れる運命になるのは、

日本人かもしれないんだよ。

射殺される側になって考えたことはないのかしら。

 

麻生さんは、

真っ先に標的になっても、

こんなことを言うのかな?

マフィアのようなのは、

帽子だけかと思ったら、

こんな発想をしている財務大臣がいるなんて。

祥  * 『時事』 * 15:44 * comments(0) * trackbacks(0)

そもそも原発が無ければ原発事故は起きていない。国に責任無しの判決はおかしい。

原発がなければ、原発事故は起きない。
原発を推進し建設したのは国家。
国に賠償責任はない、とはどういうことか。

 

 

津波に特定されているのかもしれないが、

訴訟の原因になっている福島の原発。

事故が予見できたとしながら、

対策を行っても、

事故を回避できなかった可能性があるとしての、

国に賠償責任はない、との判決。

 

事故を回避できたかもしれない可能性には言及せず、

回避できなかった可能性のみを判決理由とするこの判決。

私はおかしいと思う。

 

原告は抗告すべきだし、

国家は、

賠償責任を積極的に取る姿勢を選択するべきだ。

 

判決もまた、現在の制度では、

裁判官も、国家の意志を忖度するものだろうから。

あってはならないことだけど、

原発再稼働に傾く政府であり、

最高裁の判事の任命権も持つ政府、

三権分立も危うい。

 

国家が選択した政策によって出来た原発。

その結果責任を回避しながら、

再稼働をしようという姿勢では、

この先も、住民が犠牲を強いられるということになる。

それを、司法も認めるということに。

祥  * 『時事』 * 10:51 * comments(0) * trackbacks(0)

「対話ではない圧力なのです」野党に対しても国民に対しても。

安倍さんの手法の乱暴さについては、

枚挙にいとまがないが、

河野洋平元衆院議長も苦言を呈し、

石破茂氏も、全面賛成ではないとしているようだが、

すべて強硬突破が、

安倍さんの、これまでの手法であり、

これからの方針であるのだろう。

 

片山虎之助議員の言うように、

「大義は後からついて来る」

勝ってなんぼの世界ということなのだろう。

 

国民が、どれくらい忘れっぽく、

どれくらいモラルを問わず、

どれくらい世界情勢への判断力を欠くか、

試しているつもりなのだろうか。

祥  * 『時事』 * 11:10 * comments(0) * trackbacks(0)

制裁を加えられるのは私たち 話し合いではなく圧力をと制裁される

そのようにして、

原発再稼働も、

安保法制も、

共謀罪も、

解散権行使も、

何でもありというわけで、

改憲も。

戦争さえ選択肢に加える。

祥  * 『時事』 * 01:40 * comments(0) * trackbacks(0)

生きたい人生なんてなかった私には。 働きたくもなかったし オブローモフと同じだと思っていた

一生遊んでいたかった。

 

今では、考え方が変わった。

働けばよかったと思う。

 

でも、適職がないことも、

何もしたいことがないことも確かだ。

結局、もう一度人生があったとしても、

やり直せたとしても、

今度は、働くかもしれないけれど、

多分、働くだろうけど、

望んででないことは同じだから、

どの道、全うできたかどうかはわからない。

 

やりたいことがないのは同じだし、

職業として、出来るだろうと思えることも、

まして一生続けたいとか、

やって悔いないとか、

皆無だと思うし。

 

ただもう、お金のために働くという意味でしかないだろうな。

好きでもないことでも、生きるために受け入れるだろうという意味でしか。

 

なんて情けない。

好きな仕事がないって。

中には、

一生続けてもいいような仕事に巡り会えた人も、

いるんだろうな。

 

「就活応援」なんて言葉、

街のあちこちで見かけるね。

洋服屋さんでも、電機屋さんでも、

タクシーに乗っても。

 

22歳で就職したとして、

43年で、65歳。

長いね。

近頃みたいに、70歳まで働け、

いや75歳まで、なんていうと、53年。

それでも死ねなくて、さらに20年、生きるという最後の労働。

大変だ。

 

 

 

祥  * 『日記』 * 00:15 * comments(2) * trackbacks(0)

まずアメリカの非核化をロシアや中国ももちろん

(なんて言っても、無駄なことは解っているけど。

理屈に過ぎないことも。

でも、やっぱり変なことだし。)

 

 

 

そのための核兵器禁止条約だったのに、

日本政府は、反対した。

 

で、大国の保有核数から言ったら、

取るに足らない弱小国の核を問題にする。

 

具体的で有効な核軍縮を

厳しく迫らなければならない相手が違っている。

 

私は、アメリカの核の傘も、

返上すべきだと思っている。

 

核の傘を差していても、

差していなくても、

危険性は変わらないもの。

 

抑止だか、

挑発だか、

わからないもの。

 

 

祥  * 『時事』 * 15:03 * comments(0) * trackbacks(0)

こんな言葉に軽くも騙される国民か 社会保障にいつあてられたことがある

消費増税分、配分見直し 首相、争点化狙う

 安倍晋三首相は次期衆院選で、2019年10月の消費税率10%への引き上げを前提に、増税分の使途を「国の借金返済」から、幼児教育無償化など「社会保障の充実」にシフトすることを訴える方針だ。「解散に大義名分がない」という批判をかわす狙いがあるが、経済政策「アベノミクス」が税収増に結び付かなければ、財政健全化目標との整合性が問われる。

 複数の自民党幹部らによると、首相は人への投資を強化する「人づくり革命」を進めるため、社会保障制度の…

 

 

 

何が「人づくり革命」

頂点に立っている人が見本かしら。人づくりの。

 

とんでもないうそつきを量産しようと言うの?

それとも、さらなる奴隷化を促進しようと言うの?

物言えぬ奴隷を。

 

政府の言いなりに、黙って黙々と働いて、

黙々と税を納め、黙々と死んで行く。

便利な労働者。

 

配分を変え、全世代型にするといって、

年寄から年金を取り上げ、若い人にも手渡さず、

迎撃ミサイルを買ったり、防空壕でも掘ろうというの?

挙句の果ては、

遣っちゃった。失くなっちゃった。

アメリカの軍需産業に投資してあるから、

中古のミサイルでも現物でもらってください、

とでもいうことになるのかもしれない。

 

いよいよ、借金を返すのも止めたらしいから。

次には、年金は払う余裕がないと言い出すのだろう。

さんざん集めた上に、返せない払えない、

老後の生活は、国に頼よらず自助努力を。

 

 

日本が攻められると煽って、

国民が熱くなればなるほど、喜ぶ人たち。

軍需産業は国民を喰って生きる怪物。

 

安倍さんは、ニューヨークタイムズ紙に寄稿したそうだ。

圧力強化をと。

 

でも、安倍さんの圧力強化って、

具体的には、何を指しているのだろう。

それが有効だというなら、

具体的に明示すればいい。

何ゆえに、どれだけ、どのようにして、

どんな圧力をかけるのか。

その見通しも。

祥  * 『時事』 * 03:15 * comments(0) * trackbacks(0)

前原さんは自民党に入ったらいいのに 保守より保守と思える発言

民進・前原代表「憲法改正、マニフェストに盛り込む」

 私は「安倍政権のもとで憲法改正の議論はしない」というスタンスには立たない。しっかりと憲法改正の議論をしていきたいと思っている。我が党が考える憲法改正の大事な条項、あるいは必要な中身について、早急に党内議論を進め、そして(衆院選の)マニフェストの中にも、そういった考え方を盛り込ませていきたいと考えている。

 党の憲法調査会は代表直属のものにしようと考えている。武正公一衆院議員に会長をお任せしようということで、ご本人にも了解を得ている。(東京都内で記者団に)

祥  * 『時事』 * 00:54 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ