【 #枝野国会に立つ1120 】 もちろん子どもの権利としては賛成だけど

全体に賛成。

教育の無償化に対する質問も、

ほぼ賛成。

 

ただ一点、解らないところがある。

中継を聞いただけだから、

誤解して、聞いた恐れはあるけれど、

子どもの側からみて、無償化は、どんな子どもにも、

平等、公平に行き渡るべきであるべきというのはわかるけど、

どんなに高収入な親にも、制限なし、負担無しで、無償化するのは、

どうなんだろう。

ただでも、高収入ほど、現在は累進的に高くなっている保育費を

一律に無償化するとすると、高所得世帯は、

無償化で浮いた分を、お稽古事や英才教育に、回すのではないかしら。

結果、教育の機会均等に反して、不公平が生まれるんじゃないかな。

 

 

祥  * 『時事』 * 16:31 * comments(0) * trackbacks(0)

「今の憲法も守っていないのに 憲法を守ってから言え!」そう、その通り。

枝野幸男>「『憲法改正』 今の憲法も守っていないのに 憲法を守ってから言え〜!」

と、そこだけ口調が変わる迫力。

 

そして「憲法改悪」と、「改正」ではなく、「改悪」と、

表現した。

それでこそ、正しい表現。

常に、「憲法改正」と、詐欺的表現を用いる自民党の、

なかんずく改憲にのめり込む安倍総理のマヤカシをただして

臨まなければ、言葉からして誤魔化される。

 

 

教育の無償化に関して、
所得制限のあるなしに関してだけ、
考え方が違うな。私は。
誤解して聞いているかもしれないけど。
祥  * 『時事』 * 14:17 * comments(0) * trackbacks(0)

今、国会中継中だけど、民放はみんな相撲の事件のことばかり

しかも、おかしな流れになっている。

隠蔽体質は、組織という組織、

会社から学校、スポーツ団体まで、

日本社会全体の闇のようで。

祥  * 『時事』 * 13:18 * comments(0) * trackbacks(0)

「安倍さんに代わる人はいない」と二階さん 悪政のほどでは確かに。

安倍総理の総裁3選支持を表明 自民・二階幹事長  

 

自民党の二階幹事長が、来年秋の自民党総裁選挙に向けて

安倍総理大臣の総裁3選を支持する考えを改めて表明しました。

自民党・二階幹事長:「安倍さんに代わる倍ぐらい立派なのがおればね。

国をよくしなきゃいけないんですから考えなきゃいけないけど、

今ちょっと安倍さんよりこれの方ができるなと思うのは、なかなかそんなにいない」
二階幹事長は、「安倍政権は国際的に高く評価されている。継続していくことが大事だ」と述べ、

3選支持の理由として外交の継続性を挙げました。

一方、野党については「野党が元気を取り戻して自民党と政権を競うまで、

もうちょっと時間が必要ではないか。

ここは少し黙って待ってあげるのがいい」と述べました。

 

 

「黙って待ってあげるのがいい。」

何という上から目線の言いよう。

 

この人が、次期総裁に関して、いつも最初に安倍支持を謳って方向付け、

あとは、みんなそれに付いて行くというケースが続いている。

 

 

祥  * 『時事』 * 08:26 * comments(0) * trackbacks(0)

日本はただ孤立化への道を行く 後方回転する安倍政権

ひたすら胡麻をすり、

べったりとトランプ大統領に張り付き、

蜜月をアピールしても、無駄な努力。

 

安倍政権の好きな、世界の現実とやらは、

寧ろ安倍外交の失敗を明らかにし、

各国メディアも揶揄し風刺し、

あからさまに笑い者にする番組もある。

 

イヴァンカさんのおもてなしの一環として、

差し出した57億円の効果も、露ほどでしかなく、

哀れな貢ぎ物外交の象徴でしかなかった。

 

ただヤッテル感のため、

あたふたと世界を駆け回る安倍総理。

出国するたびに厖大な税金をばら撒いて来る。

いい加減、首に縄をつけてつないでおいたらどうだろう。

名誉勲章でもぶら下げて。

祥  * 『時事』 * 11:16 * comments(0) * trackbacks(0)

貧すれば鈍する習い性となり全て受け容れ生きていく世か

誰もがそれなりに満足する時代って、

(内閣府調査によると74%)

それなりにあきらめて、

怒りよりも満足に傾き、

現状維持できるだけもいいと、

悲しいあきらめに達しながら、

明るい希望の同義語のように

一見、屈託なく生きているような時代だろうか。

 

もちろん、

このような時代に生きる人々自身、

貧しているとも、

まして、鈍しているなど、

欠片も思ってはいない。

そのように思うことを

寧ろ軽蔑する。

 

どのような時代であれ、

心の自由は別と信じているとも言え、

それは、中世無常哲学の変形した伝統かもしれないが。

 

適当に便利で、

それなりに十分豊かで、

十分満ち足りた気分で生きられるのだから、

なによりもここは美しい国日本なのだから、

このままでいいと。

 

怒りや、抵抗や、摩擦や、批判や、議論や、

そうしたこと、それ自体を嫌い、

仲よく温和に楽しく生きる。

 

だから、野党なんかも嫌い、

批判することも嫌う。

株価も上がり、就職率もよく、

現状、十分満足な暮らしを与えてくれている与党でいいじゃないかと、

儲かるなら武器でも何でも売ればいいじゃないかと、

国家の私物化など大したことじゃないと、

何事も賢く笑ってパスし、

外国に(武力)圧力を、というのも容認する。

だって、変われる政権ないでしょ、と、

だいたいは容認する。

 

そんな結果なんだろうか。

安倍内閣でも、選挙に大勝したのは。

普通考えられないからね。

今の安倍政権、安倍外交でいいなんて。

まるで、中味がごっそり抜け落ちた残骸のようになっている。

マグニチュード9の地震は、まだ続いているのかもしれない。

 

 

祥  * 『時事』 * 07:31 * comments(0) * trackbacks(0)

『NHKスペシャル』も加計疑惑を追いかけていないのかなぁ 『クローズアップ現代』はUPせずクローズしたままだけど。

設計図書も、積算見積もり書も、

加計問題に関する遂時時歴データも、

何も検証せず、どんな処置も取らず、

どんな時間ででも、放送することもなく、

このまま終わらせるという考えなんだろうか。

 

何でも、一応は追いかけて制作してはおくはずの

NHKだから、これだけの大問題を、

取材も資料作成もしていないわけないんだけどなぁ。

 

上層部の圧力もあり、忖度もあり、

放映できるかどうかはともかく。

 

もし、制作していなければ、あまりにも怠慢なわけだし。

みなさまのNHKの名が廃るというもの。

 

それとも、制作の段階から、

あべさまのNHKになっているのかしら。

 

731部隊や、インパール作戦に接近することは出来ても、

現在進行中の問題には触れられないのかな。

過去の検証になってからでは遅いということもあると思うんだけどね。

 

 

政治も駄目メディアも駄目じゃ、

ほんと絶望しかない。

扱ってはいけないものを扱うと、

ディレクターが飛ばさたり、

番組ごと終了させられたりするのかしら。

 

国谷裕子さんだって、菅長官の逆鱗に触れて

降板させられたくらいだものね。

 

 

祥  * 『時事』 * 15:47 * comments(0) * trackbacks(0)

それぞれのリスクがあるのに実質、独身税? 差別を生みたい税制かしら

子どもがいる世帯を優遇する。

かかりが多いだろうからと。

納得の理由かもしれないが、

あざといやり方に感じる。

そこで差をつけるかな。

いくら少子化対策が必要で、

子どもを増やしたいからって。

 

将来、子どもがいない人は、

他人が生んで育てた子どもの税金に依存するのだから、

前もって、いただきますよ、と、懲罰も前もって?

 

 

子どもの有る無しで税額が基本的に変わるって、

扶養控除で、以前は対処していたことを、

給与控除の段階で、問答無用で拡大する感じ。

 

独身だって、子どもがいなくたって、

親の高い介護費用を負担している人もいるよ。

税の徴収の度に、傷つく人がいるかもしれないし、

なぜ?って思う人もいるかもしれない。

子どもがいなかったり、独身でいるのが重い課税理由になるなら、

その他の個人的条件でも、課税されるようにならないかしら。

出国税は1000円だけれど、

将来、もっと高くなって、

既存税制を抜本的に変えるとか、

生活保護廃止、減額とか。

 

消費税税率も、社会保険税率も、

どんどん上がりそうな気配。

 

何たって国には1200兆円近い借金があり、

刻々と増えて行っているのだから、

まともに行けば、とても追いつかない。

国民を口先で誤魔化すのにも限界がある。


思いがけない税を取られることになることもあるかも。

死亡税、長生き税ほか、寝たきり税とか、

税とは呼ばない別の名前に変えるかもしれないが、

優生的身体条件や、

よくわからない理由によって。

 

はい、ガス室行き、とかされたように。

富裕なユダヤ商人の財産が狙われたように。

もう、殺してくれっていうのを待っているのかな。

 

紹介料無しの受診が5000円になり、

対象病院数も対象病床基準が減らされたから増えて、

患者の負担は、より多くなった。

指定医、指定薬局制も広がる。

すべてに差をつけ、条件を厳しくして利用数を減らしたいのはわかるが、

お金持ちと貧乏人、自由診療と保険対象とにも分かれ、

保険制度の崩壊に向かって行くことでもある。

それも時代の趨勢と言えば言えるかもしれないが、

ほんとに厳しいことではある。

 

産めよ増やせよ、そしてサッサと死ねよ、の現代版税制が始まるのかな。

 

この政府は、一旦、観測気球を上げて、

反対があると、取り下げたりするから、

(認可外保育園に通う場合無償化対象外としていたのを、

対象に含めることに方針転換したように。)

意思表示をすることが大事なように思う。

 

 

 

 

祥  * 『時事』 * 07:10 * comments(0) * trackbacks(0)

加計学園は欠け学園ではないのかな 建築費水増し疑惑について質疑をして下さいね

疑惑が指摘されている以上、

籠池氏の補助金疑惑を厳しく調べているのなら、

加計学園は、その補助金のスケールから言っても、

桁違いの莫大なものであり、

その学術教育内容のチェックだけにとどまらず、

建築費の妥当性についてもチェックが必要。

 

何しろ、設計会社も、建築会社も、

加計学園の関連企業で、

建築費の水増しが、最も疑われるのだから。

 

既に、坪単価があまりにも高いと言われているのであり、

第三者機関で調査し、補助金や、

毎年注ぎ込まれることになる助成金の

正しい根拠たりうるか、

調べるのは当然のこと。

 

図面や積算根拠を公開して、

公の税金を注ぐ根拠を見出せるかどうか、

国会でも質疑するべきであって、

認可されたからと、

強行な見切り発車をしていいものではない。

 

認可と、国会質疑の順序が違う、

今更遅い、もう後戻り出来ないと、

政府は言うかもしれないが、

そうしたのは、安倍総理その人。

 

猿芝居のように頭を下げ、殊勝な面持ちで、

丁寧に答えると言っておきながら、

ひたすら国会を開くのをひきのばし、

挙句の果てに冒頭解散し、

「国難」を煽って大勝しては、

傲慢さ剥き出しに、疑惑にも一切答えないまま、

認可という既成事実を作り、

加計問題の終了としようとしているのは、

総理その人。

 

故に、当然、順序をも逆にしたことすら罪。

今からでも、正せるものは正し、

答えるものは答えなければならない。

 

 

 

公も私もなく、

三権分立も無くし、

天下を意のままに動かそうとするものは、

いかに、自ら「最高責任者」を自称しても、

最高責任者たりえない。

天下をほしいままにして、

主権者の委任を裏切る者の

横暴を許してはならない。

 

国会の劣化を見て、

少なからぬ国民が絶望している。

完全比例制による選挙ではない、

小選挙区制という獲得議席数水増しも同然の

自民党圧勝など、

選挙の方も、水増し疑惑選挙に等しい。

国政に、国民の意思が反映するよう、

選挙制度の改正が必要だ。

 

「公」が正義を欠けば、

「私」もまた正義を欠く。

悪が栄える世界を認めれば、

社会の根幹が揺らぐ。

 

治安の乱れを生む犯罪の心理的温床は、

一見、関係のない、因果関係もなさそうな、

非常に遠く見えるところにも発生原因を持つものだ。

 

 

祥  * 『時事』 * 04:53 * comments(0) * trackbacks(0)

初めから無かった「国難」煽ってまで加計隠しに使った罪は?

不問なんですね。

 

安倍さんに関ることは、

全て不問。

 

禁断の安倍案件。

 

 

参議院、民進党の小川敏夫参議院会長は、

参議院では、加計問題の質疑はしない、って言うし、

何をしているんだか。

やる気のなさも極まる。

野党をやめて民進党など解散して、

国庫に政党助成金も返したら?

 

まぁ、小川敏夫さんは、

3月の森友学園の追及をした時も、

弁護士なのに、

質問が要を得なくて苛々したから、

もしあんな人ばかりなら、

質疑しなくても、

確かにいいかもね。

 

割合に頑張っていた福島伸亨さんなんて、

選挙で落ちてしまうし、

ほんと、鋭い質問が出来る人いないのかな。

 

祥  * 『時事』 * 20:56 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ