経歴に注目をして読んでいる なるほどなるほど甲斐の若獅子

・誰の声も聞こえないからあなたの声も忘れたふりをして二年半

祥  * 『時事』 * 01:49 * comments(0) * trackbacks(0)

今からでも獣医学部を返上し今治市民は告発するべき補助金詐取者を

国家戦略特区の認定審査の甘さも。

100億円詐取疑獄なんだから。

 

市の財政破綻を招かないために、

今からでも出来ることをするべき。

悪事に加担したとして汚名を残す前に。

 

駅に吊るされた岡山理科大獣医学部の看板も下ろして。

 

今治は、風光明媚な、瀬戸内に臨む美しい町。

わざわざ、きちんとした防疫設備もなく、

感染症リスクを受け容れて何とする。

 

加計氏なんぞのお金儲けの道具にされ、

玩具にされていいの?

 

 

祥  * 『時事』 * 00:46 * comments(0) * trackbacks(0)

たった数坪って、ほんとうなの?レベル3の研究室が? 坪単価以前におかしいでしょ。

これで認可は無理だよね。

それとも、急拵えで、今から設計変更でもするのだろうか。

周りを含めて、特別ラボとするのだろうか。

それとも、第二期工事として、別に研究棟を建てるのだろうか。

 

 

5階の狭くて、お粗末な研究室に比して、

7階には、ワインセラーにビールディスペンサー、パーティ会場がある。

問題が発覚しなければ、

安倍総理出席のもと、盛大なパーティが開かれる予定だったのだろうか。

 

こんな計画を、菅良二今治市長は、即日認可し、

96億円の補助金拠出を決定したのだろうか。

どういうわけか知らないが、

いくら喉から手が出るほど、来てほしいらしい獣医学部にしても、

おかしすぎるでしょ。

 

設計図書も見ず、返済計画もスルーして、

何でもいいからと、獣医学部誘致を決めてしまったんだろうな。

国元からお江戸へお願いに出向いた甲斐があったと。

柳瀬殿が面会下され、下村殿も声をかけて下された。

あの日、国元で喜び合ったことが懐かしい。などと思ったかしら。

 

これでは、国立競技場のデザインが白紙撤回された時のように、

白紙に戻されても仕方がないでしょう。

 

この計画を認めた国家戦略特区の責任は?

森友の5600万円でさえ、逮捕、収監されているのだから、

この獣医学部の巨額の疑惑が不問にされることはないのでしょうね。

 

トップ 週刊朝日 記事政治

安倍政権さらに窮地 加計学園の獣医学部新設「設計関連文書」全文を入手

 

愛媛県今治市の岡山理科大獣医学部の建設予定地 (C)朝日新聞社

愛媛県今治市の岡山理科大獣医学部の建設予定地 (C)朝日新聞社

 

本誌が入手した、岡山理科大学獣医学部の設計図。表紙には<岡山理科大学 獣医学部 今治キャンパス 新築工事及び周辺工事 獣医学部棟>とある (筆者提供)

 

設計図11ページの5階平面図には、建物中央に「エアーロックルーム」「PS2」と記されている部屋がある。これがバイオセーフティーレベル3の施設とみられる。(筆者提供)

設計図11ページの5階平面図には、建物中央に「エアーロックルーム」「PS2」と記されている部屋がある。これがバイオセーフティーレベル3の施設とみられる。(筆者提供)

 

 国家戦略特区で加計学園の獣医学部の新設がOKとなったのは、最先端のライフサイエンス研究ができる施設、設備を設置することが条件だった。

 加計学園は、これまでの獣医学部にはない、最先端のライフサイエンス研究のために「バイオセーフティーレベル3」の施設をつくるとしている。これは、細菌やウイルス、微生物などを厳重な管理下で研究するものだ。専門家によれば、

「鳥インフルエンザ、HIVウイルスなどが研究対象です。最高のレベル4だとエボラ出血熱のウイルスなどになります。レベル3や4は非常に高度でかつ厳重な管理が必要で、それに対応できる施設でなければいけません」

 本誌が入手した文書の11ページにバイオセーフティーレベル3の研究施設が記されている。だが、それを見た研究者はこう指摘する。

「隔離性が低く、危害性の高い病原微生物等を取り扱う教育、研究、病性鑑定には不向き。これでは高病原性鳥インフルエンザの検査、診断、実験、研究は難しいと思う。施設全体でみても、動物実験を理解していない人が設計しているんじゃないか」

 前出の文科省関係者はこう指摘する。

「目玉であるはずの、バイオセーフティーレベル3の施設の内容がはっきりしないのです。それもあって認可が保留となっている」

 さらにバイオセーフティーレベル3の施設の内容いかんによっては、建築費用が大きく変動するという。加計学園は、建築坪数9857坪、その建築費192億円と見積もっている。逆算すると建築費の坪単価は150万円だ。

 建築費のうち半額の96億円の補助金を今治市と愛媛県から得ることになっている。だが、設計図を見た建築エコノミスト、森山高至さんはこう指摘する。

「獣医学部なので特殊な建物かと思っていたら、ごく普通の商業施設と同じレベル。なんらかの獣医学部の施設がプラスされるのでしょうが、坪単価で80万円から、高くとも100万円でしょうね。とても150万円するとは思えない」

祥  * 『時事』 * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0)

それにしても、アメリカもロシアも、よく公文書を取っておく 本当の差はこの差であるかも。

日本の近代、証拠隠滅、公文書破棄の歴史と比較すると、

厖大な資料を、完璧に保存するその姿勢に感心する。

 

国力、戦力、持久力の差が、

物理的なものは勿論、

微細な機密文書の末まで、徹底的に保存する、

こういう物の考え方の差にもあるように思う。

 

 

日本も、近代以前は、

保存に関して熱心だったのだろうか。

そうではないのだろうか。

 

 

例えば、三国志の時代の中国に残されている

『魏志倭人伝』

 

卑弥呼が魏に朝貢した時の様子や、

逆に魏から倭国へ行く行程、

その国の様子などが書かれているが、

それゆえに、卑弥呼や、

その国はどこにあったかなどと、

邪馬台国論争にもなるが、

 

もし、『魏志倭人伝」に匹敵する、

または傍証となる、歴史書なり、

旅行記なりが、

日本人の手によって、書かれ、残されていたら、

と、思わざるを得ない。

 

と言っても、日本に大陸から文字がもたらされ、

日本人が読み書き出来るようになったのは、

遥か時代を経た後のことだろうから、

文字で、というのは、

そもそも無理なんだろうけど、

絵でも、絵文字ででも、

中国人の書記を雇ってでも、

何か残していたら、

と、思わざるをえない。

 

双方から、事実を辿り、

後の世に、その足跡を明確に残すことが出来たのに。

記述することのない世界から取出すことの出来る記憶を、

日本人は、何に託していたのだろう。

土器か仮面のようなものだろうか。

祥  * 『時事』 * 16:51 * comments(0) * trackbacks(0)

結局のところ大した理由もなくジェノサイドは決定されて

モラルなく、想像力のない世界の中で、

淡々と人は殺された。

焼夷弾より、原子爆弾と考えるような無知が

戦争を、さらに残酷なものにした。

いつでも、無知という名の悪魔が手を貸す。

想像力を持たない人々の脳を支配して。

 

彼らは、ただ目の前の仕事を、

着々とこなしていったのだろう。

ただそれだけだったのだろう。

犠牲者のことに意を用いることなく。

ロボットのように、

国家の意志のみに忠実に。

 

 

何を考えるも、どんな心境で、も関係なく、

謂わば、つまらない成果主義のため、

理由などというものは、必要もなく、

成果だけが必要だった。

 

出来そこないと言われないため、

空軍と海軍の競争やら何やらのため。

 

空軍の成果とは、

空爆の成果。

 

つまりは、

こちらは無傷で、

あちらを全滅させること。

 

ナチスの収容所より

ずっと簡単。

ずっと手間要らず。

 

良心の痛みもなく、

狙った都市をまとめて全滅させるだけ。

 

焼き殺し、

蒸発させて。

 

「戦争を早く終わらせるため」

とさえ称すれば、

正義さえ満たせる。

 

しかし、これは、

別に米軍だからではない。

ドイツ軍でも、英国軍でも、日本軍でも、同じことだ。

 

戦時、「祖国のため」とさえ言えば、

すべて許されたこと。

勝つために手段を選ばない。

「戦争」が主犯。

その戦争という口実を振りかざして、

無差別な虐殺が行われる。

 

大量の焼夷弾。

一発の原子爆弾。

 

その下にいる人々。

「祖国」と「敵国」

運命が分かれる。

 

「おめでとう!」は、

作戦続行許可であったという。

 

殺すこと、破壊すること、

戦場の勲章は、その数と深度であり、

戦場での勝利は、殺戮の勝利。

 

日本も、勝利していた時、それに酔い、

アメリカも酔っていた。

殺戮という美酒に。

都市を破壊するゲームの勝利者たることに。

 

 

(NHKスペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか」を視て。)

祥  * 『時事』 * 15:11 * comments(0) * trackbacks(0)

「反省し、丁寧な説明を」って言っていた うそつきさんは今、ご満悦?

目論み通り、

国民が、コロッと騙されて。

あるいは、騙されたフリをして、

この辺で手打ちにと、暗黙の了承、合意があったように、

官邸と国民の以心伝心ゲームでもあったように。

 

都合よく、対北朝鮮軍事緊張が高まり、

毎度ご協力ありがとうございます金正恩氏、

というところだろうか。

 

さらに都合よく、巨額の予算を要する次期防衛体制の拡充も、

すんなり通る条件を整えていただき、

安倍政権としては、

米政権と北朝鮮には、感謝の限りではとさえ思える。

全ては共犯で演じられた劇中劇のような。

 

仮想敵国の脅威を煽りさえすれば、

たやすく騙される国民と思っているのかな?

 

半分は、その通りだと思う。

でも、2017年の現在、

少しは変っていてもいいんじゃないかしら。

少なくとも、インターネットがあり、

世界中の情報が、表向きにしろ、

前の戦争の頃よりは、比較にならないほど、

普通の市民にも共有されているはずだから。

 

諦めたら終わり。

安倍政権なんていう、うそしか言えない政権に、

普通の市民が簡単に騙されるようでは、世も末。

 

次に生まれ、育って来る子どもたちに、

現在生きている人間として、顔向けできないでしょ。

 

祥  * 『時事』 * 14:12 * comments(0) * trackbacks(0)

着々と軍事国家へ歩んで行く 安倍政権の延命と共に

その恐ろしさに、心底身震いしない限り、

折り返せないところまで直進して行くのだろう。

目隠しされているので、何も見えない。

見ず、聞かず、知らない方が、幸福だと教えられて。

詐術の過程は、覆い隠されたまま、

世の中そんなものよと、受け入れられて行くのだろう。

諦めなのか、狡さなのか、

五人組や、村八分の時代と変わらぬ、村的延命術と共に。

拮抗し、対峙する気位すらなく、

ただただ従う民でしかなく。

祥  * 『時事』 * 13:22 * comments(1) * trackbacks(0)

どんなに美化しても戦争は悪魔の仕業 悪魔とは普通の人間の謂い

いやになっちゃうね。

人間は、ひどい生物。

自分も人も、みんな酷い生物。

軍隊なんか大嫌いだわ。

 

 

 

(NHKスペシャル『なぜ日本は焼き尽くされたか』を視ながら。)

祥  * 『時事』 * 22:43 * comments(0) * trackbacks(0)

25万発、よくこんな無謀なことが出来たね 焼け野が原というより何も無い

焼夷弾の雨。

 

我が家のあった神戸も、

この爆撃の的になった。

野坂昭如氏の書いたあの空襲。

無差別爆撃。

全国各都市が焼かれた。

何度も何度も空襲を受け、

地方の街々も焼かれ、

日本は焦土となった。

 

それでも、

降伏しなかったので、

とうとう広島と長崎に

原爆を落とした。

 

 

 

(NHKスペシャル『なぜ日本は焼き尽くされたか』を視ながら。)

祥  * 『時事』 * 22:36 * comments(0) * trackbacks(0)

NHKは、予定通り放送を。『クローズアップ現代』/「加計学園、問題の設計図による積算」

圧力に負けて、放送中止なんて、

どこの独裁国家。

NHKも、忖度するのかな?

国谷裕子さんが降板させられた後も、

スタッフは、努力していたはずなのに、

終に一掃されるのかしら。

 

このところ、NHKスペシャル班は、

「731部隊」とか、「インパール作戦」とか、

良い仕事をしていたから、

逆に目をつけられたのかしら。

 

加計学園の、建築費水増しにメスを入れられたら困ると考えた官邸が、

圧力を加えたかと考えても、おかしくはないだろう。

NHKは、必ず放送をしてほしい。

視聴者を裏切らないでほしい。

祥  * 『時事』 * 09:36 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ