なんだってこんな首相を支持するの?30%の不可解がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ安倍政権支持が、今の時点でも、

平均して約3割から4割もあるのだろう。

過去の総理の場合は、

すぐに一桁に下がったのに。

7%くらいだった竹下さんや森さんが、

今の安倍さんより悪いことをしていただろうか。

安倍さんは、過去の総理より、

余人を以て変えられないほどの業績を残しただろうか。

このコアのようになっている岩盤支持層の

何たるかを知り、

その行方を知らなければ、

安倍さんが去っても、

またこの3割の支持層が、

悪しき邂逅を持てば、

新しい安倍さんを作り出す危険があるわけで。

 

竹下さんや森さんは、

普通の人で、

特に何かの受容体足り得なかったのだろう。

 

竹下さんは、より普通の感じがするし、

森さんも「神の国」

発言などはあったが、

根は単純で、

その頃、まだ、

日本会議なども、

「生長の家」からは生まれたものの、

極右組織としては、政界、経済界、言論等、

各界に及ぶ日本全体をカバーするほどに成長・増殖しておらず、

愛国的極右組織と、日本の中枢を担う内閣、

そのまた頭であり心臓のような存在である

内閣総理大臣その人と結ぶ関係とは

なっていなかったのではないだろうか。

 

今、不幸にも、

安倍晋三というパラノイア的人格と、

人事権を持つ内閣府に集中した権力を得て、

日本の極右的傾向を持つ組織と、

そのような傾向を持つ大衆、

その愛国的傾向を受け入れやすい状況が、

結びついてしまった。

「アベノミクス」信仰もまた然り。

理性を欠く状況は、意図的に作り出され、

その願望を利用した信仰が解けるには時間がかかる。

風間祥  * 『時事』 * 13:49 * comments(0) * trackbacks(0)

下村氏からはそう見えることだろう「メディアは日本国家潰す」

下村氏「メディアは日本国家つぶす」と発言

©一般社団法人共同通信社

 

 下村博文元文科相が講演会で「日本のメディアは日本国家をつぶすために存在しているのか、
と最近つくづく思う」と発言していたことが、共産党が23日公表した音声データで分かった。

 

下村元文科相は、

メディアの批判が、

お気に召さないらしい。

 

下村氏は、昨年夏の都議選前、

加計学園から200万円の献金を受けたと報道され、

都議選前だから、

都議選が終わったら説明すると言ったまま、

あれはどうなっているのだろう。

 

下村氏と、加計学園の 関係は深い。

夫人の下村今日子氏も首相夫人に見倣ってか、

加計学園の教育審議委員の職にある。

 

同系列のイベントにも、

昭恵夫人と共に、

メッセージを寄せたりもしている。

加計学園に、

極めて近い関係と言っていい。

 

このような疑惑の元文科大臣が、

何をかいわんや。

国家を滅ぼしているシロアリは、

誰かということだ。

 

安倍一味と言いたくなるような、

モラル無き集団。

 

国家の中枢にいて、

国民の富を私物化し、

法を曲げ、官を操り、

国を亡ぼす。

風間祥  * 『時事』 * 11:21 * comments(0) * trackbacks(0)

教育勅語の復活を望むような内閣が道徳教育をなんて怪しい商法

それを言っているのが、安倍政権だなんて、
悪い冗談にしかきこえない。
秩序正しき汝臣民にしようということで。
都合のいい国家の兵隊を量産しようということになる。

あらゆる物事は、
発信元がどこか、
ということで、意味も異なるもの。

憲法改正なんて言っても、
憲法改悪だし、
道徳教育をなんて言っても、
従順の教え、
だったりする。

 

政府の意向に従順な、

素直な臣民。

 

曲解するような、

素直ならざる心は、

矯め直す必要があると。

 

大切なのは、自ら思考する心。

自ら判断する力。

押し付けられた「道徳」ではなく。

 

風間祥  * 『時事』 * 09:44 * comments(0) * trackbacks(0)

道徳を正式教科に╱クローズアップ現代

「善悪の判断」

「正直、誠実」

 

って、

 

教室は、

内閣の総理大臣室に置く必要があるね。

風間祥  * 『時事』 * 22:04 * comments(2) * trackbacks(0)

安倍政権とは何なのか 沢山の疑惑、沢山の悪事、モラルハザード それでも大して落ちない支持率

ロイター企業調査:安倍首相続投「望ましい」73%、安定重視

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったいいつ、この天下の詐欺師、

ペテン師とも言うべき首相は、

この国を主権者に返すのだろう。

 

主権者不在で、

悪政の数々を為しながら、

糾弾も弾劾もされず、

100万人デモも起こらず、

燃え盛る火のような非難を浴びることもない。

このユルユルの国民と首相の関係。

 

メディアは首相のもてなしを受け、

幹部諸氏は会食を重ね、

批判の矢は首相には向かわない。

 

「安倍首相の続投望ましい」と、

大企業経営者は73%が安倍政権の存続を望み、

税制改革も働き方改革も、

経営側を向く首相の

強力な応援団であり続ける。

 

官僚は、内閣府を恐れ、

国民を騙し、言いくるめ、

偽の証言をする。

 

既に報道されたことだけを見ても、

安倍政権の悪事の痕跡は誰の目にも明らかなのに、

安倍政権はまだ延命を図り、

またそれを許す情勢もある。

 

世界に影響を与えた100人に選ばれたと

安倍さんはご満悦だが、

金正恩氏も

選ばれているから、タイム誌も、

何を基準の選定かわからない。

安倍さんの場合の選定理由は、

粘り強いとか、他者の意見も聞くなんてものもあったようだが、

確かに抜群の粘り強さで政権の座にあり続け、

確かに加計氏などお友だちの意見に、よく耳を傾け、

便宜まで図る御仁ではある。

 

悪影響なら、確かに与えている。

10人に選ばれてもいいかもしれない。

 

 

風間祥  * 『時事』 * 15:34 * comments(0) * trackbacks(0)

詩織さんの事件を揉み消した安倍政権の犯罪的な責任をこそ問うべきでは?

ここまで財務省次官のセクハラ事件が問題になり、

MeToo運動が、世界的にも広がっているのに、

なぜ、それはそこで止まって、

伊藤詩織さんの事件を官邸が関与して

逮捕直前で執行停止した事件と、

結びつかないのだろう。

日本政府が犯した罪の大きさを

問うべきではないのだろうか。

こともあろうに、

警察幹部が関与し、

内閣情報室が関与して、

総理に近いジャーナリスト山口敬之氏を

庇い、見逃し、

いわば国家権力が

その力を以て、

不正な揉み消しを行い、

一人の女性の訴えを退け、

法を曲げてまで容疑者を囲い庇った

大きな事件なのに。

 

このように次々と起こった事件の足跡を見れば、

それぞれ別々の事件に見えても、

全ては一貫して、安倍政権の本質に関わっている。

その黒い疑惑の体質の本尊である安倍総理その人の

責任を問わなければならない。

 

 

 

風間祥  * 『時事』 * 09:53 * comments(0) * trackbacks(0)

日本の首相一人が除け者になっているのに「私が司令塔に」って何? 意味不明。

首相「拉致問題前進へ私が司令塔に」 家族会などの集会

4/22(日) 20:14配信

朝日新聞デジタル

 安倍晋三首相は22日、東京都内で開かれた、北朝鮮による拉致被害者家族会や支援団体「救う会」などが主催する「国民大集会」に参加した。首相はあいさつで、「南北、米朝首脳会談の際に拉致問題が前進するよう、私が司令塔となって全力で取り組む」と決意を語った。

 

文大統領とトランプさんに

お願いすることになっていたんじゃないの?

 

今まで、指一つ動かさないで、

北朝鮮を敵視するばかりで、

何一つ解決に動いたこともなければ、

拉致問題の解決に、心血を注いだわけでもない。

 

ここへ来て、

全部お膳立てが整ったところで、

正客の位置へ座ろうと出て来るとは、

随分と厚かましい。

いったいどういう。 。

と言っても、

安倍さんなら、

言いそうなことかもしれない。

ええかっこしいだから、
どこにでもしゃしゃり出て来る。

美味しいところだけ戴こうというさもしい算段。

 

だいたい、この人は、

口先から生まれて、口先以外は、

母親の胎内に置いて来たような人。

いつでも、簡単に無責任にええかっこしようとする。

そして責任を取ったためしはない。

 

福島原発の事故に関しても、

「福島第1原発の汚染水問題は私が責任者となって全力で取り組み解決する」

と言った。

 

消えた年金問題の時も、

「私の内閣で全て解決して参ります。

最後のお一人に至るまでしっかりと年金を正しくお支払いをしていく。」

と言った。

解決に向かって、努力した痕跡はゼロ。

 

 

金正恩氏からも、

一番軽蔑されていたはずの日本の首相。

 

こんなところで、見栄張って出て来ても、

上手く行くものも台無しにしてしまいそうな安倍首相。

拉致問題の障害物としてのみ存在する安倍首相。

金正恩氏には、安倍さんは、心の底まで見透かされている。

 

仮に上手く行くとしても、

トランプさんに差し出す 袖の下次第

と思われてもしょうがないんじゃないかしら。

安倍さんがいる限り、何倍でもふっかけられそう。

 

北朝鮮と直接交渉になれば、

一兆円、二兆円どころか、

戦後賠償を求められるかも。

インフラ整備をおまけとして。

 

まぁ、拉致問題を除けば、

日本の身代わりに、南北に分断される原因を作ったのだから、

それくらいしてもいい責任はあるけれど。

風間祥  * 『時事』 * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)

災厄が身をつつむとき災厄は己自身と 炎となって

・毎日が遺言であり遺書でありそのようにして人の晩年

 

・『昼顔』の劇場版を視ています 今、紗和さんが鉄路を歩く

 

・この後で、銀河のような蛍の河 裕一郎と見ていた蛍

 

・紗和さんの中に小さな命生まれ胎内に点る命の蛍

 

・炎と蛾 火に入るときは死の時と知るや知らずや炎と遊ぶ

 

 

 

速水御舟「炎舞」

 

 

 

風間祥  * 『時事』 * 14:58 * comments(0) * trackbacks(0)

中間層の欠落した社会はピラミッド的カースト社会、絶対王政&奴隷社会も同じ。

それは、つまり、思考力を奪い取った社会だから。

頂点にある人々が、

名もない多数の民衆を支配する社会。

大昔と違って、みんな大学を出ているが、

貧しい。

多分、一生。

それでも満足するほどに。

 

豊かな中間層を欠き、

奴隷のように、命令を待つ社会。

命令され忠実に仕えることを美徳とも、

生の目標とも根拠ともする社会。

古代の絶対君主を崇めた奴婢社会や

封建社会と同じだ。

それが一番楽だから。

難しいことはお上に任せて、

「君君たらずとも臣臣たらざるべからず」。

という社会。

 

それも、当時者自身は、

古代の奴隷のように、
牛や馬のように働かされ殺されるのと
見た目の様相が違い、

自由市民として、

自由を謳歌しているつもりで。

 

 

彼らが、貧しい人を増やし、

必然的にその生殺与奪の権を握り、

思考し、批判する気も失せる環境に置くのは、

意味のあることなのだ。

黙って付いて来る羊。

日々恙なく在るために、

捧げざるを得ない時間と労働。

 

見えない頸木と見えない鎖につながれて歩く道。

それを外す方法はない。

その存在を意識しないから、外したいとさえ思っていない。

悲しみは知らなければ知らない方がいいのだし、

災厄は知らぬが仏、忘れるが勝。何事も思いようと。

 

一生囚われの身で生きていく奴隷にも似た一生。
誰も自覚さえしないほどに、それが普通と。

 

 

 

ま、極端に言えば、ですが。
中間層が、今よりは幅広くいた時代でも、
貴族でも富裕層でもないのだし、
お金には束縛されるし、
生き方一つ自由に出来ない。
自由の身ではない。

 

精神だけで生きられたなら、
自由でもありえるのでしょうけれど。

 

人間が生身である以上、
誰も、自由でなんてあれませんけれどね。
それにしても、
最低限のレベルさえ、
今は突破して
なんだか水牢の水が上がって来ている

ような気がするわけです。


世の中の水準が、
全てに、

圧倒的に破壊されて来ているような気がして。

風間祥  * 『時事』 * 13:01 * comments(0) * trackbacks(0)

桜なき観桜会に咲くサクラ 我が世の春は今も爛漫?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デイブ・スペクター、吉田羊、IKKO、

神田うの、梅宮アンナ、ミッツマングローブ、

美川憲一、のん、松村邦洋、桜庭ななみ

トレンディエンジェル(斎藤司)、今くるよ、さかなクン、

ピコ太郎、梅沢富美男、May J、パックン、等々、

芸能界や各界で活躍する有名人他、17500人の招待客は、

桜を鑑賞する代わりに、さて何を愉しんだのだろう。

 

政権の命運さえ取り沙汰される内閣のスキャンダル花盛り

の最中に開く観桜会、

葉桜も過ぎた今年の桜を観る会。

風間祥  * 『時事』 * 10:45 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ