徴税権を取り上げ増税権も取り上げ、税金はどこかに供託して組織を刷新すれば?

権なんてものは

実際にはないけれども、

あるのも同じで。

 

怪しい内閣や財務省に、

国民の権利を委ねすぎ。

預けるに値せず、

信用するに危険な政府。

 

 

国民から徴税しても、

国民のためには使わず、

富裕層優遇税制と、

法人税を下げることだけ考えて、

特権階級を守ることしか考えないのだし、

それゆえに、

彼らは、権力も富も存分に使え、

優遇の上に優遇される権利を行使して、

今有る富を、さらに増していく。

その自信が、理非もわきまえない横暴を生む。

 

増税しても同じこと。

彼らに奉仕し、

彼らに蓄財させ、

なお富み肥らせるだけ。

そのための増税となる。

 

社会保障費目的に限るとしていながら、

悪徳不動産屋の広告のような

「付記」一つで、

実際には、別の目的に転用され、

穴の開いた社会保障を

増税分で穴埋めする気はない。

 

新たに健康保険料や介護保険料等、

社会保険税をアップして

その目的に当たらせるばかりだ。

 

法人税の減税と、

個人所得税や住民税の増税は、

あたかもセットになっているかのように、

その乖離度を強める。

 

歳入と歳出をシンプルに管理し、

主計局にむやみに頂上感を与えない。

 

内閣府の、何に使われているかわからない、

領収書も要らないという官房機密費も

同時に透明化する。

 

 

風間祥  * 『時事』 * 11:25 * comments(0) * trackbacks(0)

無人機の輸出規制緩和  無人機で攻撃すれば全編が仮想世界のゲーム感覚

米、無人機輸出の規制緩和=武器売却拡大へ新方針

4/20(金) 1:17配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米政権は19日、攻撃型無人機の輸出規制緩和や武器輸出手続きの迅速化などに関する新方針を発表した。

武器輸出を拡大して国内産業を潤し、雇用拡大につなげたい考え。だが、輸出管理がずさんになり、人権弾圧を行う国や組織にも米国製兵器が渡る危険性が懸念されている。

 

・武器を売って儲ける国が望むもの 紛争、戦争、常なる戦争

 

・標的をピンポイントで叩くとき そは沈黙の標的として

 

・日本は上客にしていつの日か標的としてピン止めされて

 

・人の死も物の死もなく残骸は回収されて静かなる都市

 

・武器輸出拡大されていく時の死の商人の肥え太る腹

 

・凄惨な死がただそこにあるだけで 風が流れて砂立つだけで

 

・一本の桜がそこに現れて 日本版の上演目録

 

 

 

風間祥  * 『時事』 * 09:43 * comments(0) * trackbacks(0)

麻生氏が辞任しないのは驕りのため?無知のため?恥知らずだから?

安倍さんと麻生さんは、

その時代遅れの感覚で、

双子の兄弟のようになって来た。

一連托生で、悪運が尽きるまで

どこまでも運命を共にするのだろうか。

風間祥  * 『時事』 * 06:09 * comments(0) * trackbacks(0)

というよりも既に終わっている政府 どこまで権力に恋々として

福田次官は悪あがきするし。

 

醜態をさらすばかりで、

こんなみっともないこと

世界中に配信されて

安倍・麻生氏はじめ

日本政府のトップレベルや、

福田・佐川氏はじめ、

財務省のトップレベルが

 

こんな人たちだと、

晒し続けて、

これで、

安倍内閣は、

道徳教育を大切にと言われても。

 

安倍さんはともかく、

官僚の皆さんは、

学校教育の最高レベルであるはずが、

こんな有様で、

どんな教育ができると。

知育の偏りと逃げられるかしら。

 

 

権威が地に堕ちるさまを、

十分に見せたんだから、

或る意味、人間喜劇を実演してみせて、

反面教師的貢献をしたのかも。

 

 

風間祥  * 『時事』 * 16:11 * comments(0) * trackbacks(0)

まだ残る安倍さんに騙されている人たちが覚めればそれでいいだけのこと

早く30%内外なんていう騙され人口比率が、

正常に知覚するようになれば、

この政権は終わる。

 

 

風間祥  * 『時事』 * 15:47 * comments(0) * trackbacks(0)

後手後手に裏目裏目に回っている内閣府には情報が届かない?

駄目じゃない。

精鋭でも何でもないじゃない。

この程度の内閣秘密情報局。

大したことないんじゃないの?

頭悪いし、

理屈通らないし、

なんて思わせて、

そうでもないのかな。

もちろん本当の恐ろしさなんて知らないけど。

何でもかんでもうそついて、

それを強引に落し通して、

都合が悪いものを排除して、

これまではそれで通って来た。

だからこれからもそれが通ると思っていた。

 

司令塔も、その端末も、

それぞれ自分の頭の蝿を追い払うのに精一杯で、

全体のことまで気が回らなくなったのかしら。

大本営参謀本部崩壊?

 

 

麻生さんは、18日夕方、G20に出席するために、
アメリカに出発するそうだ。
留守中のことが気がかりじゃないのかしら。

 

風間祥  * 『時事』 * 09:09 * comments(0) * trackbacks(0)

テレ朝は何してるの? なぜややこしい形の放送をするの?地上波、生じゃなくてLIVE配信なの

記者会見するのなら、マツコデラックスの番組、

打ち切っても、時間をずらして終了してからでも、

きちっと、普通の放送形式で発表すればいいじゃない。

それとも、零時以前に、

報道ステーションの最後の方とかで流したの?

 

午前零時になっても、テレビ朝日は、

なんだかわからない将棋の画面みたいなのが流れていて、

しょうがないからフジテレビを視たら、

そこでライブ中継画像を流していたよ。

わけがわからないことしないでほしいな。

テレビ朝日の方は、

生の普通の番組枠は使えないのか、

使わないのか、LIVE配信だって。

ユーチューブでご覧下さいというわけかしら。

それでは、Internet環境にない人は、

視られない。

 

 

こんな放送の仕方を見ていると、
記者さんの置かれた立場が、

余計大変だったんだろうな、と想像できる。
もし他社に行っていなければ、

他社を通してでも告発していなければ、
永遠に表に事件が出ないようにされたのだ。
ほんとうは、テレビ朝日としては

無視を決め込んでいたかったのだろうから。

 

ことここに及んで、

仕方なく記者会見することにしたものの、

普通の番組としてではなく、

イブ配信なんて方法を取ったのも、

姑息な気がする。

 

 

あの篠塚報道局長って、

安倍さんや、

菅官房長官に近い人だよね。

古賀さんを、

報道ステーションから降ろした人だったと思う。

 

※日テレ早河洋会長、篠塚報道局長、

極右的な出版界のボスにして、

番組審議会の委員長・見城徹社長、

(伊藤詩織さんの事件を揉み消させた山口敬之氏の

総理』という本を出版した幻冬舎社長)

は、官邸との距離が近い。

 

 

複雑な経緯をたどったようだし、

追い込まれた形であっても、

発表しないよりは発表した方がいいけれど、

あの経緯を聞くと、

記者が相談した時、受けつけなかったり、

抑え込んだりしている上司がいて、

そのため、仕方なく、

週刊新潮へ連絡したわけで、

テレビ朝日が、

最初に正しく対応していればよかったこと。

 

記者の身を案じ、特定を恐れ、

特定を避け、二次被害を避けるため

発表を抑えたようなことを言っているけど、

記者は何も恥ずかしいことをしたわけじゃない。

セクハラをしたのは次官であって、

彼を告発する以外にない。

二次被害以前の問題。

 

ただテレビ局としての保身のためで、

あまり事を起こすなと、

政権の逆鱗に触れるようなことはするなと、

いうだけのことで、決してその時は、

記者を守ろうとしたわけではなかっただろう。

 

テレビ朝日は、何を忖度して告発を抑えたり、

しょぼしょぼとした会見をするのだろう。

堂々と告発すればいいこと。

記者の身を守りたければ、

財務省にも最初から抗議すればよかった。

 

でも、どうしてそうしなかったかという理由は、

もちろん解る。

財務省の取材から締め出されるのが怖かったからだろう。

だから腰が引けていて、

特に、放送法で虐められそうだから、

放送権の問題もあるから、

弱腰になり政権を忖度してしまう。

 

でも、

報道機関が顔を向けていなければいけないのは、

視聴者であり、一般国民の方だよ。

内閣に忖度しないと報道の自由が阻害されるかもじゃなくて、

批判すべきことは、批判するべきであって、

そのために報道局はあるのに。

 

今日、変則的な形ながら、

記者会見をしたということは、

やっと覚悟をもって、

被害を受けた記者の立場にも立って、

行政府とも対峙する覚悟を決めたのだろうか。

大きな権力と戦うとき、

全面的バックアップをする気がなければ、

とても戦えない。

 

勇気を持って告発する人がいて、

また、遅ればせながら、
政権にも対峙して戦おうとする報道機関があって、
やっと目覚めるものがある。


報道は社会の木鐸。

先んじて警鐘を鳴らすのが役目のはず。

初心に帰ってよね。

 

 

それにしても、あの次官、
名乗り出られるはずがないと思って、
あの発言だったのかしら。
テレビ朝日が矢面に立つとは、
思わなかったのかしら。
それでも、まだ裁判をするって言うのかな。
自分の声かどうかもわからず、
あんなことを言ったことはないって言うのかしら。

風間祥  * 『時事』 * 01:09 * comments(0) * trackbacks(0)

詩織さんのことを心の中で思っていたから出て来ると セクハラを受けた人の決断はあってと

日本でも、もうそういう時代が来ている。

 

世界的な意識改革の波が来ていること。
甘く見過ぎている。
詩織さんの勇気を心の支えにしていたのだろうから、
女性は出て来られないなんて、
決めつけるのが古い。

風間祥  * 『時事』 * 23:00 * comments(0) * trackbacks(0)

鈍感な財務省、鈍感な政府、空っぽの政府が鎮座まします

で、任命権者は、どこに行ったの?

 

財務大臣も、安倍さんも、

身内に甘い体質がそっくり。

自分だけが特別扱いしてもらえると思っているところも。

世間の目を正確に判断できないところも。

 

安倍さんは、圧力の一本槍であったことなど、

都合よく失念したかのように、

韓国の文在寅大統領が開いた道を

ちゃっかり利用して、

トランプ大統領の袖に縋りつき、

金正恩氏に、裏で何兆円貢いでもいいから、

この際、拉致問題を解決してもらえないかと、

泣きついていることだろう。

自分の延命の最後の頼みの綱だとでも思って。

 

このままでは、

留守中の日本でも、

財務省が次官が辞任したり、

その前に国税庁長官も辞任しているし、

もはや日本の要とも言うべき財務省が、

柱も抜けて、シロアリの巣になったように

土台からガタガタになっているし、

ここまで来れば、

背に腹は代えられず、

ここで党内での力を維持し、

国民の支持をつなぎとめるためには、

外交で、一発逆転ホームランを打つ他にないと、

それはもう、それはまさに私は内閣総理大臣、

拉致問題を解決するという歴史的成果を上げるためには、

そりゃもう、私、責任を取りますよ、

ずっと拉致拉致言って来たんですから。

『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(蓮池透)

なんて言わせておきませんよ。

何兆円でも出しますよ。

経済援助とでも何とでも言って下さい。

アメリカとの貿易摩擦も解消しましょう。

何でも仰って下さい。

なんてね。

風間祥  * 『時事』 * 21:34 * comments(0) * trackbacks(0)

ひたひたと迫るその時が迫る内閣が溶解してゆく 安倍さんが留守の日本で

安倍さん 暢気にゴルフなんかしている場合かしら。

まぁ、もう帰って来なくてもいいんですけどね。

 

風間祥  * 『時事』 * 20:58 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ