<< 2006年9月の歌 | main | さて今日は九月最後の土曜日です 「罪と罰」など観ているのです >>

今日の歌/笹井宏之さんの歌(題詠100首blog)

093:落(笹井宏之)
投稿日:2006-09-30 Sat

集落を追われたひとと釣りをする とてもただしいひとだったのに

085:富(笹井宏之)
投稿日:2006-08-26 Sat
富だけを持つひとたちが哀しみの椎茸を金盥で洗う




いいですねぇ。
笹井宏之さん。
文学における『リアル』を書くことの出来る人って、
こういう人だと思います。



089:無理(笹井宏之)
投稿日:2006-08-26 Sat
ありったけの安心感を差し出してあなたは無理のあることをした

080:響(笹井宏之)
投稿日:2006-07-13 Thu
どちらからともなく音になりすまし夜の海へと響いていった

079:芽(笹井宏之)
投稿日:2006-07-13 Thu
おむかいの倉本さんが発芽しているので水を買わねばならぬ

076:あくび(笹井宏之)
投稿日:2006-07-13 Thu
あくびするあなたの横を爆撃機のように飛び立つ鳩の一群

064:百合(笹井宏之)
投稿日:2006-06-17 Sat
シゲヨさん、むかしのことをはなすとき百合にならなくてもいいからね

045:コピー(笹井宏之)
投稿日:2006-05-24 Wed
太陽と月と砂しかない場所でひっそりと震えだすコピー機

034:シャンプー(笹井宏之)
投稿日:2006-05-11 Thu
知られてはならないことをひとつずつシャンプーの原液へと溶かす


風間祥  * 『今日の歌 :インターネット 』 * 11:05 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ