銀河最終便
WEB日記

「野火止用水」                 
・西武線小川駅から線路添い徒歩七分の小さな踏切
・その家の木々鬱蒼と生い茂り木の間の道に揚羽が消える
 煙突を二本持つ家 鎧戸も屋根も緑青色のその家
・ひとつだけ灯りのともる窓がある 木立透かしてあかりが見える
 その家に行くため石の橋渡るそのためにだけ架けられた橋
・石橋の下の澱みに魚が棲む 昼さえ暗い木立の中に
 風がいま梢をゆらす 風のほか誰も知らない洞の伝言
 裏口の通用門に架かる橋 古い木橋をわたる黒猫
・四阿に至る小径にピアニスト、フジ子のような老婦人立つ
 隣家には簡素な黒い鉄の橋 ポストの下に眠る老犬
 白黒の斑で垂れ耳、温和しい犬が雨の日雨の川を見ている
・鴨泳ぐ野火止の水 稚魚を抱き花を浮かべて街中流る
 野火止に稚魚、泥色の稚魚泳ぎ 木橋を渡り人影消える
・用水にだいこんの花、エゴの花 澱みに跳ねる黄金の鯉
・えごの木の白い花びら散りかかるカルガモの雛およぐ川岸
 野鼠の一家がすんでいる土手に子猫を連れた野良猫も棲む
 懼れ気もなく土手を遊び場に 人をも猫をも無視して遊ぶ
 ゆっくりと時間と空間共有する 争うことは本能ならず
 エゴの木とムラサキシキブ咲く道は家鴨が散歩する道でもある
 ダイエーの雑木林の駐車場 自転車、カート、主人待つ犬
 中宿橋より東側改修され、水深浅くなりゆく気配
・沢山いた鯉も大方いなくなり野火止の夏少し寂しい
 何もかも変ってしまう何もかも失うような夏めぐり来る
 昔あるエゴの木を知っていた 武蔵野で一番大きなエゴの木だった
 学校の南側の木のトンネルの崖下深く川は流れる
 その頚を折り伏せ眠る白い鳥 深山幽谷思わせる渓
・野鳥も来、見知らぬ水鳥なども来て教師、生徒が観察もする
 鶏冠もつ鶏に似た水鳥の名はバリケンと漸くわかる
・喫茶店「G」の裏庭 水流を引き入れ雨の紫陽花も咲く
・木洩れ陽にきらめく小石 武蔵野の夏が始まる、野火止の夏

                                  〔・早稲田文学〕
              
: 『旧作短歌』 : - : - : posted by 風間祥  :
<< NEW : TOP : OLD>>