<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 自民党を圧勝させたその報い 決められる政府が決める悪法 | main | 歌集『シネマ・ルナティック』/久野はすみ著 >>

歌集『21世紀君はしあはせか』/田村富夫第二歌集

0














    発行所 現代短歌社
    収録歌数 700首
    定価2800円(2633円+税)


    ・町廃れ自転車を駆る老いの坂上りゆらゆらどこへ行くやら

    ・よそ事を思ふ一瞬大腿骨骨折る油断に見舞はる、不覚な

    ・目の前に家のガレージ立つものの五センチの距離手の届かずな

    ・福山ゆ迂回して入る尾道のホテルの窓に海は展けて

    ・尾道に文人墨客刻む文字辿れば寺・坂・海・島の街

    ・造船所の銅を溶かしたやうな火と「暗夜行路」は映る灯に触れ

    ・倒れしも逝きしも突如川崎の病院の報、令状のやう

    ・ダンボール住まひに通ふ部屋に住み塵芥に埋もるる貯蓄(そなへ)、息のむ

    ・中秋の満月いづこも発光ダイオード二十一世紀君はしあはせか

    ・乗客は一瞬凍りヒロシマを目に焼きつけて車両動きぬ

    ・そしてまた一月が来て月日めぐりバラが咲いたり雪が降つたり


    巻末に、ヴァレリー、サルトルなどへの思索の跡をたどる
    「文学と世界を過(よ)ぎる窓」(P314〜P363)がある。
    文学とは何か、人生とは何か、絶えず考え続け問い続けた
    思惟の足跡が記されている。
    風間祥  * 『歌集、歌書、歌誌、その他書評』 * 19:50 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ