<< 石橋の下の澱みに魚が棲む昼さえ暗い木立の中に | main | 国境の駅のある町壊滅する黒い地蜂が群れて飛ぶ朝 >>

切れ切れに思い出したりして雪に 終幕近いシーンの音楽

風間祥  * 『歌画集「えごの花」』関連 * 05:00 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ