<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天地鳴動 緊急地震速報はなくいきなり揺れた | main | 一列に警察車両が並んでいる九月の雨に濡れる議事堂 >>

『玲瓏』90号 提出作品

0
     

     一九四五年  


    海風と砂地が心地よい道を歩いて行けば見える赤い屋根
     


    洋館が珍しかった頃の屋根 今も車窓から見ればそのままに


    ロシアより帰った人が建てたからニコライ時代のサモワールもあり 

    ロシアから来たサモワールや本箱は引越しの時も捨てないできた

    マホガニーの堅牢無比の本箱は帝政ロシア時代の名残とどめて

    その古い役に立たない湯沸かしは今も私の部屋の片隅に 

    お隣と我が家を残して焼け野が原 母が語った記憶とともに

    空襲で焼けてしまったご近所と 二軒残った隣家と我が家

    母がまだ若かった頃の隣家なる「櫻正宗」砂地続きに

    防火水槽代わりに酒の大樽を隣家より頂くという 家焼け残る 

    その年の神戸は焼かれ焼け残り 昔の洋館の暖炉と酒樽 

    焼け出され、引き揚げて来た知人・親類も二年近くを暮らしたという

    あの街を焼いた炎の中にいた当時の人も大方は死んだ

    消え去った幻だろうその校舎講堂に置かれた死体

    小学校校舎に残る黒い跡『火垂るの墓』の頃の名残と

    酒樽が醸造用の酒樽が防火用水桶になった時代と

    頂いた大きな大きな酒樽でわが家は燃えることをまぬがれ

    結局のところ見知らぬ街となり 震災もあったし時間も経ったし

    町の地図ぬりかえ町名も変更し不可能となる存在証明

    花束が微かにゆれて陽がさして その陽のようなゆらめきの中



                    2015年『玲瓏』90号


    風間祥  * 『「玲瓏」他歌誌提出自作品』 * 10:13 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ