銀河最終便
WEB日記

「秋篠宮、皇太子と同等に」『皇太子待遇』があるなら、『男子と同等の待遇』もあっていいのでは?                 

もちろんそうはならないだろうが。

 

秋篠宮の処遇を、「皇太子と同等」、「皇太子待遇」、とするのは、

皇室典範は、天皇の息子を〈皇太子〉と定めているため、

皇位継承権はあっても、〈皇太子〉にはなれないためだという。

秋篠宮は秋篠宮のまま、皇太弟のままでもいいのではないかしら。

 

わざわざこんなことをするのは、

秋篠宮家に、皇太子家と同等の予算を配分するため

ではあるだろうけど、

皇統の移動を誰の目にも明確にするため、

このような方法を取っているような、

皇統の乗っ取られ感が強い。

 

悠仁親王誕生の経緯からして、

あまりのジャスト・タイミングだったため、

その印象が尾を引いている。

 

 

 

「皇太子」でない人を「皇太子」と同じにするのなら、

つまり、皇室典範に無いことをするなら、

男系男子と定められている皇位継承を、

女子にすることも可能なのではないかしら。

 

「女子」のままで、いいと思うけれど、

どうしても、「皇室典範」に拘り、

何が何でも男子に拘るなら、「皇太子待遇」としたように、

「男子待遇」とでもすればいい。

 

皇子のなかった聖武天皇と光明皇后の皇女が立太子して皇太子となり、

孝謙天皇となり、重祚して、称徳天皇となったように。


 

そもそも「皇室典範」とは、何ぞやという話であり、

皇室の長い歴史を大切にする故にということであるなら、

男尊女卑の薩長成り上がり政府が、

俄か作りで制定した「皇室典範」こそ、

歴史を無視し、伝統に背いて成立した鬼っ子だ。

 

それでも、その「皇室典範」に従うとしても、

「男系男子」のうち、『男系』までは、

愛子内親王は、資格を適えていて、

ただ「男子」でないだけなのだから、

秋篠宮を「皇太子待遇」とするように、

愛子内親王を『男子待遇』にすればいいということにならないかしら。

 

愛子内親王は、

現皇太子の直系であり、

父の血を受け継ぐ男系であるのだから、

皇位を継承するのが、自然で、

それを妨げるのは、不自然。

民間の法律との差があり過ぎる。

実の子がいるのに、

叔父さんや従兄弟に

相続権が行ってしまうようなもの。

 

歴史上も何人も女帝はいるのだし、

始祖とされる天照大御神は女性なのだから、

神武天皇の血を引くばかり強調することはない。

Y染色体がどうたらと、贋科学もどきの理屈を言うが、

神武天皇どころか、何代まで証明できるやら。

 

だいたい、皇室は、戦前まで各時代の政権と、

延命のため婚姻を結び、

また、血族結婚も繰り返して来たのだから、

男系も女系もなく混淆し、一族の血を濃くし、

それを万世一系の根拠としているのだから、

ほぼそれでいいと解釈すればいい。

 

神さまで無くて、生身の人間なのだから、

Y染色体も、ミトコンドリアDNAも双方存在している

武天皇だろうが、アフリカのイブだろうが、

精子によっても卵子によっても、

それはどこかにはつながるだろう。

 

女系の血が劣っていると誰が決めたのか。

太陽の光があまねく照らすように、

男女の血に優劣があろうわけもない。

高貴の血を実感できることもあるかどうか。

ただ純血を言うなら、山間僻地や離島にもそれはある。

 

 

ただし、天皇の地位など、継承しても、

大変なばかりで、自由もなさそうだから、

愛子内親王のためには、牢獄のようなところにいるより、

外に出て普通の人として生きた方が幸福かもしれない。

 

普通の人と区別された、人間じゃないようような生活をするなんて、

籠の鳥のようで、相当きついことだと思う。

外国の王室にしても、日本の皇室にしても、

何のために、金ぴかの馬車に乗せられたような生活をするのか。

いい加減、解散してもいいような気がするけど、

そうもいかないのだろうか。

 

「有識者会議」などという、

日本会議系のメンバーが多い「有識者」で決めた

決め事など信用できない。

信用できないが、そのように実行されて行くのだろう。

安倍さんの思いのままである。

: 『日記』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/5749
<< NEW : TOP : OLD>>