<< 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』 | main | 指示出来ないと言っても出来た実績があったからこそ問われるのでしょう >>

国民のための政府があったなら  国民のために税金を使う政府があったらいいのに

よく我慢しているね。

こんなに、国民無視の政府が、好き勝手しているのに。

 

税金も積立年金も、何もかもいい加減に浪費されている。

よく託しているね。

反乱も抵抗もせず、お上の言いなりになる水呑み百姓も同じ。

 

組織ぐるみなのは、文科省の天下りだけじゃない。

組織ぐるみ、上から下まで、右から左まで、

ぐるっと汚染された日本列島。

 

 

安倍さんが、国益を損するために訪米する。

行ってほしくないけど訪米する。

トランプ政権に貢ぐために訪米する。

 

参勤交代をして、お城の修理をさせられて、

そんな江戸時代の大名行列も、

それ自体、お金を使わせるためだったし、

江戸と国もとと、二重生活は、多額の費用を要したものだけれど、

今はそれはない代わりに、軍事や経済で直接協力させられる。

形だけは外国の、現代の親藩、外様のトランプ詣で。

お取り潰しが怖くて、

お気に召すまま、沢山メニューを用意して行くのだろうな。

どんな仕儀になるやら。

 

一見、厚遇されればされるほど、

吉良様への賂どころじゃない国家的貢物が、

献上された証しなのだろう。

 

 

安倍さんは、大統領専用機に同乗し、

パームビーチでゴルフをし、

鼻高々で帰国するのだろう。

祥  * 『日記』 * 19:40 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ