<< どこの国の馬鹿な政府か この期に及んでまだ原発を売り込む算段 | main | 債務超過に陥るのかな東芝は 政府も原発政策を見直すべき時が来ている >>

カナダの首相は言うべきことを言い諂うことをしない善き哉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダのトルドー首相は、

移民や難民に対して開かれた政策を続けていくと、

自分の考えを述べた。

 

 

日本のマスコミは、ゴルフだの接待だのばかり報道して、

経済供与以外思い浮かばない安倍さんのお先棒を担いでいるけれど、

世界の首脳は、少なくとも安倍さんよりはしっかりしているようだし、

トランプさんも、全方位外交で、中国とも深く結びついている。

ビジネスマンの大統領が、日本というお財布も手放さないだろうが、

14億人の巨大な市場を失うわけがない。

 

歓待されたと、はしゃいでいる日本を、冷ややかに眺めながら、

戦略的な無能艦隊と、昔も今も思っているだろう。

 

気がつけば、親亀こけたら皆こけるとか、

梯子を外され立ちん坊ということにならないように、

戦艦大和や戦艦武蔵を旗艦と擁しながら、

むしろそれゆえ敗戦した愚をくりかえさないよう、

世界が見えなくなり、独りよがりの解釈と、

自画自讃の報道に満天下が一色になる癖だけは、

改めた方がよさそうだ。

 

 

祥  * 『時事』 * 12:29 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ