<< 寄付金集めに関わっていないというが名前や顔を貸したことは該当しないのだろうか | main | 安倍首相の原発重視が東芝を泥沼のような道に引きずり込み >>

適正な対価なく売り払われた国有財産 不利益を被る国民 振り返れば

いつ解決されるのだろう。

 

あの国有地。

元、池沼の部分は、ほぼ敷地の東北の隅に限られ、

地層の深い部分までゴミが存在するとすれば、その部分に該当する。

その他の大半部分は、47%ものゴミ含有率がありそうにもない。

 

随分、問題が広がってしまったが、

そして、その広がりは当然でもあるが、

原点の問題も忘れることなく、

証人喚問には、籠池氏だけでなく、

公平に、関係の役人も呼び、

証言と現存する文書を以て、解明してほしい。

(廃棄されたとされる文書が出て来るなら、

当然、それも加えて。)

 

森友学園、加計学園、

安倍首相が関わる二つの学園の問題の間に横たわる

官有地の譲渡や売買に、政治が介在したのかどうか。

それによって、政治の透明性が侵されていないかどうか。

疑惑があれば、国民や市民が、

その疑惑を納得いくまで、

何者にも恫喝されることなく、

解明を求めていい権利を持っており、

それが、主権在民の政治の在り方であって、

臆することなく、怯むことなく、

また諦めることなく、誤魔化されることなく、

その権利を行使してほしい。

政府や、自治体は、それにこたえる義務と責任があると思う。

祥  * 『時事』 * 20:27 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ