<< 名誉校長を引き受けたくらいだからご祝儀を持っていくくらい普通なのになぜ否定するのかな。 | main | 安倍さんの首を取るまでやめないと野党もメディアも覚悟を決めて >>

国有地売却問題、振り返ってみると。

日本会議系の、皇国再現計画、

その教育版が、「日本教育再生機構」

安倍総理や自民党の極右、維新の会ほか、

それに賛同する政治家、文化人。

 

行政は、安倍首相が目指すように、

憲法を改正し、自衛隊を国防隊に、

天皇を象徴天皇から元首に、

といった改革を為そうとするが、

教育にも大きな役割が期待されていた。

 

国造りは教育からは、

右でも左でも、古今東西同じ。

 

 

安倍総理夫妻と、

籠池夫妻。

 

二組の夫妻の奇遇とも言える出会いが、

この計画を、事件にしてしまった。

中でも、安倍昭恵さんと籠池理事長。

 

いわば、計画を事件にしてしまった、二つのキャラの出会い。

天然のゆるふわ系お人好し奥様、止められない首相夫人の登場。

彼女が、名誉校長を引き受けていたことから、

世間の注目が集まり、かつ、籠池理事長のユニークさが、

人々を引きつけてしまった。

 

官僚が上手くやるはずだった実質無償譲渡が、

世間に出てしまった。

しかも関心を集めてしまった。

 

加えて、「安倍首相がんばれ!」の幼児映像と、

安倍昭恵さんの講演映像。

安倍昭恵さんが主演女優賞ものだとすれば、

稲田朋美さんは助演女優賞を籠池夫人と争う。

 

視聴率絶対のテレビを席巻し、巷の話題化した時点で、

マスコミへの内閣のコントロールも効かなくなり、

躍起になって火消しをしようとすればするほど、

世間の関心が高まり、登場人物も暴走し、

国有地売却問題は、内閣を揺さぶる事態となっている。

 

今、この時点?

祥  * 『時事』 * 13:18 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ