<< 政府は日本の全原発事業が失敗した時どう責任を取る気なのだろう | main | 手紙は「一部しか読んでいない」ってどんな読み方  >>

「正直な人」とか「無防備な人」とか擁護されている昭恵さん スピリチュアルなものに近づくまでは危険も少なく。

 

今では、とても危険な存在。

特に、安倍総理の政策とつながってしまった時点で。

 

最初は、別々の道だったかもしれない。

最初は、自分を知り、世界を知ろうとする

自己啓発の深化から始まったかもしれない。

 

でも、自然主義的な、無農薬農業や無添加食品への興味から進んで、

神道的精神主義に嵌り、大麻は、日本の神事に深く関わっているから、

「日本を取り戻す」ことは、「大麻を取り戻すこと」と発言し、

過疎地での大麻栽培を支持し、視察したりもした頃、

既に大きく道はカーブを描き始めていた。

 

神秘性、精神性の高揚が、「神聖な日本」への傾斜となり、

「日本は凄い」「日本は素晴らしい」と、

感動がボリュームアップして行く時、

日本会議的な、日本称揚と結びついてしまった。

 

民族精神の喚起と定着を、教育にも、政治にも求め、

「世界の真ん中で輝く日本」をスローガンとする

安倍政治に合体し、安倍政治を動かす歯車の一つとなってしまった。

 

しかも、

「自分が動くと物事が一気に進むのは、

超越的な力が働いているから。」

と思いだした頃から、その行動、講演に拍車がかかり、

確信的に突き進んでいる。

 

「普通の主婦、普通の主婦」と言いながら、豆の木を登るように、

雲の上から下界を見下ろすところまで、昇ってしまった。

「どうしてこんなに注目されているのかすごく戸惑っている」

らしいけれど。

祥  * 『時事』 * 13:54 * comments(4) * trackbacks(0)

コメント

韓国の占い師どころじゃないよね。

カルトやニセ科学、スピリチュアル、もろもろがほんとに蔓延っていて、それに警鐘を鳴らす学者や文化人も多かったのだけど、庶民は科学的思考などできず、どんどんハマっていった感がありますね。まるでそのイメージパースのようだわ、ファーストレディ様。

鳩山さんも細川さんも奥様方はそんな感じだったけどスケールが違う。

今頃、籠池さんは一番悪い奴らに札束でほっぺたをピタピタされてるのかしらね。それでは足りないか、、億の塊をいくつも、正座した太ももの上に抱かされてるのかも。黙ってしばらく我慢してよっとかなんとか。
Comment by 京 @ 2017/03/30 4:41 PM
ほんとね、
怖いわ。

まともに抗うには、
命が幾つあっても足りないね。

相手は、警察も検察も裁判所も、
何よりお金を握っているからね。
Comment by 祥 @ 2017/03/30 5:05 PM
個人が国家に歯向かうのを絶対許さない姿勢だよね。
これから国家が個人を滅多打ちにするのを見せられるのかしら。
Comment by 京 @ 2017/03/30 8:15 PM
どうしよう。
オラそんなのいやだ。

と言ったって、
見せしめのさらし首、
昔で言えば、そんなお仕置きをするのかな。
そのためにも共謀罪でも何でも早く作れ。
バンバンひっ捕らえて、逆らえないようにしろって。

身も凍る時代が来るかも。
批判心など欠片もありませんって
大人しく従うしかないって、あきらめさせるんだろうね。
ほんと、怖い。
Comment by 祥 @ 2017/03/30 8:58 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ