<< 支持率という名の凶器でしかなくなって いつからか権力者を守る剣とも盾とも成り果て | main | トランプは凄い!と絶賛、そのトランプと濃い人間関係を築いた安倍さんも凄いと橋下さん 何で? >>

撤回し謝罪するだけ それで終わる 「問題なし」とする上がいて

石井復興相の「避難は自己責任」の激高発言に続いて、

山本地方創生相の「学芸員はがん。一掃を」。

普通なら、こんなに次々と、蔑視的な問題発言を連発する閣僚がいれば、

支持率だって落ちるし、政権運営にも支障を来たすところ。

 

 

でも、何にも影響が無い。

奇妙な無風状態。

 

内部も反省も批判も告発もない。

このところの政治問題や首相の対応についても、

かつての自民党なら、石破さんあたりが、

行動を起こすところ。

でも、そうはなっていない。

安倍一強に刃向うことの恐ろしさを

思い知らされているのだろう。

 

一人潰されるのを怖れて、

手を挙げるべき時に手を挙げられない

決断力の無さも最大の減点ポイントでもある。

 

時を失するのは、

全てを失すること。

三日天下になることを怖れ、

隠忍自重して、機を窺っているのだろうが、

誰もが、家康になれるわけではない。

いつのまにか終わっていて、
一周回って次へ行ってしまうもの。

 

 

石破さんは、安倍さんと違って、

論理的な考え方を出来る人だけれど、

意見はあっても、強く主張したり、

争ったり出来ず、

長所が欠点にもなり、

負ける戦いは出来ず、

党内調和的に終わってしまう人。

スタイリストで、

勇気がないのかしら。

 

安倍さんに比べれば、

聡明そうに見えるから、

滅茶苦茶なことはやりそうにないだけ

安心に思えるけど、憲法改正とかは、

同じ考えなんだろうな。

 

 

 

 

派閥の合併を模索したり、

麻生派の勢力拡大の動きがあるようだが、

再登板には、拒否反応が多いことも知っているだろう。

派閥内の別の若手を立てて、

隠然たる力をふるうつもりだろうか。

 

 

 

誰もいないのかしら。

保守も満開の桜状態。

 

 

祥  * 『時事』 * 17:12 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ