<< 公文書管理は民主主義の基本 廃棄したがる政府は犯罪的 | main | 例えば日本の原発をメルトダウンさせれば米軍基地は意味がなくなり人っ子一人いなくなるわけで >>

アメリカが出て来ればロシアも出て来る 攻撃すれば難民も出る

それを承知で強硬策を取るとしたら、

罪深い。

 

ロシアがどう考えるかを考えないで

戦争なんて仕掛けられないず。

今までの経過を見ていれば、

中国が北朝鮮をコントロールできないことくらい

解っていそうなものなのに。

 

北朝鮮にすれば、

中国が物資のルートを閉ざせば、

ロシアに頼ろうとするだけだし、

ロシアも、中国への配慮が要らなくなる。

 

ただ、それほど積極的に関わらないのは、

北朝鮮には、戦費やリスクに見合うほどの魅力的な

資源が、今のところ不足していることだけ。

 

(韓国、日本への一通路として考えれば、

利用法はあるかもしれない。

全軍南下した上、アメリカの沖縄に対峙するため、

北方領土の方にも軍事基地を拡張し、

同時に、半島から、ほぼ陸続きのラインを

一層、強化しようとするかもしれない。)

 

アメリカが、中東地域ほど食指を延ばさなかったのも、

同じ理由だろう。

 

南北は朝鮮戦争の休戦状態にあるだけでもあるから、

それ以前に戻ることになれば、

アメリカとロシアの支援を受けて戦争をしていた時代に戻ることにもなる。

 

単純に戻るわけではなく、2017年の世界情勢を加味し、

加速した形で戻る。

北朝鮮が、核開発力を増した状態で。

 

北朝鮮への物資のルートを閉ざすなら、

中国もロシアも同時に閉ざすのでなければ意味はない。

アメリカとロシア、そして中国の関係次第だ。

 

 

単に懲罰ではすまないのだから、

韓国の国民は、被害から考えて戦争を望んでいないだろう。

日本の国民も、想像力があれば、戦争を望まないだろう。

 

それでも、必然性もなく、武力行使をするのは、
自衛のための戦争とされる言い訳すら必要としないと考える
傲慢で冷血な大量虐殺。戦争犯罪。


国際法で許されていない。

国民もそれを、結果的に容認したなら、

加担したことに変わりない。

 

 

人間は、結局、

大量虐殺なんて平気な動物なんだろうな。

ヒトラーだけじゃない。

アメリカの大統領だって、

一瞬で10万人以上も死ぬ爆弾を2度も落としたし、

それを知った国民も大統領を非難しないし、

戦争を早く終わらせ犠牲者を少なくするためだったという

いい加減な嘘を信じていたりする。

真剣に考えたことがないためだ。

真剣に考える必要すら考えていないからだ。

愛国心という名の自己愛が、他者の命より優先している。

 

日本の昭和天皇だって、

「原子爆弾が投下されたことに対しては遺憾には思ってますが 
こういう戦争中であることですから どうも広島市民に対しては

気の毒ではあるがやむを得ないことと私は思っています。」と、

記者会見で答えている。

 

その日本自身が、侵略戦争と言われることさえ快く思わず、

自国の310万人の戦死者に何倍する他国の犠牲者への

心底からの謝罪さえしたくないと、未だに思っている。

 

つまり、人間っていうのは、どの国の人でも、

何十万人の虐殺だって、平気だということだ。

 

とすれば、自分も含めた人類の性質の中に、

それを平気とする性質があると考えて、

そのような状況下に追い込まれないようにするしかない。ということで。

狂気が平気になる状況、主に集団発狂するのは、そういう時だから、

戦争や武力攻撃をしないことを、自らに課すしかない。

 

そういう状況では、みんな殺人でも、大量虐殺でもして平気な性質が

潜在しているということだから。

 

 

万が一、

北朝鮮の政権を潰すことにしたとして、

奇襲による斬首作戦にしろ、

本格的軍事作戦にしろ、

それが成功して、金正恩体制が崩壊したとして、

その後の政略は、考えているのだろうか。

 

或いは、トランプ政権が、北朝鮮の國体までは変ることを

求めないと保障しても、弱体化しレイムダック化した国からは、

流れ出るものは流れ出る。

難民は止められないだろう。

 

難民を発生させておいて、難民を受け入れないという

アメリカのトランプ政権が、

さらに極東でもまた難民を大量に生みだすとしたら、

しかも、日本が、積極的に支持するとしたら、、、

 

 

イラク攻撃で短期間でフセイン政権を壊し、

アメリカ主導の新政権を成立させた後、

あの地域がどうなったか。

 

その結果、近隣諸国の流動化を生み、

ISを発生させ、

大量の難民を生んだ。

 

その難民が、各国に流れこむことによって、

世界中に極右旋風が吹き荒れるようにもなった。

 

 

もし、北朝鮮が崩壊すれば、

日本も、難民問題を、

正面から受け入れざるをえなくなる。

 

今でも、在日朝鮮人に対する差別感情の激しい国で、

それは、可能なのだろうか。

ヘイトスピーチどころか、

この災害の多い国では、

関東大震災時の朝鮮人虐殺の時のような惨劇も、

再現されるのではないだろうか。

 

それでいて、万が一にも、

武力行使を支持するのは、

矛盾している。

 

もし、10万人20万人、100万人の難民が

ただちに入国許可を求めても、

その生活を保障し、医療や住宅を提供することが出来るのだろうか。

自国の被災者さえ切り捨てる棄民の政府が。

それが出来ないにも関わらず、主権国家の崩壊に手を貸すのは、

人類として無責任。

 

難民を受け入れる覚悟なく、

トランプ大統領の武力攻撃を支持するのなら、

自爆を受け入れるのも同じ。

 

原子力発電所を数多持ち、大都市を幾つも抱え、

首都がオリンピックを迎えようと準備している国。

日本の頭上の敵は、この国の好戦的な自国政府。

そして煽られやすく流されやすく同調しやすい自分自身。

 

結局、裏で取引され、何事も起こらないだろうと。

キナ臭い情勢を利用し、サリン云々と国民を煽り、

そのくせ、稼働させたがっている原発攻撃の危険には言及せず、

(するときは、ミサイル防衛予算を拡充するための国会審議時だろう)

自分は、秀吉の醍醐の花見さながらの饗宴に酔い痴れながら、

軍事力を強化し、政権を強化しようとする政府があるだけ。

 

秀吉の威信を示す醍醐の花見は、招待客1300人。

華麗さ、豪奢さには及ぶべくもないが、安倍首相のお花見は16000人。

秀吉は、醍醐の花見のあと、5か月で没した。

 

 

祥  * 『時事』 * 11:19 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ