<< 終結に向かう時には、安倍さんが必ず自分のお手柄にする。 | main | 天皇の真似してビデオメッセージ 「教育無償化」をセットにする狡さ >>

足立尚彦歌集『ひろすぎる海』

 

 

・あやふやな核の傘なり我が国の傘は骨だけなのかもしれず

 

・領土とはふしぎなことば。あるがままなすがままなり微生物らは

 

・アントニオ猪木の延髄斬り思うさば缶のさばの骨やわらかく

 

・折れやすい鉛筆の心 やさしさはHでもなくBでもなくて

 

・この蛇に脳のありき調弦をすればはるかに響くこの二胡

 

・とりあえず今夜は生きているだろう野菜売り場の野菜のように

 

・雨音のやさしい未明 夢なのか過去なのか妻はしずかに死にゆく

 

・燃えるごみの中には文字が多くあり言葉を連れてごみ出しにゆく

 

・秋霖に打たれて猫が歩きおり修行のように猫らしくなく

 

・うつむけばひろすぎる海 見なくてもひろすぎる海 うつむいている

 

・あの猫は孤独だろうか石段の途中に長い影をつくって

 

・豆腐買う豆腐をつくっているひとは誰もが真面目そうな気がする

 

・かなしみはぎらぎらじゃなくきらきらとしずかなりけり日暮れの川に

 

・工事現場の足場だ。まるで何もかもなかったように消える人生

 

・豚汁がとても旨いと思うとき豚の悲鳴は聞こえておらず

 

 

             足立尚彦歌集『ひろすぎる海』より

             2017年4月20日 定価1000円(税別)

            「ミューズ・コーポレーション」発行

 

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

足立尚彦さんの歌集を読んで。

 

感想代わりに、

勝手に返歌させていただきますね。

 

 

・遥かなるタクラマカンの砂漠には孫悟空飛ぶ蒼天がある

 

・西域を吹く風の音、風の色 月の沙漠に眠るみずうみ

 

・日本語は美しいもの 「秋霖」に濡れてゆくらし竹林と猫

 

・そうみんな消えて消え去るだけのもの ただ一本の塔を残して

 

・日の暮の川しずかなり 海と川まじる汽水に弾ける光

 

・存在の証あらなく逝きたれば ただ文字・言葉その反古残る

 

・豚汁の豚にも在りし日が  愉しからずや悲しからずや

 

 

                       2017.5.3  祥

 

祥  * 『今日の歌 :本、印刷媒体』 * 13:38 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

歌集の紹介、ありがとうございました。
それから、返歌にも感謝申し上げます。
Comment by 足立尚彦 @ 2017/05/03 9:04 PM
いえいえ、ちゃんとした感想も書けなくて。

でも足立さんの歌は反射運動を呼び起こすんですよ。

歌集の中の、
「颯爽と樹木葬にて見送らん母のひとよを粉末にして」
じゃないけど、粉末になるのも遠い先ではないので、
遊べるだけ遊びましょう、と思っています。

「人非人でもいいじゃないの」という
太宰の『ヴィヨンの妻」の最後の台詞、
昔から好きでした。

その後の「生きてさえいれば」は、
もう死んだっていいんだし、
って気分に変わりましたが。
Comment by 祥 @ 2017/05/04 12:56 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ