<< 普通なら絶体絶命のはずなのに鉄の城壁は崩せないのか | main | おおよそモラルの欠片もない政権が欲しがっている「共謀罪」とやら >>

もう逃げられないとおもうなぁ いくら安倍さんでも。それでも逃げ切るかしら。

毎日、皇族の冠婚葬祭があるわけでもないし。

宮内庁の許可なくスクープが飛ばせるわけでもない。

あざとさが目立つのも困る。

 

ミサイルを毎日打ってもらえるわけでもないし、

国民もだいぶ馴れてしまった。

 

有名人を麻薬で捕まえるのも

麻薬絡みは、いろいろと、

問題もある。

 

ぶつけて来られるのは、

何かわからないが、

こんな時、大活躍するはずの、

山口敬之氏が、別の意味で大活躍中とあらば、

頼りに出来るのが田崎史郎さん一人では心もとないと、

官邸も焦っているかも。

 

安倍さんサイドに立って解説してくれる人が

まだ何人かはいるものの、

御威光に影が差したか、

だんだんと

減っているような。

 

それでもまだ何人かいるし、

御用達の読売新聞もついているから、

困らないかもしれないけど。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いだった過去の総理でも、

政権に暗い影がよぎり始めると、

一斉に波が引くように、

周りから、人がいなくなるもの。

 

まだまだ分からないけれどね。

様子見にはなって然るべきじゃないかな。

権力の絶頂にいる人の周りの議員さんたちも。

もちろん野党やメディアは頑張ってもらわなければ。

 

メディアは、ここで頑張らなかったら、

看板を下ろしてほしい。

ここで引いているなんて屈辱と思わないと。

何のために、記者になったと思わなきゃ。

 

アメリカの前FBI長官は、

トランプ大統領に、忠誠を誓うか、

と問われて、

正直でいます。

と、答えたそうだ。

 

勇気があるなぁ。

 

日本の官僚も、そうであってくれたら、

どんなにかいいだろう。

廃棄文書と共に、

良心も廃棄したりせずに。

 

祥  * 『時事』 * 17:47 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ