<< 安倍総理と加計孝太郎氏を証人喚問して訊くのが筋 | main | 731部隊といえば、黒木三千代さんの歌を思い出す。 >>

生物兵器を作ることだってできる731部隊のように 加計学園開学を許しては危ないのでは

何をするかわからない安倍政権。

危険な原子力発電所を再稼働し、

国民を恐怖に直面させることも平気。

 

核兵器と並ぶ生物兵器の研究をさせるため、

感染症の研究と称して、その拠点とする可能性はある。

 

人類を襲う感染症の対策とすれば、

大方の目は眩ませられるから。

それが、戦略特区の、隠れた目的かもしれない。

だから、あんなに、開学を急いだのかもしれない。

首相のご意向で。

 

(そういえば、今治市にも近い、

芸予諸島の大久野島では、

大日本帝国時代、陸軍によって、

化学兵器の研究が、行われていた。

毒ガスの島として有名だ。

秘密を守るため、

地図から消されていた島だ。

化学兵器と細菌兵器の違いはあるが、

連想してしまう。

あらぬ連想、妄想の類かもしれないが。)

 

 

そんな政権と密着した獣医学部を開学させるために、

今治市は、土地を無償提供し、

更に、建設にかかる資金の半分を、

今治市と愛媛県とで、6対4ぐらいの比率で

負担するという。

ただでも財政難の今治市がである。

 

加計負担分の100億円は、

無償提供された土地を担保に銀行から

加計学園が借り入れるというが、

無事に借りられるのだろうか。

 

借りられたとしても、

返せるのだろうか。

万が一、計画が挫折した時は、

今治市も、現在の負債に加えて、

新しい負債をも背負うことになる。

 

 

それから、

この大学が、無事に発足したとしても、

恐ろしい想像をしてしまう。

政権との距離の近さゆえ。

しかも、その政権が、

モラルなく、

国民の幸福も難なく犠牲にしてやまず、

戦前のような軍事大国を目指しているから。

 

その上、隠蔽を得意とする政権でもあるので、
「特定秘密保護法」など適用して情報を隠匿し、

それを開示させようとすれば、
「共謀罪」を適用するかもしれない。

 

たとえ発覚したところで、有事に備えて、とか、

北朝鮮のミサイルの弾頭に細菌兵器が搭載される危険に備えて、とか、

間断なくあるバイオテロの脅威に備えて、とさえ言えば、

この国の国民は、黙らせられると思うだろうけど。

 

そんな政権が、

戦略特区の意味を加重し、

借金だらけの今治市と岡山理科大獣医学部に

受け容れざるを得ない条件を熟知した上で、

過剰な補助金を注ぎ込み、

細菌研究と称して、生物兵器を作らないとも限らない。

妄想に過ぎなければ幸いだ。

 

経済的には、市も破綻を免れた上に

潤うことも出来るかもしれないが、

市には、内容は知らせることは勿論ないだろうから、

知っての共犯とはならないだろうが、

恐ろしい計画に巻き込まれることになる。

 

レベル4級の研究を行うのであれば、

東京の武蔵村山の国立研究所のように、

研究施設が住宅地の真ん中でなくても、

近隣に住宅はあるようだし、

しかも、質的に、管理責任体制が十分でなかったら、

市民にとっても、危険だ。

 

来春開学が、ほぼ決まっているのであれば、

開校後の病原菌に対する管理体制と、情報開示を、

ぜひ確かなものにしてもらいたい。

 

祥  * 『時事』 * 22:40 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

やってはいけない。
Comment by 千尋 @ 2017/09/30 3:17 AM
何を差しているのかがよくわからないのですが、
獣医学部開学、あるいは、生物兵器の生産に利用されることだとしたら、やってはいけないと思います。
Comment by 祥 @ 2017/09/30 8:23 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ