<< 交通難民の問題。過疎地とか郊外の傾斜地にあるニュータウンなど。 | main | 総理が元凶、ならば総理を変えるしか それが普通の考えであり。 >>

茂木敏江歌集『かぎしっぽ ふれふれ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年5月発行

印刷製本 株式会社わかば

著者 茂木敏江

『未来』、『楡の会』所属

 

 

 

お会いしたことはないが、

この歌集を読めば、

誰でも、この人が、

ひたすら正直で裏表のない人であることが分かるだろう。

ケレンや虚飾がなく、真っ白な紙に、

一筆一筆書いて行くように、

日々の思いを、淡々と詠う。

 

その歌は、著者の職業詠であり、

介護を必要とするようになった母や、

慈愛溢れる父の生前の姿をとらえる家族を思う歌でもあり、

歴代の飼い猫の愛らしさを写すカメラマンのような写実の歌でもある。

猫が、こんなに登場する歌集も珍しい。

 

表紙にも、口絵写真にも、「写真付き短歌」にも、

もちろん本文挿入写真にも登場する。

どの猫もめまぐるしく動き、安心を預けて眠り、

一人暮らしの著者の友だちであり

子どもであり、時には畏敬する王であり王子王女である。

 

どの猫も個性があり、やんちゃな仔猫や、野良猫の歌もあり、

生き生きとした生の塊が、穏やかな日常に小さな波乱を呼び、

攪乱し、また著者の手のひらで眠りにつく。

 

・硬直し初めて吾に触れさせし野良猫レオを葬る朝

 

・母猫を交通事故で失いし小猫がきたりココと名付けぬ

 

・手のひらの 上で遊べる 仔猫ヘルス 伸びをしたまま 眠りに入る

 

・母猫の乳首にすがり眠る仔を見守るごとく昼の月あり

 

・かぎしっぽを振れ振れココよ家猫よ幸せの扉開いておくれ

 

かぎ尻尾の猫は、幸運のお守りと言われている。

生い立ちは可哀想ではあったが、

幸福を運んで来た猫であったろう。

 

 

この本の中に、一人の女性の25年間がある。

あとがきに詳しいが、そのプロフィールにある生の過程が、

凝縮した一冊の歌集となって反映されている。

なかでも、歌集に挿入された亡き父との写真と歌が心を打つ。

 

・折り紙のうさぎをかざり初春の小江戸横丁タクシー流す

 

・「二度目ね」と吾がタクシーに乗車せし癌の女性は再入院を告ぐ

 

・弟は家内安全の吾が札に猫しかいないではないかと言う

 

・黒羽根の那珂川を吾は流さるる鮎竿をにぎり引き船を連れ

 

・三月のままの生家のカレンダー地震の日より母は老いゆく

 

・冬物の衣類それぞれに名前書く施設に入る母の持ち物

 

・「困ったことあれば言えよ」と父は言う鼻から腸に管を入れつつ

 

祥  * 『今日の歌 :本、印刷媒体』 * 15:28 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

読んでくださったのですね
どうもありがとう
嬉しい歌評
感謝
Comment by サラミ @ 2017/07/29 6:28 PM
愛らしい猫のイラストの素敵な装丁で、
手に持ちやすく読みやすい造本。

どの歌も、正真正銘、実感に裏打ちされた
心に響くものでした。
生きた証。

これからも、どうぞ沢山、歌を書いて、
くださいね。
Comment by 祥 @ 2017/07/31 8:29 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ