<< 偽装する内閣、偽装する首相 マスコミが取り上げることも少なくなった加計問題 | main | 安倍総理のむごい答えを聞くだけで この国の総理でいてほしくない >>

加計氏も開学が遅れれば遅れるほど資金難になるだろうが 今治市はどうするの?

そんな恐れもあるところ、

経営規模が大きいだけで、

籠池さんと変わらないんじゃないの。

 

資産800億と言っても、

都心でないことは元より、

市内の一等地もあるかもしれないが、

アクセスの悪い換金性に乏しい土地もあり、

積極的多角経営で儲けている教育、美容、健康産業と言え、

破格の安値で手に入れた各施設とはいえ、

人件費が変るわけでもないだろうし、

幾つかある大学は偏差値の低い、

定員割れの不採算学部を、

補助金で補っているようなもののようだし、

赤字を利用して節税につとめたとしても、

本来、充実した人気大学というわけではない。

 

全体としては、堅実経営であるかどうか、

知る所ではないが、

新規の100億円もの投資が、それとは別に、

回収できる状態でもないだろう。

 

二頭立ての馬車として、

もし仮に、一方の馬が駄目になれば、

もう一頭はどうなるのだろう。

今治市の財政状態も、

既に900億円ともいう多額の債務を抱えるという。

起死回生のためといえ、

さらに追加する岡山理科大獣医学部への投資は、

危険率の高い冒険ではあっただろう。

 

前愛媛県知事、加戸氏の縷々切々と語った内容によれば、

「今治は、ずっと加計ありき」であったわけで、

それに賭け、それに依存しようとしていたわけであるが、

根拠無き、採算無視の依存でもあったわけでもあり、

初めから終わりまで、市民不在で、

市長や加戸氏が、総力を挙げて誘致しようとしたことのツケは、

これから回って来ることになる。

 

計画性の無さにおいて、

進むも退くも、地獄へ向かう恐れを内包している点において、

市民の断罪を受ける立場と言えるのではないだろうか。

 

市の浮沈をかけた事業を、市民不在で、

ドンと呼ばれる紳士然とした妖怪の執念や、

ちょこまか動く商店の番頭のような市長の「悲願」で

成そうとした結果。

しかし、市民の願いでもあったかどうか。

市政私物化の結果である要素が強く見える。

 

市民の考えはどうなのだろうと、

思ってしまう。

市民は、そもそも市政に関心を持ち、

その税の使い道に関心を持ち、

市の計画に関心を持っていただろうか。

 

そうではなかったのではないだろうか。

無関心ほど怖いものはない。

無関心が、市政の私物化を許してしまう原因になりうる。

国家に於いても、同じことが言えるが。

 

祥  * 『時事』 * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ