<< 『キス・ミー・ケイト』 | main | 『夢千代日記』にあるような商店街の真ん中に煙突がある夕べの町に >>

日常が日常として流れゆき 頭上遥かを超えるミサイル

連休の新幹線は200%の込み具合だとか。

 

少し前に、中央線のスーパーあずさで甲府まで行ったが、

その時は、平日で、特に何でもない日だったのに、

予約なしで乗るのが好きな私は、ふらっと行っても、

中で指定席を買えばいいくらいに思って行ったら、

指定席もグリーンも全部売り切れて、

自由席の通路まで一杯という有様に、

仕方なく途中まで立って行った。

幸い、途中駅で座れたからよかったものの、

今度から、絶対、予約して乗らないと

大変なことになると、思ったものだった。

 

ついこの間まで、

いつでも特急なんてガラガラ、

ふらっと乗っても、全然大丈夫、

という空き加減だったのに、

この頃は、首都圏を走る私鉄の

近距離通勤特急でさえ、

満杯で走っている。

今は、夏休みだから特殊だけれど、

普段でも乗車率が高いということは、

世の中、すごく景気がいいのだろうか。

ダイヤの組み方で変っているのだろうか。

なんだかわからないけど、

体力、気力、併せて前以て予約の要あり、

ということで。

いつのまにか、常時ラッシュアワーの通勤電車のような

中距離、遠距離列車になっていたようで、

いつのまに、時代は変っていたのだろうと、

今浦島のような気分。

 

祥  * 『日記』 * 01:00 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ