<< 結婚って、そんなに立派な制度なんだろうか 私はそうは思わない | main | この国ではうそをついた人が守られる みんなでうそをついたらいいの? >>

いよいよ高齢者への年金切りが始まるらしい 若年層への配分を口実にして

 

そして、若&弱年層へも、言い訳と誤魔化し程度にしか

配分されないのだ。

全世代型とか何とか言って、

年金を出し渋り、できるだけカットしようとしている。

年金切りの口実にされるだけ。

 

でも、また国民は、安倍流の詐欺的手口に騙されるのだろう。

なんのかんのと言われて、仕方がないと、あきらめるのだろう。

軍事費ばかりの上昇も、北朝鮮がこれではなどと言って、

拠出やむなしという意見が大勢を占めるのだろう。

残念ながら、全ては、首相の甘言に騙される国民が悪いのだ。

 

この政権は、消費税を上げても、社会保障になど回さない。

うそでも、誤魔化しでも、何でも平気な安倍首相。

国民の生活と生命を守ると言いながら、

国民など、何とでも誤魔化しの効く、

愚か者の集まりだと思っている。

踏み潰してもいい虫けら同然に思っている。

 

そして、それを、許してしまう国民なのだ。

安倍さんは、よくやっている、と言って。

 

実質所得、可処分所得の下がる中、

税や社会保険料が上がり続ける庶民の嘆きなど、

世襲議員の多い国会議員の知るところではない。

 

戦争ごっこをしている暇があれば、

庶民の生活が、万年戦争であり、

万年被災者の状態にあることを、

少しでも考えてみればいい。

 

 

首相「社会保障、高齢者中心を是正」 本社インタビュー 

2017/9/12 23:05
日本経済新聞 電子版

 安倍晋三首相は12日、日本経済新聞のインタビューに応じ、今後の社会保障政策についてこれまでの高齢者中心から「全世代型」に見直す意向を表明した。そのための施策として幼児教育の無償化などを挙げ、財源として教育に使途を限定して国債を発行する「教育国債」も検討する考えを強調。北朝鮮情勢では核の完全な放棄が対話の条件だとの認識を示した。

 首相は「高齢者向け給付が中心となっている社会保障制度を、全世代型社会…

 

年金70歳以降から可能に 提言

9/13(水) 9:37 掲載

年金受給「70歳以降からも可能」提言 有識者検討会

 高齢化に対応する社会づくりを議論している内閣府の有識者検討会は12日、公的年金の受給開始年齢を70歳より後にできる仕組みづくりを盛り込んだ提言の骨子案をまとめた。政府は提言をもとに、年内に中長期的な高齢者施策の指針となる「高齢社会対策大綱」の改定案を閣議決定する見込みで、導入の是非をめぐって議論となりそうだ。(朝日新聞デジタル)

祥  * 『時事』 * 10:45 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

北朝鮮対策で軍事費を増やすのは逆効果です。軍拡競争は愚かです。軍事費、天下り先の出先機関の高額報酬、リニア新幹線など無駄な公共事業費、タックスヘイブン利用による脱税摘発等々によるおカネを福祉国家建設に回して民生が安定した国を核攻撃して世界中から袋叩きにされるバカな国はないはずです。無駄な予算支出の一覧は別途まとめます。特別会計300兆円の実態を明らかにすることが特に大事だと思います。民主党鳩山政権はここに挑戦しましたが、財務省が開示を拒否し3兆円しか明らかにできず、これが「仕分け」失敗の大きな理由とされ政権の打撃になりました。特別会計解説の書籍をご存じでしたら教えて下さい。
Comment by ヒロキ @ 2017/09/13 12:27 PM
特別会計解説の本は知りません。

でも、北朝鮮を援軍として、
ここぞとばかり軍事予算を膨張させる安倍政権の思惑や、
今さらに軍事産業を太らせ、国民の税を奪い取る姿は
浅ましく、亡霊の復活を見る思いです。

平和主義の国として、世界中の核を持たない国の仲間と
歩んでこそ、世界の信頼という大きな防備が得られるのに、
進んで火をつけて回るように、
国民を煽りに煽り、トランプ大統領をけしかけ、
圧力、圧力と大騒ぎする安倍政権には、恥ずかしくなります。
世界中で、物笑いの種でしょう。
しかし、この恥ずかしい首相に、国民の支持が復活していると
いうのですから、
こんな首相に、特別会計予算や、官房機密費を自由に遣わせては、ならないと思います。
一刻も早く、政権の座からひきずりおろさなければ、
この国は、ますます劣化し、財政は破たんし、
安倍さんがテロを誘発するようなことばかりするので、
必要以上に緊張を強いられ、かつ働かせ方改革で奴隷化され、
年金は流用され、国民は、日常的に、塗炭の思いをすることになるでしょう。
Comment by 祥 @ 2017/09/13 10:18 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ