<< こんな言葉に軽くも騙される国民か 社会保障にいつあてられたことがある | main | 生きたい人生なんてなかった私には。 働きたくもなかったし オブローモフと同じだと思っていた >>

まずアメリカの非核化をロシアや中国ももちろん

(なんて言っても、無駄なことは解っているけど。

理屈に過ぎないことも。

でも、やっぱり変なことだし。)

 

 

 

そのための核兵器禁止条約だったのに、

日本政府は、反対した。

 

で、大国の保有核数から言ったら、

取るに足らない弱小国の核を問題にする。

 

具体的で有効な核軍縮を

厳しく迫らなければならない相手が違っている。

 

私は、アメリカの核の傘も、

返上すべきだと思っている。

 

核の傘を差していても、

差していなくても、

危険性は変わらないもの。

 

抑止だか、

挑発だか、

わからないもの。

 

 

祥  * 『時事』 * 15:03 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ