<< 「対話ではない圧力なのです」野党に対しても国民に対しても。 | main | 難民として逃れて来たら射殺する?そんな国ってどこかにあった? >>

そもそも原発が無ければ原発事故は起きていない。国に責任無しの判決はおかしい。

原発がなければ、原発事故は起きない。
原発を推進し建設したのは国家。
国に賠償責任はない、とはどういうことか。

 

 

津波に特定されているのかもしれないが、

訴訟の原因になっている福島の原発。

事故が予見できたとしながら、

対策を行っても、

事故を回避できなかった可能性があるとしての、

国に賠償責任はない、との判決。

 

事故を回避できたかもしれない可能性には言及せず、

回避できなかった可能性のみを判決理由とするこの判決。

私はおかしいと思う。

 

原告は抗告すべきだし、

国家は、

賠償責任を積極的に取る姿勢を選択するべきだ。

 

判決もまた、現在の制度では、

裁判官も、国家の意志を忖度するものだろうから。

あってはならないことだけど、

原発再稼働に傾く政府であり、

最高裁の判事の任命権も持つ政府、

三権分立も危うい。

 

国家が選択した政策によって出来た原発。

その結果責任を回避しながら、

再稼働をしようという姿勢では、

この先も、住民が犠牲を強いられるということになる。

それを、司法も認めるということに。

祥  * 『時事』 * 10:51 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ