<< 国民は、イデオロギーには反応せず その本質は全く変わらず | main | 佐川国税庁長官の辞任と国会喚問を求めてもいいのでは  >>

最後まで追求の手を緩めずに森友・加計の疑惑晴らして

写真

 学校法人「森友学園」に大阪府豊中市の国有地が、ごみの撤去費分として約八億円値引きされて売却された問題で、売却額の妥当性を調べていた会計検査院が撤去費は二億〜四億円程度で済み、値引き額は最大約六億円過大だったと試算していることが二十五日、関係者への取材で分かった。

 官僚の「忖度(そんたく)」が取り沙汰された問題は、税金の無駄遣いをチェックする機関からもごみ撤去費の積算に疑義が突き付けられる見通しとなった。検査院は関連文書の管理にも問題があったとみており、売却に関わった財務省と国土交通省の責任が改めて厳しく問われるとともに、政府に詳しい説明を求める声が強まるのは必至だ。

 検査院は詰めの調査を進め、両省への指摘内容を年内にも公表する見通し。

 

風間祥  * 『時事』 * 11:01 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ