<< 雪の朝、隣家があることに気づいた 一年が過ぎていた | main | 父の香のする >>

夕暮の富士シルエットになってゆく想い出だけで生きてみようか

風間祥  * 『歌画集「えごの花」』関連 * 13:50 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ