<< 無駄なのか無駄ではないのか 税金で支援すること大学に行くこと  | main | 根拠なき案件なれど安倍案件 撤去ごみは100分の1とや 今更なれど >>

やれやれ、政府の補助の中味の薄さを見れば、どこが無償化なのかと思う。

つまりは、簡単に言って、

「無償化」なんてうそだったのだ。

というか、まだまだ先送りで、

教育費全面無償化は、

もう一度、憲法改悪の時の取引条件として、

再利用、というか、

その時こそ、本利用しようとしているのかしら。

 

全貌が出たわけではないが、

現段階では、

制約が多すぎ、条件付きが多すぎ、

無償化は、幼児の一部でしかなく、

大学なんて、無償化とは、全然言えない。

 

まともに考えたというレベルではなく、

選挙の票目当ての、促成案でしかない。

「無償化」という言葉が、

期待を集めるよう、

一人歩きするよう仕組まれただけ。

 

一つ前の記事で書いた、

生活保護世帯への支援案と、

ホリエモンさんの批判。

 

ホリエモンさんが、

頭のいい学生には給付型奨学金があるのだから、

わざわざ頭の悪い学生にまで税金で支援するなんて無駄だ、

と言っているようで、

それはないんじゃないかな、と思ったのだけれど、

政府の支援の中味を見て、驚いた。

そんな補助を受けたところで、どうしようもないだろう。

ほんの僅かな御下賜金。

何の足しにもならないだろう。

足しにはなっても、

根本的解決には程遠い。

誤魔化しのための誤魔化し。

 

入学時に30万円(親元を離れて)や10万円(親元から)を補助したからって、

受験料、入学金、諸費用、授業料等々、

受験から卒業までの費用総額はいくらなのだ。

複数受験した入学金が、第一志望から滑り止めまで、

難易度通り、微妙に納入期日をずらすことによって、

確実に没収されるシステムを放置しながら、

一校の入学金を満たすか満たさない程度の

補助金を与えて、事足りたとするのだろうか。

 

大学の授業料や、諸費用が、高くなり過ぎたことを是正することなく来て、

その支払いに四苦八苦する姿を見ながら、

何の手も打たなかった政府が、

ほんの少しばかりお涙金のような補助金を出す。

確かに、無駄だ、と言いたくなる。

 

そういう補助金は、焼石に水であるばかりでなく、

政府の「善政」をアピールして、

消費税増税に文句を言う人を黙らせる手段とした

非課税の老人に、15000円ずつ配る、なんていう政策と同じだ。

そんな僅かなお金でも、受取ることで、黙らせられてしまう人たちがいる。

それを先取りして利用する政府。

 

政策らしい政策のないことの批判暈しであり、

煙幕のようなものだ。

その他の案にしても、中途半端で薄い中味。

政府の無償化の欺瞞性。

 

政策でも何でもない。

重たい殻を背負わせながら、

片手に塩を用意しているようなもの。

 

風間祥  * 『時事』 * 21:04 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ