銀河最終便
WEB日記

>「母子家庭、年収348万円=全世帯平均の5割弱−厚労省調査」                 

母子家庭、年収348万円=全世帯平均の5割弱−厚労省調査

 

 

厚生労働省は15日、母子家庭の世帯収入などに関する全国調査の結果を公表した。


2015年の母子家庭の平均年収は348万円で、

子どもがいる世帯の平均年収約707万円の49.2%にとどまった。

 

調査はほぼ5年に1度実施。今回は地震の影響を考慮して熊本県を除き、

昨年11月時点で無作為抽出した母子・父子家庭など約4000世帯を対象とした。

2510世帯から有効回答を得た。


世帯年収には、同居する祖父母らの収入も含まれる。

前回調査の10年の年収291万円から増えており、

同省は景気が好調で賃金が上がっていることが理由とみている。

(2017/12/15-21:16)

 

 

なんだか、変じゃない? この調査結果のタイトル。

内容を読むと、このタイトルでは誤解を生む。

わざわざ誤解を生むことを解っていて、

こういうタイトルにしたのだろうか。

 

「同居する祖父母の収入も含まれる」って、

中味で書いてあっても、タイトルだけ見て印象付けられる人は多い。

母子世帯平均、348万円 

子どものいる世帯の平均年収707万円、

誤解を生じやすい記事に思える。

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7036
<< NEW : TOP : OLD>>