銀河最終便
WEB日記

北朝鮮も日本もなぜかまだ原油や核に頼ろうとしている。                 

北朝鮮が、愚かな点は、

日本の愚かさに似ている。

いまだに原油や核に頼ろうとしているからだ。

 

大日本帝国の残滓が、

北朝鮮の中にある。

その思考法に、国民の統治の仕方に、

軍事費の比率に。

 

偉大な国と教え、

国家の偉業に熱狂し、

愛国のために身を捧げ、

国家元首の死に、

土下座にも近い姿で涙する。

 

 

リスクの大きさに目を塞ぎ、

希望的観測のみに頼って、

リスクを蓄積する愚かさ。

 

さっさと自然エネルギーに転換すれば、

原油の輸入を封鎖されたところで、

何も怖くないし、コストも安く済む。

原油の禁輸は無効となり、外貨も稼げる。

 

その分、医薬品の開発や、医療技術などで、

世界中の人が求めて止まない癌の完全治癒や、

神経や細胞の再生医療を有効なものとすれば、

世界中からオファーが殺到するだろうに。

 

アメリカの核が、

仮想敵国だけに、

永遠に向いているわけではない。

標的を変えることなど簡単だ。

 

小型核を搭載したミサイルの弾頭が、

アメリカの大統領の気分次第で、

こちらを向くこともありうるわけで。

敵国ばかりを打つ気でいれば、

こちらに向き直すこともある。

 

何と言っても、

72年前に、日本を、ほぼ灰燼に帰させた国だ。

焼夷弾で焼き尽くし、原爆でとどめを差した国だ。

 

いざとなれば、

10万人でも100万人でも殺して平気な国だ。

日本だって、もちろん同様。

先に開発していれば、ドイツであれ日本であれ、

逡巡もなく連合国に対して使用していただろう。

抑止に抑止で武器開発と保有に血道を上げていれば、

いずれ沸点を越えても不思議はない。

 

より容易に、より安易な使用を可能にする小型核攻撃を

抑止上よいことと認める国家。

追随する国。

 

その恐ろしさに心致さぬ国が、

自身にしっぺ返しを受ける確率も高くなる。

 

世界に憎悪と危険をばら撒いて、

テロや事故の確率も増して。

その廃棄物で10万年も20万年も子孫に災禍を及ぼす

負の遺産を残して。

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7159
<< NEW : TOP : OLD>>