<< ポスト安倍 連合軍を組めばいいのに | main | そのように時は流れて私たち プランクトンや胞子のように >>

いったい何故こんな酷いことになっているの 中野でも17000本もの樹が伐採されるという

 

調布駅前だけじゃないんだね。

各地で樹が伐られている。

 

東京の場合、だいたいは、オリンピック絡みだ。

(調布は違うようだけど)

 

中野でも伐採計画。

もうだいぶ進んでしまっているのだろうか。

というより、1月の段階で重機が入っているようだから、

もう全部伐採された後なんだろうか。

 

弥生式住居遺跡も破壊するとしたら、

文化財保護法に抵触しないのだろうか。

 

こんなひどい計画、

議会はみんな賛成したのだろうか。

信じがたい暴挙とは思わずに。

それが、市民や区民に選ばれた人々。

次は人間を殺しにやって来る、そんな言葉が思い浮かぶ。

 

 

平和の森公園の樹、17000本を伐って、

野球場を広げるためだそうだ。

 

真実なんだろうか。

あまりにもひどい計画でうそのようだ。

 

オリンピックのために。

オリンピックのために。

 

オリンピックが全体主義のために利用されたのがよくわかる。

ナショナリズムの高揚した瞬間に、

何かが伐られ、殺されているのかもしれない。

 

各地で、オリンピックのためと、

競技場を確保するため、

道路拡幅工事のためと、

伐られる既存樹林や、街路樹。

それはもう決まったことで、

オリンピックを成功させるためには

仕方のないことで、計画を変更することは

できないのだろうか。

 

オリンピックって何なの?

 

ひとときの熱狂がそんなに欲しいの?

 

そのためには、樹が伐られなきゃいけないの?

 

誰が望んでいるの それを。

市民や区民の声は聞いたの?

オリンピックのためならやむをえないとでも言ったのかしら。

樹は、いいよ、伐られても。と言ったのかしら。

 

強制収容されてゲットーへ貨車で送られて行くみたいだね。

次は人間の番だよ。って言ってるかな。

 

 

「コンパクトなオリンピック」

だったはずじゃなかったの?

 

 

 

どうなっているのだろう、日本。

 

それも、たいてい知らないうちにね。

 

 

風間祥  * 『時事』 * 18:01 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ