<< いったい何故こんな酷いことになっているの 中野でも17000本もの樹が伐採されるという | main | いつしかに世界は白い闇となり その魂のオンカロとして >>

そのように時は流れて私たち プランクトンや胞子のように

もうすぐ3月。

花粉も飛び始め、

確定申告も中旬には締め切られ、

税額や社会保険料の算定の基礎となる所得も確定し、

多難な年ともなりそうな四月を、

西洋の詩人は、「地獄の季節」と言ったが、

日本では、桜の開花と共に、

花の宴に興じる人々が、野に山に街に繰り出す。

 

物騒なアメリカの通告を歓迎し、

強く支持するという河野外相。

地獄の使者か。

 

風間祥  * 『時事』 * 06:15 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ