銀河最終便
WEB日記

このように切り株となり骸となり転がっている調布駅前                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんという野蛮な所業。

 

中野の平和の森公園の17000本も、

こんな姿になるのだろうか。

もうなってしまったのだろうか。

 

弥生式住居遺跡も

一緒に破壊してしまうのだろうか。

そんなことが、いったい許されるのだろうか。

文化財保護法や遺跡保存条例などは適用されないのだろうか。

闇雲に箱物を作って、

造った後も、

毎年、維持管理費をかけて、

コンクリートの劣化と共に、

使われない無駄な箱物となる。

そしてまた壊して、また建て直す。

立派な体育館を、ゼネコンに発註して作ったところで、

いったい誰が使うのだろう。

 

池や流れはなかったのだろうか。

自然のビオトープも壊されて、

メダカや蛙の生息する場所もなくなってしまうのだろうか。

フクロウは来ないかもしれないが、

春には鶯も来ていたのではないだろうか。

私の家の近くの公園には毎年来るから、

この公園にも来ていたかもしれない。

 

狂気の沙汰を狂気の沙汰とも思わず、

17000本もの樹林を平然と切り捨てる神経。

破壊、破壊、破壊。

愚かなことだ。

傲慢なことだ。

 

一方で、3.11の津波の後、

生き残った一本の松の木が、

枯れそうだと言って、

人工の詰め物をしたり補填をして持たせようとしていたのは、

あれは何だったのだろう。

生きている樹を、生首を掻き切るように伐り捨てる

このような所業と、

随分な乖離を感じる。

 

あの木が大切な木だったのなら、

この武蔵野の樹々も大切な樹々ではないのだろうか。

: 『時事』 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Ciao 祥さん
辛くて苦しくて写真が見れません
この後もっと酷い事が行われると知っているから、、
根を乱暴に掘り起こします

木は殺された後呪う事もしないのかと考えます
呪えばいいのに、と
この残虐で、恩知らずの愚かな人間たちに、、。
桜の咲いた時だけ大騒ぎし、あとは野となれ山となれ
あまりにも御都合主義
みっともないと思います

こういう世界はわたしにはとても生きづらい
呼吸ができないのです
こういう光景をもう見たくないのです

毎日新聞と東京新聞に連絡しました
せめて中野の平和の森公園の木々たちは守りたい

こういう時権力者になりたいと思います
一市民の力は 悲しいほど微弱だから、守りたいものたちさえ守れない
この社会を軽蔑し、私は呪います
木々たちがやらなかったとしても、
posted by Junko : 2018/02/25 5:18 PM :
生々しい写真を見せてごめんなさい。

後ろに写っている人間の胴回りより
だいぶ大きな、樹齢何十年という樹でしょうね。
遠近はあっても。
そんな樹を何十本も伐り、
なお、中野では17000本も伐る。
ありえないことが、白昼堂々と、
違反業者ではなく、行政がやっている。


思えば人類はこうして自然を征服して来たのでしょうね。
したつもりになっているというか。
地震一つ制御出来ないくせに。

海も山も破壊して、その大地の上で、
私自身も生活している。
だから、全部が自分自身のことでもある。

水道菅を引き、ガス管を引き、
そのためには、大地をズタズタに掘り返し、
鉄道や道路のお世話になり、
東京自体が半分は海を埋め立てて出来た都市で、
だから偉そうなことも言えないとは思いますが、

それにしても、
ここまでしますか、と思いますね。
そこまでしなくても、
私たち人間の生活にどれだけ支障があるのでしょうと。

過剰な破壊です。
自然をいたわりながら共生する道を考えることはできるはずなのに。
不必要な破壊を繰り返して、最低限の共存関係まで失くしてしまう。

大地が怒り、何もかも引っくり返してしまわないかと、
畏れもしないのでしょうね。
もはや名付け難い生物になってしまったのかもしれません。
人間、なんて言いながら、やってることは鬼畜以下です。
人間は「畜生」と呼ぶけれど、獣は、必要以上に貪ったりしませんよね。
「餓鬼」というけれど、鬼だって、餓えれば殺しもするでしょう。
でも、人間は、満ち足りているのに、なお殺し、なお破壊するのです。
そういう自分もその人間ですが。
ほんとうに残念です。
posted by 祥 : 2018/02/25 6:22 PM :
追伸。

東京新聞は、
「こちら特報部」
というのがいいですよ。

遺跡保存協会は動かないのかしら。
posted by 祥 : 2018/02/25 6:24 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7183
<< NEW : TOP : OLD>>