<< 証人喚問には、安倍さんと同郷の迫田元理財局長と、連絡役として様々な事情を知る谷査恵子さんを。 | main | 謂わばまさに謂わばまさにと言い出せばうその始まり総理の場合 >>

ようやっと30%  3%でいいと思うが。

長かった。

 

しかもまだ油断できない。

 

 

あらゆる問題の元凶が、

やっと裁かれる。

断頭台に立つ。

 

「微動だにしない」と言っていた二階さんは、

どうするつもりだろう。

自民党議員が、手のひらを返したように振る舞うかもしれないが、

勢力図も激変して、沈没船からどうやって逃げ出そうかと

思う議員もいるだろう。

 

黒田総裁も変わることになれば、出口戦略が探られ出すだろうか。

 

 

あの不正な選挙で、

福島伸亨前議員を落とした選挙民は反省してほしい。

 

昨年、2月17の国会での追及。

森友問題は、あの日の質疑に尽きていたし、

(加計問題は、福島瑞穂さんの3月13日の質問に尽きていたように。)

あらゆることは、あの頃の国会で全て出ていた。

 

ただ受け止め、報道するマスコミが駄目だった。

谷査恵子さんの問い合わせに焦点を当てたのも

福島伸亨氏だった。

 

今になっていろいろ言われているゴミの過剰見積もりも、

地下9,9メートルにもし生活ごみがあったら、

考古学上の大発見だと攻めた辰巳孝太郎さんもよく追及していた。

今頃、埋設ゴミの量がどうこう、根拠が崩れるどうこうと言っているのは

何なんだろう。とっくに指摘されていたことだし、

その頃、きちんと反応すればよかったこと。

モリカケとか言って、馬鹿にしていたのはマスコミだったじゃない。

モリカケなんてやっている場合じゃない、ミサイルだ、北朝鮮の脅威だって。

 

あの頃は、国民の意識が追い付かず、

今、やっと、国民の意識にも、マスコミが詳しく報道し、

すべてのことが浸透するようになった。

やっと事柄が明らかになって来たのだろうし、

総理への信頼を持っているのは、

ネトウヨさんくらいになったようだ。

 

 

でも、今また、ミサイルの一発でも飛んで来たら、

元の木阿弥になるマスコミであり、国民なんだろうな。

ミサイルにしろ、森友にしろ、また同じ映像ばかり流されて。

視聴率競争に過ぎなくなり。

そして飽きて、忘れる。

 

 

ムードで揺れすぎる国民性。ちゃんと調べようよ。

国会の調査権を行使して、正しく事実を解明しようよ。

会計検査院も、検察庁も、知っていて知らんふりをしていたから、

頼りにならないからね。

野党のみなさん がんばって。

国民の代表として地道に頑張って真実を引き出して。

風間祥  * 『時事』 * 21:56 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ