銀河最終便
WEB日記

『チェロという名の猫』玲瓏97号(2018.3月号)/祥                 

【チェロという名の猫】

 

・チェロという名の猫は樽の上 「世界ネコ歩き」で岩合さんに紹介されている

 

・葡萄畑の中を歩いている 呼びかけられれば返事をしながら

 

・葡萄畑の中をゆっくりパトロール 灰色カンガルーと朝のご挨拶

 

・白い猫 白い猫には気品がある 路面電車の通る道筋

 

・アトリエと猫と回廊、円形の窓枠 絵筆が差してある透明の壜

 

・その次の猫は「デューク」というらしい 遊び場は映画館であるらしい

 

・旧い町並みに似合った古い映画館 男優、女優、猫のデュークも

 

・上映が終われば猫を撫でていく観客がいて絨毯の猫

 

 

・お次は香港、薄茶の猫 仲よしの猫は遠慮がちの三毛

 

・漁師さんが作った発砲スチロールの神棚に鎮座している猫と神さま

 

・背景は香港島の高層ビル群で 猫の棲み処は長い突堤

 

・悪戯が好きな猫たち シャッターが開くのを待って飛び出して来る

 

・敏捷な動きで林檎箱の山ものともせずに自由自在に

 

・沢山の赤いランタンぶら下がる市場は猫の故郷である

 

・漢方薬店の猫って賢そう 薬草の匂いに育てられている

 

・ちゃぷちゃぷとまたゆらゆらと揺れている河の艀(はしけ)に飼われる猫も

 

・船上の猫の名前は「花花(ファーファ)という 魚が釣れればいいね花花

 

・揺れている船は揺りかご 舳先(へさき)にいて夕暮れの海を港に帰る

 

・香港の夜景麗し 不夜城の水上レストランも今通り過ぎ

 

・香港の空にまだらの雲浮かび 姉妹の猫は重なり眠る

 

NHKBS『岩合光昭 世界ネコ歩き』より

 

 

『玲瓏』97号 2018年3月号

: 『「玲瓏」他歌誌提出自作品』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7393
<< NEW : TOP : OLD>>