<< 官邸の入館記録は破棄されたり復活したり忙しいこと | main | 速やかに廃棄するのが決まりなら、そもそも記録とは何のためにある。 >>

公への信頼など木っ端微塵に踏み躙り有ることも無いことにして恥じない首相

本当に特異な性格。

そして、そんな人と、

そんな人が率いる政府が、

非難されることもなく、

のさばっていられる国。

不思議な国。

風間祥  * 『時事』 * 14:38 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ