<< <東京新聞5月23日版「生活部記者の両親ダブル介護「ほどよい所得階層」で助かる>の巻。 | main | 美学とかロマンティシズムとか説明のつかないものに支配される一生 >>

『長生き地獄』 松原惇子著

第一章 長生きが怖い

 

第二章 長生き地獄の現場から

─それでもあなたは延命を望みますか。

 

第三章 わたしたちの最期はどうなるのか

 

第四章 安楽死はいけませんか

─オランダ安楽死協会を訪ねる

 

第五章 いい死に方をするために

─今から考えておきたい10のこと

 

第六章 どう死ぬかは自分で決めたい

 

(抜粋)

お年寄り2人暮らしの限界を感じざるをえない。

夫婦だろうが姉妹だろうが、友達同士であろうが、

同年齢の同居には限界がみえる。

こういう場合、最後に安価で入居できる施設が必要だろう。

2025年問題は、安価で入居できる施設をたくさん造ることでしか、

解決しないのではないだろうか。

福祉予算削減目的の政府は、在宅介護を推し進めているが、

施設増設こそ急務だと思う。

今のままだと、長生きすればするほど共倒れとなりかねない。

━中略ー

マンションから有料老人ホームへ転居する姉妹も多い。

早めの老老生活ということだろうが、

経済的にそれができる人はいいが、できない人は

どうしたらいいのか。

 

地獄を味わえというのか。

お金を貯めてこなかったあなたが悪いというのか。

自己責任とは言わせない。

 

日本は冷たい、今からでも遅くないので、

政府は、道路を造るのをやめて、

お年寄りの最後の受け皿をつくってほしい。

 

インドに死を待つ家があるそうだが、
死が近づいてきたら、そこに行き、
そこで何も食べずに死を待つ。そして死ぬ。
そして遺体は、ガンジス河に流され、自然の循環に還る。
インドの死生観からわたしたちは学ぶべきものがありそうだ。
死を待つ家があるインドが羨ましい。

 

松原惇子著╱『長生き地獄』より

 

 

風間祥  * 『読書/単行本・新書』 * 21:36 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ