銀河最終便
WEB日記

この国の役人は「公」に仕えず「私」に仕える 税の配分にしても同じく                 

公金詐欺、公金詐取に相当するのではないか

という嫌疑を受ける

内閣総理大臣の御親友が手掛ける加計学園の事業を

後押しするこの国家。

 

一強と言われるその権力の強さゆえに、

与党の力を合わせ、NHK、民放、新聞も政権に配慮し、

法務大臣も法務次官も最高裁判事までを、

好みの人材に挿げ替える力を持つゆえに、

司法も検察も政権に配慮し、

長いものには巻かれろと長く長く刷り込まれたゆえに、

国民も逆らわぬことを暗黙の合意とし、

ゆえに国家は一丸となって、

与党を率いる政権の長に従い、

その横暴にも逆らわぬ民となる。

どんな悪事も問題ないと丸く収めて、

世は全て事も無しとなる。

世を挙げて、不正の館となる。

 

規制事実を作って、ごり押しして行く

厚顔の経営者と総理大臣。

40年来の親友と言うが、

40年来の悪事仲間と言うべきか。

 

 

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7508
<< NEW : TOP : OLD>>