<< 明日、国会を開く必要なんてあるの? | main | ミサイルを買いイージス・アショアを買いF35を買いオスプレイを買い そして何を守った >>

緊急性なき法案の採決に何の意味 「全力で被災地支援」とは看板だけの

メディアは、自らの使命に目覚めてほしい。

 

こんな政権に擦り寄り、

誤魔化しに手を貸しているなんて恥だと考えるべき。

 

映像で伝えられるテレビはテレビの使命を、

言葉で真相を伝え表現できる新聞は新聞の使命を。

 

幹部の首相との会食を禁止し、

御用テレビ、御用新聞の役割に甘んじることを

誇りを以て拒絶するべき。

 

などと言っても、

広告収入に頼り、

放送権に配慮し、

視聴率に一喜一憂するテレビ局や、

購読者数の激減に悩む活字メディアにそれを求めるのは、

無理な事なんだろうか。

 

 

それではもう、報道機関なんて役割は、

とっくに空洞化していると

自他共に認めるということなのだろうか。

風間祥  * 『時事』 * 07:45 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ