<< 緊急性なき法案の採決に何の意味 「全力で被災地支援」とは看板だけの | main | この先も死者は増え続けるのだろう豪雨がやんだのちの酷暑に >>

ミサイルを買いイージス・アショアを買いF35を買いオスプレイを買い そして何を守った

最高責任者殿は鼻高々で、

トランプさんとの蜜月を演出し、

問答無用とばかり防衛予算を増やし続けていたが、

外国からの攻撃も無いのに、

足元は、張り裂けていた。

風間祥  * 『時事』 * 08:38 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ