<< 人間を置き去りにして経済を優先するという国の末路、少子化もやむをえず。 | main | これ本当? 信じられない 何かのトリックじゃない? /「安倍内閣の支持率微増」 >>

『バイキング』、有本香さんの政権擁護ぶり いつものことながら

[赤坂自民亭]

のことね。

 

 

それから、東国原さんが、

『緊急事態条項』を示唆するような話題を振り、

若狭勝さんが、それに続けていたのが目立った。

 

「防災、天災、テロをまとめて一括して」、、、

 

危ないね。

この水害が利用され悪用されそうだ。

だから全権を委任される必要があると。

 

やれやれ、第一に、

あんな安倍さんのような人にまかせて

日本人が安全に守られるとでも?

全員生き埋めにされることを願えと?

 

 

悪辣な安倍政権のこと。

この期に乗じて、といった感じで、

これをむしろ奇禍ともして、

以前から、喉から手が出るほど欲しがっていた

『緊急事態条項」を、

手に入れ、全権を首相が握るという、

ヒトラーをヒトラーならしめた権力の要を

我がものとする希望を実現とする機会とする

という悪魔的発想が、

今、頭をかすめ、

否、占めているかもしれない。

 

 

 

今日の「バイキング」を視ていない人には、

何のことかと思われるかもしれないから、

以下、追加。

 

片山さつきさんの

「安倍総理、初のご参加で大変な盛り上がり」

などのツイッターも紹介されたあと、

有本香さんにコメントを求めると、

 

有本香

「高い料亭でやる会合なんかに比べれば、

自分たちで料理とビールを持ち寄って、

議員宿舎でやるということですから、それは問題が無いし、

中略、今回の赤坂自民亭のこの案内には「総理が来ますよ!」

ということを言ってたらしいんですよ。もう、前以て。

とすれば、それが楽しみで参加してきたという議員さんが結構いるらしく。

であるとすると、じゃあ、ちょっと顔だけ出しておこうかという流れになったと、聞いていますね。」

 

ここで、人の好い、うっかり八兵衛の若狭勝さんが、

「総理と若手議員の盛り上がり」について補足。

「総理とツーショットで写真を撮ったりするんですよ。

かなり盛り上がるんですよね、総理が来るというだけで。

この時もだから盛り上がったということなんでしょうね。」

このあと、総理の3選事前運動のための若手との交流であることも再補足。)

 

 

「盛り上がったと聞くと、すごくズレを感じるんですけれども」

とアン ミカさんが、

「国民の方を見ないで、どっちを向いてるの」

という意味の熱いコメントを展開すると、

有本香さんは、問題が発覚する経過の中でのSNSという言葉をとらえて、

「あれですよ、これをSNSに出すことが、むしろ問題になるんですよ」と、

すかさず問題点を矮小化して非難の方向性を変えようとするが、

 

「でも、どっちにしても人として心配してないの?というのも感じますよね。」

と、アン ミカさん。

 

共同通信の柿崎明治さんも(この人は常に良い意味でニュートラル。)

「予測できたかできなかったかで言うと、

毎年、台風と豪雨があって毎年死者が出ているんですよ、

さらに七月に集中しているわけですよ。

となると、経験則で七月にこういう状況になって、

さらに気象庁が緊急会見をするとなると、

身に沁みついた経験が発動(されるはずなのに)

発動されないことが問題。」と。

 

それでも、どこまでも、

ツイッターに挙げたことを問題視しようとする有本香さん。

適切な指示をしていれば問題はないと擁護しようとする。

それを応援する土田晃之さん。

 

 

(仮に適切な)指示はしていたとしても、

人心は乱れますよ」と柿崎さん。

 

そうよ。

政治は人心。

 

 

SNSに上げようと上げまいと、

「赤坂自民亭」であったことは事実で、

消えようもない。

 

 

 

風間祥  * 『時事』 * 13:14 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

途中まで見ました。有本氏相変わらず自公政権擁護
の姿勢。最も、フジサンケイグループのテレビですから、
バイアスをかけているのでしょう。

アンミカさん、この人結構芯がある人。有本氏に猛然と
反撃。芸能人は当たり障りのないコメント。

政権党と野党のパーティを比較して取り上げたのはいつもの
フジテレビのやり方、ダメージコントロール。しかし、政権党
と野党を同じ俎上にあげるのは卑怯。
Comment by arima @ 2018/07/13 5:07 PM
有本さんは、虎ノ門ニュースに出たり、
櫻井よし子さんや青山繁晴さんや百田尚樹氏と同じで、
バリバリの右翼的コメンテーターですね。
産経グループのフジテレビとしては、
沈黙や無視も出来ないから話題としては触れて、
もう少し違う方向へもっていきたかったのでしょうか。

あれほど猛然と、アンミカさんに反撃されるとは思わず^^
時事通信でも柿崎さんは、田崎さんと違って
政権との距離に清潔感がある。

若狭さんは、良くも悪くも、正直にほんとのことを
言っちゃう。いつも内幕を暴露しちゃっては、
上司や偉い人に後で怒られりしている感じ。
今はフリーだから自由になったんだろうけど。

立憲民主党に、ブーメランを期待したのでしょうが、
立場が違うし、出した写真のインパクトも違う。
Comment by 祥 @ 2018/07/13 6:37 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ