銀河最終便
WEB日記

夜マラソン、屋根付き競技場型のオリンピックに?                 

この殺人的な暑さ。

もしも、オリンピックの年も、

一年ごとに来るという冷夏型にならず、

今年のように暑かったら。

 

いくら競技コースや周辺だけを遮熱型舗装しても、
競技場全部には及ばないだろうし、

8度か何度か下げる程度で、

湿度の高さは日本の夏の特徴。

 

その上、馬鹿な政府は、

木陰となるべき街路樹や公園の大木も次々と、

道路走行の邪魔、

オリンピックの邪魔になるからと伐り倒し、

ただでも暑い日本の夏を、

日陰、木陰もない

熱砂の砂漠のような

焦熱都市にしてしまったから、

死者が続出ということにもなりかねない。

 

炎熱、酷暑のオリンピックには

耐えられないだろうから、

強行するなら、

やり方を変えなくてはね。

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








本当に物凄いと言えるほどの暑さです。
どんな手当てを考えているのでしょうか。
競技者だけでなく観客にだって耐えられない。
人が集まれば体感温度はどのくらいになるのか想像もできません。
恥だとか、勿体ないとか、楽しみにしていたのにとか。
そんなことはとりあえず脇に置いて、世界に向けて日本のこの暑さを知らせるべきです。
気象庁発表の木陰の暑さではなく、コンクリートに囲まれた本当の暑さ。
それに対してどう対処するかも。
世界からの判断を待って、それでも開催するなら、遅れによる不手際も承知してもらう。
死者や病人がでても抗議は受け付けない。
そのくらいの覚悟を持って。
原発事故と同じに「無い」から出発してはいけないと思います。
恥ずかしいと言っている場合ではないのでは
posted by eblo : 2018/07/18 11:09 AM :
なんたって、安倍さんの国ですから
コントロールされていると
言い張るでしょう。

死者が続出する暑さでも、
「問題ない」と官房長官が会見するでしょう。

死者が出ても、死因に明確な関連性が認められないと。

天火で焼かれても、
日本チャチャチャ。
脳の中味が焼けてしまっているんじゃないかしら。
posted by 祥 : 2018/07/18 1:16 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7586
<< NEW : TOP : OLD>>