銀河最終便
WEB日記

生きているだけで疲れる 猛暑である 蝉時雨なお夕日の窓辺                 

テレビの音を消すと 

蝉しぐれが一斉に飛び込んで来る。

 

あちらの木でも、こちらの木でも蝉が鳴いている。

後から後から追いかけて、鳴きやまない蝉たち。

 

国会と被災地とオリンピックのチケットのニュースが同時に流れ、

今日は、もう金曜日。週末だ。

土用丑の日の鰻の話題も。

 

夏も半ばまで来てしまい、

七月も終わりに近づき、

一年の半分以上が過ぎてしまった。

: 『時事』 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7595
<< NEW : TOP : OLD>>