<< 黙って従っていればいいじゃないか 強い者には逆らわず というのが基本的な国民性 | main | 新 花へんろ 〜風の昭和日記〜その一・その二、その三・その四 / BSプレミアムカフェ >>

花へんろ NHK BSプレミアム を視た 桑原研郎さんの音楽がいいなぁ

四国の、瀬戸内の海の穏やかさ。

あくまでも優しい海と海辺の町をめぐる遍路道。

 

遍路道に面して、

商店が連なり、

早坂暁さんの生家である富屋勧商場があった。

 

このドラマ、

今見ると、吃驚することばかり。

何と、このドラマには、

「 後ろ姿の しぐれてゆくか 」 の、

種田山頭火が、登場する。

 

 

若い頃の、桃井かおりは、

早坂さんの母親の役。

 

懐かしい顔、顔、顔。

中條静夫、沢村貞子、藤村志保、

下條正巳、加藤治子や樹木希林、

市原悦子、小林亜星、磯野洋子

語りは渥美清だ。

 

それにしても、早坂暁さんを含めて、

大半の人が、彼岸へ行ってしまった。

 

広島、原爆、人が燃える時の青い燐の炎。

そのような特別な死に方ではないが、

みんないつかは、残らず死ぬ。

俳優さんも、それを視ている私たちも。

 

それも、あまり遠くない いつの日か。

 

風間祥  * 『映画・演劇(宝塚)・TV・コンサート』 * 22:51 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ