銀河最終便
WEB日記

ミサイルを購うお金はあっても社会保障費に充てるお金はない政府                 

医療保険、介護保険制度の見直し。

介護保険の負担率が3割も。

2018年、8月1日は、

画期的な変化日に。

医療費の窓口負担月ごと限度額が上がり、

入院時高額限度制度の上限も上がり、

かつ、

介護保険の3割負担が登場した。

 

 

 

これまでは1割が基本だったものが、

2015年から2割負担登場と思ったら、

2018年の、8月1日からは、

3割負担も登場。

 

これは、

あくまでも蟻の一穴であり、

導入し、馴れさせるのが目的だから、

この線引きは、どんどん改変され、

現在は、「現役所得者並み」枠だけに
適用されている医療費3割負担を、

やがては、

高齢者全員に、3割の医療費、介護利用負担率を

という政府の意向の地ならしに過ぎない。

 

 

(社員の非正規化でも、

高度プロフェショナル制度でも

残業代ゼロ制度でも同じだが、
始まりは一部から、
やがて全体にという上手な交渉術。

それぞれを分断し、

想像力も分断し、

互いに自分には関係ない他人事と思わせ、

その方がいいだろうと思わせ、

政府の方針を着々と遂行して行く。

 

 

3割負担は当然、

さらには、介護認定を厳しくし、

1段階も2段階も下げることにより、

保険外負担、自己負担を増やし、

必要を充たすには、

居宅介護において10割全額負担を

増やさざるを得ない体制にも。

 

 

介護利用負担率が、

1割から3割になるということは、

居宅介護でも、

通所デイサービスやヘルパー料金が3倍に。

施設利用者の利用料金も3倍になるということ。

 

例えば、要介護5で

公的施設である、老健や特養などを利用した場合、

1ヶ月、介護保険利用料は、

例えば、要介護度5の利用料限度額36万円の1割で、

36000円程度が、108000円程度に。

 

(昨年の改定で2割負担でも、

72000円が導入されたものが、

早速、18年8月1日から、

108000円に上がるというわけになる。)

 

しかも、

これは「介護保険利用料」」だけだから、

実質的負担としては、

この他に、

「居住費、食費、消耗品費」

を加えることになるし、各種加算もあるから、

1か月、30日の基本料金は、

これに10万円以上を加えたものとなる。

 

1割負担なら、

利用料を8万円くらいまでに減額される

生活保護者枠、非課税者枠の、

第1段階から第3段階の人を除いた

ごく普通の、課税一般世帯の第4段階以上で、

基本料金が、15万円程度であったものが、

2割では19万円以上になり、

3割負担では、23万円以上になり、

ということになる。

 

 

医療費は、また別に支払うのだし、

医療費の負担率もまた、

一定以上の所得と仕分けされれば、

3割負担なのだから、

総計は、大変な出費を強いられることになる。

 

その上に、当然、この年代になれば、

後期高齢者であることが多く、

そうなれば、およそ健康保険や、

国民保険の年齢層にある人に比べて、

およそ2倍の所得割掛け率を課され、

突然の支払いUPに驚くことにもなる。

 

で、このような費用を支払うのに、

政府の線引きによる、

3割、2割負担とする税負担者は、

それを課すに妥当な所得を得ている

と、政府、厚労省、自治体は思っているのだろうか。

 

政府が定める枠が、

本当の高額所得者ならば、

やすやすと支払えるだろうが、

彼らには優しく甘い上限を設け、

中間所得者にのみ負担を強化する方式。

 

仮に20万円ずつの支払いでも、

年間240万円。

これを、年金収入から支払えば、

いくら残るのだろう。

(これに、他の税金、

住民税、健康保険・介護保険税、

固定資産税、自動車税等を

納付、口座振替、天引きなどされれば、

後には、いったいいくら残るのだろう。

仮に、344万円以上3割とされた人で計算すれば、

住民税、後期高齢者医療保険、介護保険だけを足しても、

殆ど施設利用料と税金の他には残金がなくなる。)

 

介護医療病院などであれば、

さらに高くなる。

高額医療限度額制度が使えるが、

保険外自費負担の方が多い長期療養型病棟では、

およそ1か月25万円〜30万円が必要となる。

30万円×12=360万円。

これを政府が決めた線引きの内の所得者は、

支払えるというわけなのだろうか。

 

それはもちろん、年所得から支払うのではなく、

預貯金から支払うことを想定しているとしても、

少々の蓄えなど、蒸発してしまうだろうとは、

考えられていないのだろうか。

 

これもまた自己責任で、5年でも10年でも

支払う想定に?

生活費の他に、

誰でも、最低2・3千万円は、持っている前提なのだろうか。

そしてそれを介護費用として、

全額支払うことも前提になっているのだろうか。

 

当事者になった時点で、

強盗、追いはぎに遭うのにも等しく、

自らの運の悪さを嘆くしかない仕組みが、

当然のように成立している。

 

そしてそれは、

全て、シリアスな出来事は自分だけには起こらないと

する国民性に依存している。

どこまでも無関心に済んでいる国民の大半がいる限り、

どんな悪法でも通る日本社会の原理とも共通している。

考えてもしょうがないことは考えない。

先のことは考えない。

他人のことも考えない。

自分がそうなった時は、その時はその時。
全てはそれでやって行く。

 

 

賦課方式であるから、長期に渡って、

労使折半で納め続けた高額の保険料も、

前世代を支えるために消えてしまったとされ、

残りはGPIFが運用し、

団塊世代の自己分は、現在の若年現役世代に、

養われている形となり、

負担を強いる形となるわけで、

双方が不満を持つ三方一両損のような制度。

 

その双方の世代間対立を煽り、
お得意の分断政策を遂行すれば、
政府としては怨みを政府に向けられることなく、
低福祉化を強化できる。

 

 

そもそも介護関係料金は、

不当に高いことが多い。

世間の関心が薄いことに乗じ、

政府と利用者のそれぞれの弱みに付け込んで、

良心を装った悪徳が幅を利かせている世界。

 

倒産しそうだと思ったら、

老人病院に衣替えしたという風に、

いつの間にか増えた医療療養型病院は、

老健や特養のような施設と違って、

私物持ち込み禁止のリース方式となるから、

選択の余地なく、

リネン、タオル、パジャマなども一括リースとなり

毎月10万円程も徴収する仕組み。

 

このような業界は、施設提供の土地持ちと、

出入りの業者の癒着は暗黙の了解事項となっていて、

過剰で理不尽な料金設定を知りつつ、

需要と供給の関係で、

国もそれを見過ごしている。

というより、官もそのトライアングルの

一部組織となっている。

(今は、文科省が指弾されているが、

それ以上に汚職の巣窟になっている省庁があるはず。

許認可権を持つ省庁と、竹中平蔵的な業者の癒着で成っている。)

 

政府が、財政の逼迫を理由に、

新規に施設を作ることを止め、

介護職員を育成、補充しない方針でいるためだ。

 

地元土地持ちに施設建設のためと称して、

補助金を多額に出して作らせては、

その儲けるに任せている。

施設長や事務長には、親族や市のOBを充てて、

問題の大方は、内部で完結する方式。

業者の選定もコネが多い。

 

適切な税利用のためには、

富裕者を太らせるだけのこのようなやり方よりも、

団塊の世代が、大量に介護難民となる数年後を見据えて、

急ぎ、国が自ら積極的に、

2025年問題の解決を図るべきなのだが、

そうはなっていない。

 

 

数年後、介護難民が溢れ、

その高負担の実情を知り、

巷に呻き声が満ちるまで、何の方策も打たず、

足りないところは、自助努力で補えと放置し、

家族という名の無料介護者、無料ヘルパー、

或いは地域のボランティアを利用する家庭回帰を促し、

有料でありプロである組織利用に関しては、

1割から2割へ2割から3割へと、

果ては、利用介護段階や年齢を制限し、

その介護利用負担率を上げて行くことにする。

 

 

この政府の偏ったケチな政策が、

中間所得層を貧困層に落とし、

社会の土台を液状化する原因ともなって行く。

 

苛酷な取り立てをすればするほど、

政府の懐は潤うのではなく、

疲弊し、弱体化する。

 

踏みつける土壌そのものが地割れし、

水が噴き出して来ることも気づかず、

国民の資産と命を守るとして、

役にも立たない防衛機器を無謀なほどに購入し、

社会保障費を削るようなやり方が、

安心な世界を生むことは無い。

 

政府は、

狡賢く、国民を分断し、

事の真相を見えないようにし、

所得税や住民税、介護保険税等の

算定基準を幾通りも用意して、

収入と所得、控除のやり方にも幾つもの方式を作り、

全てに、わざと仕組みを複雑にして、国民の諦めを誘い、

少しずつ馴れさせ、知らぬ間に法律を通過させ、

時が来れば、施行する。

 

国民は、その時々のサーカスに気を取られ、目を奪われて

反対の声もなく受け入れて行く。

(人々が、マフィアまがいのスポーツ界のドン騒動に

気を取られているうちに、

これ好都合と、幾つもの大事な

根幹的政策が通過して行く。)

 

 

なぜならば、最初はいつでも、

分断した国民の一方から

崩して行く方式だから。

もう一方の側は、自分には関係がないと思っている。

 

そして、また予定された次なる時が来れば、

もう一方の側を突き崩す。

当然ながら、

既に導入されていた側の人は、黙って見ている。

もう自分たちには適用されてしまっているのだから、

不平等が改正されたくらいに思う。

 

そしてまた次なる時が来れば、

全体に導入し普遍化する。

みんな、全員が3割になった頃、

政府は、また言い出すだろう。

老人が増え、財政が破たんする。

このままでは、国民皆保険制度と

介護保険制度の維持は困難。

使用制限と、負担率の引き上げはやむを得ない。

さらに一層の痛みを、と。

 

国家がお金の使い道を間違っているせいだが、
野党も個人も、それを本気で言及しない。

構造的に予算の使い道を変え、

防衛費から社会保障費へ、予算の重点を変えるべきなのに、

知らぬ顔の半兵衛を通している。

今、自分のことでなく、

将来はまだ来ないと思っているからだろう。

 

何と言っても、想像力が欠如したまま、

自分のことと思っていないためだが、

そうこうしているうちに、

人はみんな歳を取って、

ある日、昨日までとは違う自分に直面する。

昨日までのようにもう若くはない自分どころか、

自立さえ危うい自分に。

 

その時、役所への手続き一つ、

税額の計算一つ、出来なくなっているかもしれない。

遺言を託す公証人役場へすら行けなくなっているかもしれない。

 

それでも、まさか、国家の社会保障制度が、

こんなことになっているとはと、

今更ながらに驚くこともなく、

みな泰然・悠然と対処できる自信があるのだろうか。

尤も、何も解らなくなっているなら、

それならそれで、かえってよいのかもしれない。

 

外国へ流れ出るばかりが

難民ではないのではないだろうか。

国内で、次々と難民が増える。

今は他人事。

次は自分の番。

 

 

『自然死・平穏死』を書いた著者である医師によれば、

ピンピンコロリと綺麗に死ねるのは、

宝くじに当たるほどの低い確率だそうだ。

 

: 『時事』 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by 風間祥  :
Comment








やっと投稿が。
寂しいですよ、祥さんの投稿が無いと。

そうやって負担を増やしてお金を集めても、年金を株に変えて大損している。
株の損失を補填するための社会保険料負担なのかしら。

アメリカ映画を観ると、日本の皆保険制度はどんなに良いかと思うし。
ヨーロッパの話を読むと、日本人の老後とはあまりに違う、日本人であることにがっかりして。

年金額が指5本も必要ない人間は、最初から老人ホームなんて選択肢に入らない。

私は反対だったのに、誰だ、介護保険制度に賛成したのは。
結局金銭欲ばかりの世界ではないの。
あの時は、とりあえずやってみて、後から見直しますという話だったでしょ。
何で負担増ばかりに見直すのよ。
頭にくる!
posted by eblo : 2018/08/08 5:18 PM :
銀行が閉店したり営業日を減らしたりするほどの
黒田日銀の金融政策の失敗。
中央銀行の役割を放擲して、国債をじゃぶじゃぶ買い込み、
日本を借金で沈めようとしている。
或いは火焔太鼓のようにしている。
日本国債は、金利が上がったら、償還も出来ない。
借金の割合が多すぎて、いくら稼いでも、
今以上に、利払いに追われることになる。
健全性を失くした経済。

要りもしない無駄な防衛機器を何兆円も買い、
将来的な建設コスト無視、
維持管理費無視で負債を増やすリニアを作り、
無駄に無駄を重ねて借金を膨らます政策のツケを、
みんな社会保障費用が増大したためだとする。

お金は使い方次第。
くだらないものに無駄遣いして、
国民に塗炭の思いをさせるのが
戦前も戦後も、歴代政府の悪弊のよう。

特に安倍政権は、沖縄の美しい海まで犠牲にして
軍需第一路線を貫く。
悪魔の矢で、生命を射抜くにも似た行為。

海を返せ、国土を返せ、人間を返せと言いたい。
国を守ると言いながら、国民を犠牲にせず、
国民を守るために、基本的人権と、
生活を保障できる制度設計をしてほしい。
そのために税金を納めているはず。
役にも立たない武器を買うためじゃない。
posted by 祥 : 2018/08/08 8:03 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sho.jugem.cc/trackback/7636
<< NEW : TOP : OLD>>