<< 股関節周囲炎とやらは治ったようで 鳴沢村の安倍さん | main | ルーズベルトやトルーマンなんてヒトラーも同じだね 結局、勝敗は経済力の差だけであり。 >>

福生の基地の傍を通れば思う 鉄条網で囲まれた檻に入れられているのはこちら側だと

オスプレイが東京の空を

100回以上も飛び回り、

福生や拝島へ行けば、

怪獣が、その舌を伸ばすように、

駅近くまで伸びて来ている米軍基地があり、

離発着する軍用機が頭上を掠めるほど近く飛ぶ。

余りの近さにのけぞるほど。

 

住宅街と基地を仕切る鉄条網が、

えんえんと連なっていて、

進入禁止のような看板が張り付つけてあるが、

あの鉄条網が続く傍を通ると、思ってしまう。

 

この宏大な基地。

目の高さで視える離着陸機。

厖大な経費を負担して招聘する災厄。

 

 

広島や長崎が原子爆弾の標的となったのも、

そこが戦艦大和のような巨艦時代の造船所であり、

軍港であり、

基地であったから。

 

数十カ所の原発を背負い、

米軍基地を抱える日本。

 

世界でも一番、危険な列島。

太平洋に浮かぶ時限爆弾。

 

天災にも人災にも、抵抗力がなく、

なすがまま、意のままにしかなれない脆弱な列島。

 

大陸にとっては、

海上からの脅威をそこで堰き止める太平洋の防波堤。

 

極東の島国に嵐のように人為的災厄が

また襲っても不思議はない。

 

 

その中枢にいる人たちは、

自身のためだけの政争に明け暮れ、

蓄積された富の争奪に血眼になるばかりで、

剥き出しにされた脅威にも、
経済の地殻変動にも、

世界の再編成にも無関心で、

国民の自由を拘束する法案を通すことにのみ熱心で、

国民の生活など、豪も眼中にない。

 

 

そして、

その自由を奪うということがどんなことかも

考えてさえいない。

 

それは、この国に限らないが、

生きる力を奪うこと。

国で言えば、

国が生き延びる力を奪うこと。

 

 

政府のため、

「お国のため」と、

自由を奪えば奪うほど、

その国の勢いは衰える。

 

国民は疲弊し、

国力もまた結果的に奪われる。

魚は、自由に大海を泳いでこそ魚。

 

生け簀にとらわれ、

囲まれて餌を投げ入れても、

生き生きと泳げるはずがない。

縛り網に捕らわれたような国家になり、

国民になって、生き延びられるはずがない。

風間祥  * 『時事』 * 08:39 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ